プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

FBやってます!

Twitter

  • Twitter

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

■女性限定ランニング教室 Feed

2016年4月 6日 (水)

■江坂・女性限定ランニングレッスン「ビューティーラン」

大阪ではたらく運動指導者の坂田純子です。

桜のピンクの合間から、次は僕だと言わんばかりに新緑がキラキラ顔を出しています。

20160406125135_deco

今日は、飲んだり食べたりしながらの、ゆっくりラン。
ウルトラマラソンは走り続ける時間も長く、しっかり食事しながら走るので、
大会前から胃腸を強くしておくのもトレーニングの1つなのです。

20160406125221_deco
21.2㎞走って

夜はスタジオナイトランなので、早めに切り上げ。

桜も今日までかな。
桜ちゃん、また来年。

20160406225959_deco_2

夜は、江坂・スタジオBodyLuxのビューティーラン。
これから走りたい!仲間と走りたい!という女子限定のランニングレッスンです。

1週目なのでフォームや準備運動&整理運動の基本から。
みなさんと6㎞走りました。


休会のお客様が復活されたり(嬉しい)
新規のお客様の参加があったり(嬉しい)、入会があったりでバタバタしたけど、

いつもおこしになるお客様のフォローパスでだいぶん助かりました。
いつもありがとうございます。

ビューティーランレッスン、しっかり力を入れて、
みんなの目標を達成できるよう、わたしもガンバろう。

今日もご参加ありがとうございました。

日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年12月 8日 (火)

■NAHAマラソン2015・ツアー2日目 日本一楽しいマラソン大会に出場しました。

関西BodyLuxランニングクラブの坂田純子です。

12月6日(日)。
NAHAマラソンは日本一楽しいマラソン大会で有名。
そんな楽しい大会の様子や、クラブツアーの様子のレポートです。

昨日から、BLOGのアクセス数がものすごい・・・。
さすがNAHAマラソンやね。


■大会の朝~スタート

朝4時に起床し、ホテルの朝食は少ないだろうな~と前もって準備していたスライスお餅とインスタントみそ汁・おにぎりをたべ、食堂に向かったら
なんと!朝食はお米だし、沖縄料理の副菜が豊富。
さっき食べたことを忘れ、しっかり朝食をいただきました。
もうお腹いっぱいで…これは走れるかな。


大会当日の天気予報は、気温25度の午後から雨予報。
・・・という事で、仮装予定だった「たこやき」は雨で頭が重くなりそうなので断念。
前つばのついた雨除けになるキャップをかぶることにしました。

Naha

整列は8時20分まで。10分前には封鎖される通路もあり、7時30分にスカイツアーズさんの手荷物預けテントへ向かう。

すごい~。
応援ポールを忘れてスカイツアーズさんの沖縄本社で借りたポールに
「しんどいのはきのせいや~」ののぼり。

しかも、スカイツアーズさんのテントにそびえ立つ~。ヒラヒラ~
とうとう「しんどいのはきのせいや」の沖縄デビュー。感動ですね。
(写真の奥にのぼりがあがっているの、解るかな~?)

M_2

今回の応援は、天井さんとお忙しいお仕事の中、応援のために駆け付けてくださったAさんです。
自分が走らないのにこんな遠くまで貴重な時間を使って応援に来てくれる。
こんなに有り難いことはありません。
知らない土地での仲間の応援は本当に励みになります。
ありがとうございます!そしてよろしくお願いします。


7時50分ごろに整列ブロックへ。整列ブロックは奥武山公園ですが、スタート地点となる明治橋までの移動が遠い、遠い。
走る前から徒歩移動・・・。
その距離も42.195㎞の中に含んでほしい。

今年は30000人の定員で、二次抽選も無くすぐにいっぱいになったのですが、出場したのが26,679人だったそう。(あとの約3300人はどうなったのかな・・・笑)

M_5

Aブロックは約600人、Bは約1000人、Cは1400人、Dは2000人、Eは2500人、Fは3000人、Gは5500人、Hは5000人、Jは残りの定員まで。
F,G,Hの層がぶ厚すぎる・・・。
スタート地点まで何分かかるのかな。
(来年出場する方は、是非うちのランニングクラブで陸連登録してください。Bブロックくらいからスタートできます。)

一緒にゴールしよう!と約束したとみさんはGブロック。
私はBブロック。

「ゆっくり行くから追いついて・・・」と其々の整列ブロックに付きました。
F,G,Hの層がぶ厚すぎるので追いつけるかな。(汗)

万国津梁之鐘の前ではゲストスターターの「スリムクラブ」さんが挨拶していましたが、
マイクが入らず、何を言っているのかわからない・・・(笑)
もともと、何を言っているのかわからない声の眞栄田さんなのですが、わたしも1週間前から体調が悪く、声が出ない同じような声だったので
同じブロックに並ぶNさんに「自分とおんなじ声やんけ」と突っ込まれる。

