プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
Powered by Six Apart

★人は水である【日々の水分補給の重要性】

Img_2841フィットネスインストラクターの坂田純子ですpaper

*********

皆さんは、1日にどれくらいの水分を摂取していますか?

わたしたちの身体の水分量をご存知ですか?

********************

■身体の水分量って?

わたしたちの身体の55~60%は水分です。

赤ちゃんの水分量は90%、成人になると55~60%。

ここから、歳を重ねる毎に水分量は減ってくるコトがわかります。

老いと共に、やがてシワが増え、身体が小さくなってしまうのは、体内の水分量が減ってくるからだ・・・とも言われているのです。

水分は、身体の化学反応や生体作用、動きにとても必要な存在。

たとえば、水は血液中に酸素を含ませ、細胞1つ1つに行き渡らせるのも水分。また、リンパ系気管内では老廃物を排出し、身体の外に出してくれています。

細胞の中で電解質を生産し、身体を動かしてくれます。

イロイロ難しいコトを書きましたが、

簡単な文章で水分を表現すると

「水のおかげで筋肉や関節が動き、食べものを消化できるのです」

水分は、わたしたちが生きていく過程で、必要不可欠な存在。

日々、水分補給に心がけましょう!

********************

■1日どれくらい水分を摂取するのか?

さて、みなさんは1日にどれくらいの水分を摂取していますか?

人にもよりますが、人間はたいがい1日2.5~3リットルの水を消費すると言われています。

また、身体を動かしている人や乾燥する地域に住んでいる場合、さらに1リットルの水が失われると言われます。

(激しい運動をして「喉が渇いている」と自覚して水分補給をする場合、適正なレベルの水分量に戻るまで24時間くらいかかります。運動している人は、喉が渇く前に、そして運動後にも水分を摂取する必要があります。)

他にも・・・えええ?って思われるかも知れませんが、息をするだけで水分は失われているんですよ。

今、パソコンの画面でこの記事を読んでくださっている瞬間にも、わずかな発汗が続いていて、ストレスや身体を使う仕事をすれば、大量の汗が排出されます。エアコンや暖房の部屋に居ても水分は奪われます。

そうなんです!自分の置かれている環境によって、水分の摂取量を調節する必要があります。

このデーターを基にするなら、1日2.5~3、または4リットルくらいの摂取が必要と言うコトになりますね。

健やかに気持ちよく日々を過ごすために、水分を摂取しましょう!

今日、あなたはどれくらい水分を摂取しましたか?

***********************

    フィットネスインストラクター

    坂田 純子(さかた じゅんこ)