プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
Powered by Six Apart

« ■昔から | メイン | ■しんちゃん先生 »

2021年11月21日 (日)

■思うこと

8月末のことになります。

今まで通りお出かけ出来なくなり、着物を着る機会もグンと減ったという事。
きびしい状況が続く職人さんを応援するという企画が呉服屋さんでありました。

その時、シンプルな縞の反物に目が止まりまして、
「じゃ!応援しましょうか」と、山形で織り上げられた紅花で染めた「紅彩華」と呼ばれる紬をいただきました。

ようやく、出来上がってきましたので本日いただきに行ってまいりました。

9c095c729cce499f98d6f267a04ca797

昔から「一枚の着物に帯3本」という言葉があります。

1枚着物をいただくと着物に合う帯まで欲しくなってしまうものなのですが、着物が何枚誂えるのだろう?というくらい、帯のお値段の高いこと。
「着物1枚に帯は着物の3倍」という言葉の方が正しいんじゃないかなと思います。

そんなことで、帯まではとても手が出ず買えませんでした。

0a8433957d76440a8ee57b4c17ede569

A4af9c17bf7e45f98199e0946a4bec75

計算機を弾き出し、軽自動車1台買えるお値段から中古自動車が買えるお値段へと変わっていきましたが、お店を介して一体いくらの利益が職人さんのもとへ行くのだろうか…と考えてしまいました。

ネットが普及する時代。
呉服屋さんには申し訳ない考え方かも知れませんが、ネットを使い自分でうまく売れるようになったら〝きびしい状況が続く職人さん〟も絶滅せずに済むのかな…なんて、自分の立場にも置き換えてみながら…誂えていただいた着物だけを受け取って帰りました。

でも、久しぶりに大きな買い物をして、今まで出なかったものがドッサリ出た感じで、めっちゃ気持ちが良かったです。
またがんばって働きます。