マイクが入らないのは、それはそれでジョガーさんたちにウケて面白かったです。

M_6

前に並ぶピカチュウ軍団が可愛い。
(ピカチュウ軍団は国際通り辺りまで一緒だったのですが、メッチャ人気者。子供たちに「ピカチュウがんばれ~」と応援のシャワーを受けていました。
Nさんも「うちのクラブもあれやりたいな・・・」と。うん、やりたい!!笑)

M_8

手荷物預けの時は小雨がぱらついていたけれど、さすが「太陽と海とジョガーの祭典」だけあって
スタートは青空~。
太陽も味方してくれている。

もうすぐ9:00。

いよいよカウントダウン!5.4、3、2、1、スタート!!

これから平和記念公園に向かいぐるっと那覇市に戻ってきます。42.195㎞の長い旅の始まりです。

■1~3㎞ 国際通り

M_9

スタートしたところにすぐ天井さんとAさん。
「いってらっしゃいのお見送り」ありがとう。

M_10

こちらは、Nさんの奥さんが国際通りに入る手前で待ち構えて写真を撮ってくださいました。
オールスポーツが入らないので、走っている写真はとっても貴重です。
ありがとうございます。

M_11

国際通りは1.6㎞続く繁華街。お店の方たちも店頭に出て応援です。
まだ、スタートしてから2㎞も経ってないと思うのだけど・・・
えっ?もうエイド???
お店の方が食べ物を配っています。(笑)これ非公式エイドですね。

もう、どれが公式エイドで、どれが非公式エイドなのか区別がつかないくらい。
ここからずーっとエイドの花道が続きます。
ちょっと笑える。

■7㎞ YMCAポイント

M_12

沿道の応援が途切れない!
大阪マラソンの応援もスゴイな~と思ったけど、それ以上を上回ります。
ドリンクやフードのサービスを一般の家庭の人から自治会、商店や企業、少年団等・・・たぶんほとんどが非公式の応援やエイドなんだけれど、途切れることなく…ずっと続くんです。

ワンちゃんも、よちよち歩きのベビーちゃんも100歳クラスのお年寄りまで、手のひらにみかんをのせたり、チューペットを差し出したりして応援してくれる。

そのみかんやチューペットをいただくと本当に嬉しそうに「がんばれー」と言ってくれる。
ほんま、感動です。

途中まで一緒に走っていたEさんが、両手に抱えきれないくらいのケーキを非公式エイドでもらってきたので(笑)、立ち止まってケーキタイム。
朝からお腹いっぱいの私は、ここまでにチューペットや栄養ドリンク、みかんをいただいていて・・・もう食べれないけど、ケーキを食べた。
どうなるだろう。。。

Mymcaymca

さて、いよいよYMCAポイントです。
ゆるやかな下り坂でほとんどのランナーが一緒に踊る姿は、面白い。

YMCAがエンドレスで流れ、一緒にYMCAを踊るのです。
私達も無駄な体力を使って一緒にダンシング。そして立ち止まって記念撮影。

昔はラジカセでやっていたようですが、今では名物ポイントになっている様で、ステージが出来ていました。

さて、ここから3㎞続く40m上る坂を走ります。

Naha_2


■15㎞ さとうきび畑とアトムポイント


酪農の匂いが漂い、「妊娠中の牛がいます。応援や大きな音はご遠慮願います。」の看板。
今までの応援が途切れ、静かになりました。
7㎞から15㎞地点まで坂をのぼったと思ったらくだって、またのぼって・・・の繰り返し。
全体的にのぼりです。


応援も静かになったけれど、コースのしんどさに一緒に走っていた3人も次第に無口に。
ここを飛ばしすぎると一気に足に来るので、ゆっくりゆっくり走りました。

具志頭交差点にさしかかると、毎年鉄腕アトムを1曲歌い続けるバンドがいる。

Naha_3

Naha_4

毎年腕を上げていくんだとか・・・(笑)

M_13
(バンドと記念撮影)
曲がなぜに「鉄腕アトム」なのか解りませんが、なんだか元気が出ます。ありがとー。


■海

M_14

20㎞地点にさしかかると海が一望できます。
(写真も奥に海が見えますね。)
ちなみに地味にエグいほど続くのぼり坂。縦も横も斜面で足首が痛くなります。

次第に風も強くなって来るけれど、やっぱり沿道の応援が途切れない。
自分の家の前に椅子を出して応援してくれるお年寄りや子供たちが続きます。
親子連れでクーラーボックスにアクエリアスを入れて差し出してくれるのも嬉しかったです。(このあたりにオリオンビールと泡盛コーナーもありました。→あかんやろ・・・ え!でも飲んでるジョガーがいる。笑)

