プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
Powered by Six Apart

« ■ご褒美時間 | メイン | ■たった10文字以内の事 »

2021年10月13日 (水)

■侘び寂的な生き方を

朝はサァーッと裏山へrun…健康・体力づくりに。

風にそよぐ葉っぱ達のバックミュージックにのせて、
コゲラたちが木琴をたたき、
メジロご一行が歌をうたう。

33fabc80221548cdbf93f505160ceeef

F2db27882b0e401899529a84cf69be39

静寂な山にほんの数秒広がる音。

一期一会のオーケストラと合唱団がつくりだす、贅沢なコンサートホールに立たせていただいた様でとてもHappyな朝でしたheart04

先週よりグンと涼しく感じ、勢い良い青い葉っぱは少し大人っぽい色に落ち着き、もうすぐ秋色。
季節が移り変わっていく様子は、まるで侘び寂の世界。
本当に美しいなと感じます。

わびは、わびしいこと。思いわずらうこと、悲しみなげくこと。劣った状態。
おちついて、静かで質素なおもむき。閑寂。

さびとは、古さや静けさ、枯れたものから趣が感じられること。

日本では昔から、閑寂のなかに、奥深いものや豊かなものを感じたり、
静かに枯れていく様子や、貧困と孤独のなかに心の充足や美しさを見出す〝侘び寂の世界〟を大切にしてきました。

これは、人の生き方にも置き換えられるのでしょうか。

しかし、侘び寂の意味を理解するたび、いかに自分は侘び寂に抵抗して生きてきたのだろうか、いやまだ生きているのだろうか…と感じます。

筋肉はいつまでも重力に逆らっていたいけれど、
老いに関しては、木々が静かに枯れていくように、侘び寂的な生き方をしていきたいな…と、山に包まれながら感じました。



私の大好きな杉浦日向子さんの言葉。

形あるものは、すべからく歳月を刻む器であり、万物は、それを免れ得ない。肉体もまた。
「アンチ・エイジング」。
いつまでも美しくは、ロウ細工の食品サンプルと悟るべし。
つまり、おいしそうなだけのイミテーションだ。
若さ、それは桜の花や、花火と同様、散ってこそ価値がある。
桜が一年中咲きっぱなしなら、ビニールの造花と同じだし、花火が夜空に張り付いたままなら、繁華街のネオンと同じだ。

「若い」は「苦しい」杉浦日向子

心の若さはいつまでも必要だけれど、実年齢を否定するように抵抗した生き方は、きっと苦しいのでしょう。

今朝の野山に、侘び寂を感じながら、
これからどう枯れていこうか…なんて考えてみた朝。

とりあえず、静かに生きよう。