プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■ご訪問ありがとうございます。大阪を中心に活動する運動指導者です。国民のみなさまに「手軽に出来る運動」を提供しています。 ■専門は、ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ■【できること】 ①運動指導 ②出張健康教室・セミナー ③運動指導による学生・学校支援 ④運動指導者派遣 ⑤エクササイズ監修・健康についてのコンテンツ提供・運動や健康のコンサル・プログラム提案・モデル ⑥健康関連執筆 ⑦誰でも楽しめるリズミックウォーキング発案

検索BOX

FBやってます!

Twitter

  • Twitter

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE

ウェブページ

Powered by Six Apart

★人は水である【日々の水分補給の重要性】

Img_2841フィットネスインストラクターの坂田純子ですpaper

*********

皆さんは、1日にどれくらいの水分を摂取していますか?

わたしたちの身体の水分量をご存知ですか?

********************

■身体の水分量って?

わたしたちの身体の55~60%は水分です。

赤ちゃんの水分量は90%、成人になると55~60%。

ここから、歳を重ねる毎に水分量は減ってくるコトがわかります。

老いと共に、やがてシワが増え、身体が小さくなってしまうのは、体内の水分量が減ってくるからだ・・・とも言われているのです。

水分は、身体の化学反応や生体作用、動きにとても必要な存在。

たとえば、水は血液中に酸素を含ませ、細胞1つ1つに行き渡らせるのも水分。また、リンパ系気管内では老廃物を排出し、身体の外に出してくれています。

細胞の中で電解質を生産し、身体を動かしてくれます。

イロイロ難しいコトを書きましたが、

簡単な文章で水分を表現すると

「水のおかげで筋肉や関節が動き、食べものを消化できるのです」

水分は、わたしたちが生きていく過程で、必要不可欠な存在。

日々、水分補給に心がけましょう!

********************

■1日どれくらい水分を摂取するのか?

さて、みなさんは1日にどれくらいの水分を摂取していますか?

人にもよりますが、人間はたいがい1日2.5~3リットルの水を消費すると言われています。

また、身体を動かしている人や乾燥する地域に住んでいる場合、さらに1リットルの水が失われると言われます。

(激しい運動をして「喉が渇いている」と自覚して水分補給をする場合、適正なレベルの水分量に戻るまで24時間くらいかかります。運動している人は、喉が渇く前に、そして運動後にも水分を摂取する必要があります。)

他にも・・・えええ?って思われるかも知れませんが、息をするだけで水分は失われているんですよ。

今、パソコンの画面でこの記事を読んでくださっている瞬間にも、わずかな発汗が続いていて、ストレスや身体を使う仕事をすれば、大量の汗が排出されます。エアコンや暖房の部屋に居ても水分は奪われます。

そうなんです!自分の置かれている環境によって、水分の摂取量を調節する必要があります。

このデーターを基にするなら、1日2.5~3、または4リットルくらいの摂取が必要と言うコトになりますね。

健やかに気持ちよく日々を過ごすために、水分を摂取しましょう!

今日、あなたはどれくらい水分を摂取しましたか?

***********************

    フィットネスインストラクター

    坂田 純子(さかた じゅんこ)