子供たちのエイサーの応援や、
しんどくなったら知らないジョガーの方に「がんばりましょう」と励まされたり。
知らない土地に来て、こんなに知らない方としゃべった大会は無いな。

本当に心があたたかくなる大会です。

Naha_5

雨予報にも負けずに、仮装ジョガーが多い。
写真はオラフ。

海風がメッチャ強く。
おそらく身丈2m位有りそうで、走っている本人海風にあおられながらの坂道・・・かなり苦しそうでしたが、
他のジョガーと記念撮影をお願いされながら走り続けていました。
オラフを見て、雨でも仮装しよう~・・・と思った。


■21.4㎞ 平和記念公園

中間地点です。関門は12時15分。リタイヤバスも待つ場です。
公式エイドが並んでましたが、すでにお腹いっぱいなので、スルー。
シャワーもあって、雨が降りそうなのに湿度で気持ち悪かったのでシャワーを浴びて走りました。
このあたりで、一緒に走っていた2人とお別れです。

■25Km ひめゆりの塔

沖縄の旅行では必ず行く「ひめゆりの塔」。防空壕に手を合わせに行きます。
そして、なぜかいつもここは写真に撮らないというか、(自分的に)撮れないスポット。旅行に行ってもこの場の写真だけが無いのです。

とみさんを待ちながらもあるし、はじめから立ち寄ろうと決めてました。

私と同じことを考えているジョガーもいっぱい。
ほとんど男性の方でしたが、防空壕の前に次々入って手を合わせています。
その姿が本当に美しかったです。
わたしもつられる様に手を合わせてきました。

ここから平坦が続きましたが、これまでのアップダウンや立ち止まりでかなり足に来ています。
30Km地点でズーンと重くなりました。

重くなって気が付いたけど。。。ここまでエイドが充実しすぎていて、自分が準備していたエナジーフードを一切開けていない。
・・・という事で、ここにきてようやく「ベスパ」投入しました。

身体が軽くなっても、スピードはセーブ。

■糸満ロータリーでお腹いっぱい

非公式エイドで、おもむろにお盆に乗せた塩をいただいて塩分補給をしたり、レモンのスライス(ぜんぜん酸っぱくなかった。身体が要求していた。)や梨をいただきながら、ひたすらゆっくり走る。

このあたりだったかな?
ヤクルトも飲んだ。

M_15

そしていよいよ名物スポット。吉牛のエイド。
正直足が重たくて歩きたかったので、止まると言う理由で吉牛をいただく。

紙コップに吉牛を入れて配られていました。
30Kmすぎで吉牛は胃に来るなぁ~と思いながら、NAHAマラソンを満喫したくてよくばり根性を出しました。

食べてからボチボチ走り出したら、なんと

とみさんがきた――――――。

M6

うそやん。

うそやん。

とみさんや。

35㎞地点の奇跡です。2万6千人の沢山すぎるジョガーの中、見つけられないと思ったし、Gブロックから追いつくなんて。

やっぱり人間は気力で走るんやなと思いました。
ここまで、身体も重く・・・寄り道を繰り返しながら1㎞あたり7分~8分で走ってたのに、とみさんを見た瞬間めっちゃ身体が軽くなった~。
どんなに高価なベスパより効き目がある。

「やっといた~」ととみさん。

約束を守って追いついてくれたんだそう。

しかし、すごいな。ここには書かないけれど年齢を考えたら想像が出来ないくらいです。
いったい何千人を追い抜いてきたんだろうか!!!
同じブロックから走っていたら、絶対置いて行かれたと思う(笑)

■39㎞地点~ゴールまで。

36㎞地点では、ランニングクラブの応援団が待ち構えてくれていました。
私達が通過した時は雨もぱらついてきて、しんどい時だったので、これもパワーでました。

M5km

レインコートを着たAさんと天井さんが「がんばれ~」と応援してくれました。

M5km_2

とみさんと、あと5Km・・・と励まし合って、1㎞あたり6分~6分半ペース(少しスピードを上げて)走る。

とみさんも一緒に走る人が居ると元気出る。。。とメッチャスピードが!(すごい)

41㎞地点から一気にくだり。

「あと3km。長居公園1周くらい」と励まし合って走る!!!

競技場が見えてきて、関門を待ち構えている高校球児が雨の中「あと少し~」「ラスト~」と言いながら応援してくれる。
高校球児とハイタッチしながらゴールに向かいました。

競技場のグランド近くではNさんの奥さんが、

「坂田さ~ん、Kさぁ~ん」と手を振って待っててくれました。メッチャ感動!よし、がんばる。

グランドに入ったら、とみさんと手をつないで1周。

そして念願のフィニッシュ!ハグハグ。heart01

とみさんとの手つなぎゴールは一生の思い出になりました。(オールスポーツが無くて残念だけど、とみさんの手のぬくもりや感覚が心のアルバムにずっとある。)

Photo

しかし~・・・とみさん、神です。

M_17

Photo_2

(完走メダルは琉球ガラス)

私ととみさんのグロスは4時間45分。

私のネットタイムは4時間44分。


とみさんは言うまでもない。だいぶん後ろのブロックからのスタートで私と一緒にゴール。
ネットタイムは4時間37分。
はっやーーー。
年代別優勝ちゃうかな。
とみさんも、大阪~神戸~那覇とフルマラソン3連戦、お疲れ様でした。

そして、ランニングクラブの参加者も無事に完走。
お疲れ様でした。

あのアップダウンオンパレードで高温多湿に大雨。そんな中、初フルマラソンを完走したメンバーもいて、本当に感動しました。

自分が与えられた身体の持つ機能を最大に使うって素晴らしい。
チャレンジし続けるって素晴らしい。
とってもしんどいコース(私が経験するフルマラソンのコースの中で一番残酷)だけど、また来年もエントリーしてしまいそうです。

今年は26,679人が出場し、完走したのが18,326人。完走率は68.69%だったそう。
決して完走が簡単ではない厳しいレースでした。
みなさん、お疲れ様でした。

ランニングクラブのツアーに乗っかったメンバーもありがとうheart01
お世話になったスカイツアーズのみなさま、何から何までありがとうheart01

Naha_6

(スカイツアーズのテントでは、オリオンビールとポカリスエットをいただきました。)

沖縄、ありがとうheart01

Naha_7

また来年行きましょう!

ぐすーよ!カリーさびら!!(みなさん、一緒に乾杯しましょう)
エイッ。

※簡単すぎますが、旅ランレポです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

M_16

日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年12月 7日 (月)

■NAHAマラソン2015ツアー 1日目レポ。ゼッケン交換へ行ってまいりました。

関西BodyLuxランニングクラブの坂田純子です。

12月5日(土)。
今年の夏からコツコツ企画していた、関西BodyLuxランニングクラブNAHAマラソンツアー
いよいよスタートです。
NAHAマラソンは日本一楽しいマラソン大会で有名。
楽しい大会の様子や、クラブツアーの様子をボチボチレポートしていきます。pencil

今回参加されなかった方や、走れなかった方、
是非来年はツアー参加や大会出場にチャレンジしてみてくださいね。


■大阪→那覇

M_8

早朝伊丹空港にツアー参加者が集合し、那覇までひとっとび。
なんと、ANA新型のボーイング787型での移動です。
ボタン一つで窓がスモークになったり、スクリーンが出てきたり・・・。新しいピカピカの飛行機でした。shine
旅のスタートがピカピカだなんて、なんだかわくわくしますね。heart04

那覇は25度でお天気!12月なのに暑いですね。本島の寒さが嘘みたいです。sun

空港では、ランニングクラブ会員でもあり、今回お世話になるスカイツアーズのIさんが笑顔でお出迎え。
そして、大阪の所長Kさんが宿泊するホテルまで私達の手荷物を運んでくださるという熱烈歓迎!
企画の相談やツアー組み立てまで本当にお世話になりました。
これからもお世話になります。


■県立武道館にてゼッケン交換

ゆいれーるにて那覇空港から奥武山公園までみんなで移動し、NAHAマラソンに出場するジョガーたちはゼッケン交換です。

なぜか???NAHAマラソンは、出場者をランナーと呼ばずジョガーと言うのです。
ランナーとジョガーの違いは走るスピードだとも言う事もありますが、決まった定義等はありません。
ランナーというとシュッとした感じですが、ジョガーって言葉を聞くと海岸沿いをぽっちゃりしたオバチャンが走っている海外ドラマでよく見る感じで
なんだか親しみやすい気がするな。(笑)


ここが県立武道館アリーナ。
ゼッケン交換の場です。

M_2

外では、小さなEXPO・・・いや、野外物販ブースが何個か出展していて賑わってました。
クラブのみんなは、今年から協賛のアンダーアーマーブースで可愛いシーサーTシャツをお揃いで購入!

T

「全力を出せば必ず結果が出る」と大きく書かれ、文字がシーサーの身体になっています。
オシャレ!

ブース前で恥ずかしげもなく(笑)着替え出し、みんなシーサーTシャツ姿。

M_3

那覇市のゆるキャラ?
なはっぴーと記念撮影は必須ですね。

M_5

アリーナでは、ボランティアの高校生たちが、ジョガーの受付を一生懸命してくださっていました。

「明日頑張ってください」と笑顔でゼッケンを渡してくれ、
なんだか若いエネルギーが注入された様で・・・がんばれそう。

M_4


公式Tシャツは毎年紺だそうで・・・。
かわゆいTシャツでした。

Mt


■沖縄を食べつくせ!


ゼッケンを受け取った後は、手荷物ブースやスタート位置を確認。

M_6

ちなみに、この大会・・・手荷物預けサービスはありません。
みんな前もって陣取って野外に放置です。
クラブツアー参加者は、スカイツアーズさんのテントに手荷物を預けられ安心heart01

整列ブロックからスタート位置までの移動も遠い遠い・・・。
そんな距離感も確認でき良かったです。

昼食のため、国際通りへと徒歩で移動しましたが、
大会は奥武山公園から国際通りへと走って向かうので、明日のコース確認にもなりました。

ランチは沖縄の豚と牛の肉三昧。

通常、大会前日はいつも食べ無い様なものは食べない(消化が悪かったりするので)と言いますが、旅ランをすればいつも食べ無い様なご当地ものばかり(笑)
それが、いいんですよね・・・good

私的な意見ですが、
旅ランしてまで記録を狙いたくないと言うか・・・旅先を満喫したい!そう思います。(そういえば、大会で遭遇したジョガーさんが「ここまで来て記録狙いたくないわ!そんなシンドイのいやや」って言っていました。同感です。)

M1

みんなで焼肉。よくばり定食というのをオーダーしました。

■自由行動

国際通りで解散し、通りをブラブラしたり、DFSへ行ったり、
ランチで物足りない人は、ソーキソバでカーボローディングしたり・・・自由行動です。

私は・・・というと、
当日バタバタ家を出て、応援のぼりのポールを忘れてきてしまい、
スカイツアーズさんにお願いし、ポールを借りることに。(何から何まですみません。)
その手配で自由行動無しです。身から出た錆(笑)

■夜はちゅらさん亭

M_7

食べてばかりですが・・・夜はスカイツアーズさんのオススメ「ちゅらさん亭」で沖縄料理。
なぜか???明日出走するジョガーたち、ビールで肝臓トレーニング?。

アルコールは利尿作用が強く身体の水分が多く排出されます。
気温も湿度も高い沖縄。
明日が心配ですが・・・。
みなさん大人ですので、ビールの事も良く理解した上で飲まれています。
きっと、飲んだ以上に水分補給されることでしょう。(笑)
沖縄の旅ですから良しとしましょう。

ちなみに、写真のAさんは飲めない方です(笑)

住んでいる場所から抜け出して、違う土地で1人でマラソン大会に出場するって結構緊張しますが
仲間となら、ワイワイ出来る!なんだか安心。
それも旅ランの醍醐味です。

夜はホテルで天井さんがパーソナルストレッチをしたり、明日朝のテーピングの予約をとっていました。
これもランニングクラブのツアーならでは・・・。

明日は、みなさん!楽しみましょう。


日々感謝★
運動指導者 坂田純子

■関西BodyLuxランニングクラブ・NAHAマラソン2015ツアー無事終了しました!

関西BodyLuxランニングクラブの坂田純子です。

M

ハイタイpaper(→沖縄の挨拶、やぁ!元気?、どうも~等の挨拶言葉の女版)

12月5日~6日でランニングクラブが企画した「NAHAマラソンツアー」へ行ってまいりました。

今回ツアーに参加し、大会にチャレンジしたジョガーの皆さんは無事完走してます。

今回私はファンランだったので、ゆっくり走、なので筋肉痛もなく・・・
今日から元気いっぱいに動いています。up

参加してくださったとみさんが、ツアーの冒頭に
「何から何まで準備してくださって本当にありがとう」と言ってくださいました。
すごくうれしかったです。

正直、仕事をしながらランニングクラブのイベント企画は簡単なもでのはありませんでしたが、

参加者の声や、楽しそうにしている顔を見ると
大変なことは全部忘れます。

まだ、ツアーの後処理や報告書が残っているし、
終わったと言え、来年のNAHAマラソンツアーの企画が始まりましたので、
まだまだ落ち着けるとは言えませんが(すっかり終わっているけど、まだツアー中な感じです。)
ボチボチ感動の大会や楽しかったツアーの様子をUPしたいと思います。

いつも更新はまだか?まだか?と何回もBLOGアクセスし、更新を楽しみにしてくださっている皆様、しばらくお待ちくださいね~。

今回、旅ランの乗っかってくださった参加者や、出場しないのに沖縄まで応援に来てくれたクラブメンバー。

ツアー組立でお世話になったスカイツアーズさんに心から感謝します。
来年はさらに中身を充実させていきます。


日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年11月 7日 (土)

■マンツーマンストレッチで積極的休養

1からはじめるフィットネス、はじめてのフィットネスはボディラックスから

スタジオBodyLuxの坂田純子です。

大阪マラソンから、ハムストリング(腿の裏)の張りが取れず、歩行も重々しかったけど、
スタジオで、天井トレーナにマンツーマンストレッチしていただきました。
あとは、ポールでの筋膜リリースでスッキリ回復clover

Photo_4

筋膜とは、骨格筋や臓器、骨などを包んでいる膜の事。
筋膜リリースとは、固まりやすい性質を持つ筋膜に圧をかけることで伸ばしていくこと、柔軟性がアップしたり血液の流れが良くなったりします。

トレーニングをやらない日に、軽めのジョグをしたり、ストレッチをしたりして身体を動かすことで疲労を抜くことを「積極的休養(アクティブレスト)」と言います。
対して、完全に休むことを「完全休養」と言います。
(怪我で身体に痛みがある時は、完全休息です。)

今日は積極的休養。
走ってないと、走力が落ちるんじゃないか?と心配する方もいますが、
休養は立派なトレーニング、身体の回復です。

2週間前にフルマラソンを走っているので、既にフルマラソンを走る力はある。
あとは、いかに疲労を抜くか・・・が鍵keyですね。

さて、朗報ですflair

■ランニングクラブで、那覇マラソン2016ツアーにご参加の皆様

このマンツーマンストレッチ、那覇マラソンツアーに同行する天井さんが、前日に希望があればやってくれるそう(ツアー代金の中に含まれます。マンツーマンストレッチはサービスです)shine

■スタジオBodyLuxのお客様

マンツーマンストレッチは、スタジオBodyLuxのメニューです。
エクササイズレッスンが入っていない時間帯に受講できます。(有料です。価格はフロントへお問い合わせください。)
本日も、明日マラソン大会に出場するお客様のマンツーマンストレッチを行いました。
ここぞ、というときや、
コリやハリが取れない。疲れが取れない。
そんな時是非ご利用ください。担当は天井(あまい)です。

日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年10月 4日 (日)

■関西BodyLuxランニングクラブ長居チャレンジ30km走

30

関西BodyLuxランニングクラブの坂田です。

ランニングクラブも2年がたち、みなさん、仲間と走ることが大好きになりました。

今回は、仲間と走ることが大好きな皆さんに、
マラソン大会シーズンに向け、30km走で脚づくり&自信をつけていただく、
そんなイベントを提案。

Uchiage

本番と同じ時間でスタート、
気温や時間帯を体で感じれるようなシチュエーションを作り、
エイドを設け、給水や給食ポイントを作り
万が一のことを考えAEDも準備して・・・
もう今日が大会でも良いのではないか?という感じで進めてみました。

去年の大阪マラソンと同じ気温。(去年は暑かったです。)

そんな厳しい条件の中、
みなさん長時間頑張ったし
怪我もなく無事に走れました。

30_2

普段からのトレーニングの成果は勿論、充実したエイドと応援のおかげだとおもいます。
エイドの辻岡さん、由美さん、洋子さん、準備から運営までありがとうございましたhappy01

30km

また、中川ランニングアドバイザーによる給水の仕方のレクチャーは
本当に勉強になりました。
そして、実際は超速いサブ3ランナーなのに…4時間半のぺーサーをお任せし、いつもよりだいぶんスピードを落として30Km引っ張っていただいたこと、感謝します。
自分のペースでない速度で走るって本当に難しい。

まだ、当クラブにはぺーサーを務められる方が少ないので、
フルマラソンの経験を重ね、クラブのみんなでペーサーが出来る様になったらいいなと思います。

30_3

ペースと言えば・・・
わたしもまだ自分のペースが解らず、今回は自分のペースで走りました。

30km_2

ななな!!なんと!!!
先月タイムトライアルのし過ぎで超高速・・・

気を抜いたら1㎞あたり4分台で走っている時が多く、

それを見かねた中江総監督が止めてくださり・・途中から一緒に1周走って6分台まで落としてくれました。
1周後も6分ペースの感覚が残り、1㎞あたり5分半くらいで31㎞まで走れました。
30Kmあたりではもうこれで終わりやな・・・どれくらい力が残ってるかな~とラストスパートかけてみましたが、まだまだ走れそう。
ペースを落としたおかげで最後まで脚が持ちました。

30Km走って、速く走るのトレーニングではなく、ペースをつかむっていうことが大切なんだなと痛感。
まだまだペーサーはできません。

本番では突っ込みすぎないように我慢するのと、ペーサーが出来る様に練習します。

事務局として運営や経理面で課題や多くの気付きを得ました。
また来期のイベントに活かします。

最後に、事務局なのにガチ走りしてすみませんでした。
今年のフルマラソンはBP更新できそうです。

みんなありがとうございました。

マラソン大会シーズン、会員の皆さんが楽しんで走れますように。


日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年9月20日 (日)

■シルバーウィークは東京で足の勉強。

1からはじめるフィットネス、はじめてのフィットネスはボディラックスから

スタジオBodyLuxの坂田純子です。

シルバーウィークは東京出張です。
足の勉強にきました。テーマは「スポーツ」です。
スタジオで女子限定ビューティーRUNレッスンをしていたり、
足の測定を準備中なので、「スポーツ」のテーマは魅力的でした。

講座では、元世界選手権アジア大会出場・国内マラソン大会で優勝等の経歴を持つ長距離選手のお話や、ランニングシューズ、フィッティングの講義があり、大変勉強になりました。

長距離の選手が現役の頃は月間700~800km練習してたそうで・・・
昨日自分の年間走行距離が1000㎞になりました・・・って~のをプロはたった1ヵ月くらいで走られてるんですね。

こんなに走っていたら、
筋肉のアンバランスや身体(骨格)のズレの繰り返しがあった場合、障害や怪我を起こすし、
練習は休めないから、回復が難しいと言う事がよくわかりました。

シューズはオーダー、練習によって使い分けの工夫をしてる。
トレーニングやケアが万全なプロでも、
走りながら回復するって大変なんですね。
この選手は中足骨の疲労骨折を3カ月で治したそうですが、一般の人はもっともっと回復までに時間がかかるそうです。

一般の人の7割が、1年以内にランニングをやめてしまう・・・というデータがありましたが、回復に時間がかかっていてはモチベーションも低下してしまいますよね。

筋肉のアンバランスや身体のズレの予防には、いろいろあると思うのですが、
トレーニングでも防ぐことが出来ます。
運動指導者は治療はできないけれど、予防は出来る。
この予防ってとっても大事。

フィットネススタジオのお客様をはじめ、身近な愛好者の方が長く運動を楽しめる様、
出きることをします。

―――――

20150920220948_deco

ランニングシューズの素材や構造、フィッティングの講義も勉強になりました。

ランニングシューズは新しいのが出たらお店に行ってみてみたり、
メーカーの方に聞いたりして情報収集をしますが、

フィッティングのプロから各メーカーが工夫している細かなことまですることが出来、
お客様にどのようなシューズをオススメしたら良いかポイントが明確になりました。

わたしが今、履いているシューズはアシックスのレーシングタイプなのですが、
2つ前はMIZUNOでした。

講義を聴いて、MIZUNOのウェーブのパーツに惹かれ
急にMIZUNOで走ってみたくなって・・・
帰宅後2つ前のMIZUNOシューズをひっぱり出し、アーチサポートのインソールを入れて改造。
6㎞だけ走ってみました。

20150920220913_deco

ロードのコンクリートの上だったけど、足元がまるで土の上を走ってるみたい・・・
インソール入れてるから重いはずなんだけど、脚が楽でスピードが出る。

練習の時はレース用でなく、しばらく改造しMIZUNOシューズで走ってみよう。
シューズって面白い。
科学やな。
今、自分の身体で実験するのがホントに楽しい。


良い情報をお土産に、関西へ帰ります。
早く、スタジオでも足の測定のお披露目をしたいです。

日々感謝★
運動指導者 坂田純子

2015年9月13日 (日)

■【コラム】フルマラソンを走る④「トレーニングと休養のバランス」

Photo

今年のレースももうすぐ始まりますので
フルマラソンを走るために大切なことを
「走る運動指導者」の視点から何回か分けて連載していきます。


大会まであと1ヵ月…となると
焦って長距離を走り込んで筋肉や関節・内臓を弱らせたり、
疲労が抜けないまま当日をむかえたりする方もいらっしゃいます。

また、当日までに故障し、本番のレースのスタートラインに立てないと言う方も何名も見てきました。

スタートラインに立ってこそ、はじめてフルマラソンにチャレンジできます。

ここでは、トレーニングと休養のバランスの取り方について記載していきます。


■「走った分だけ走力は上がる!」という間違った常識

レース前にありがちなのが、練習しすぎのオーバーワーク。
「走った分だけ走力があがる!」というのは、走った後の休養がシッカリとれた場合。
走って走って走りまくるのは、実はパフォーマンス能力の低下になるのです。


■超回復(ちょうかいふく)

運動後の回復は栄養補給と質の良い睡眠。
また、筋肉や腱、関節、内臓を休ませる事。

走ったことによって疲労した部分は、適切な栄養と休養をとることによって以前より身体の能力をプラスに持って行くことができるのです。それを超回復と言います。

充分な休養が無いままトレーニングを続けると、疲労がどんどん蓄積し、パフォーマンス能力が下がり、使いすぎ症候群(オーバーユース)等の障害を招きます。


■かしこい休養法

超回復は24~72時間(1~3日)と言われます。
この期間は、身体に有益な適応が起こる期間。
強度や負荷の高い運動を行ったときは、しっかりと休養することで、前より力を生めるようになる、強い刺激に対応できる身体を造ることができます。
また、休みすぎは刺激を与える前の状態に戻ってしまうので、
トレーニングを行ったら2日後くらい後には復帰すると良いでしょう。

しっかり休養出来たら、すぐに強度が高いトレーニングに復帰するのではなく、徐々に軽いものから強度や負荷の高い運動へと漸進していきましょう。


■フルマラソンを走るには

フルマラソンを走るには、食事と休養、そして運動の3つのバランスが大切です。
この3つは、カメラの3脚の様にバランスがとれていればフルマラソンでベストが尽くせるのですが、どれかが突出しているとバランスが悪くベストを尽くすことが出来ません。

しっかり食べて
しっかり休養し、
かしこくトレーニングしていきましょう。


■大会1ヵ月前にすでに充分走り込めた方

大会前は、調子が良く距離やペースが上がってくるのが実感できる時期だと思います。
でも、調子に乗って過度のトレーニングをすると、大会までに体力を消耗し、怪我をしたり風邪をひきやすくなったりします。
大会当日にベストを尽くせるように、休養もトレーニングのうちと考えてコンディションを整えましょう。

■大会1ヵ月前までにあまり走り込めなかった方

練習不足で焦る気持ちもありますが、焦って走り込みをすると逆効果なので注意しましょう。
トレーニングはほどほどに・・・。
これまで行っていたトレーニングに少し毛が生えた程度にして、
大会直前は疲労をしっかりとってくださいね。



皆さんが本番でベストを尽くせるようにお祈り申し上げます。
最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました。

次章もトレーニングに関して記載していきたいと思います。


■【コラム】フルマラソンを走る①「フルマラソンを走るためのエネルギー」

■【コラム】フルマラソンを走る②「30kmの壁を超えるグリコーゲンローディング」

■【コラム】フルマラソンを走る③「レース前・中・後の水分補給」

■【コラム】フルマラソンを走る⑤「夏のトレーニングから秋のトレーニングへ切り替えてみよう」

■【コラム】フルマラソンを走る⑥「トレーニングの原理・原則~安全で効果的なトレーニングのために~」

■関連記事:去年も同じようなこと書いてます。「30kmの壁を超えろ!」→★★★

2015年9月10日 (木)

■【コラム】フルマラソンを走る②30㎞の壁を超える!グリコーゲンローディング

Photo 

今年のレースももうすぐ始まりますので
フルマラソンを走るために大切なことを
「走る運動指導者」の視点から何回か分けて連載していきます。


前回は「フルマラソンを走るためのエネルギー」についてまとめ、
筋肉や肝臓のグリコーゲンの貯蔵は少なく、
30Km(~35㎞)あたりになると枯渇し、動けなくなると書きました。
(記事はこちら→★★★


フルマラソンではよく「魔物が現れた」とか、「30~35㎞の壁」とか、「ハンガーノック」と言います。


今回は、魔物を寄せ付けない、30Kmの壁を超える方法!!
グリコーゲンの枯渇を防ぐ方法をまとめます。


フルマラソンにチャレンジして、レースの終盤に足が動かなくなったり、失速した経験はありますか?
(初出場の方は、足が動かなくなることや失速することがあると知っておくと便利です。)

私は、初出場の時見事30Kmあたりで失速・・・
歩いてしまいました。

この足が動かなくなることや失速する原因は、
オーバーペース(飛ばしすぎ)や姿勢の悪さ、
練習不足など色々なのですが、

筋肉や肝臓のグリコーゲンが枯渇してしまうという原因も考えられます。(コラム①参照


30Kmの壁を超える1つの方法は、グリコーゲン(糖質)の補給。
かしこくグリコーゲンを補給して壁を超えましょう。


■レース前のグリコーゲンローディング?

ローディングとは、レース前やレース中に必要なエネルギーとなるグリコーゲンを筋肉にため込むこと。

壁を超えるカギはグリコーゲンローディングを行う事。
糖質を筋肉や肝臓にため込んでおきましょう。
(結構、普通の食事でも糖質方の場合、すでにため込めていると言われています。筋肉量を増やすとため込める量も増えるのでタンパク質を普段から摂取して筋トレも必要です。)



■レース直前のグリコーゲンローディング

レースの直前は糖質の節約をする事。
会場到着してレースまでに、ドキドキしたり、待っているだけで糖質がどんどん減っていきます。
シャケ入りおにぎりを1つ食べてみたり、バナナやカステラを補給したりして、なるべく糖質が減らないように節約しておきましょう。


■レース中のグリコーゲンローディング

レース中はおにぎりなどの固形物では消化に時間(120~150分)がかかり、
すぐにエネルギーになりません。
汚い話になりますが、酔っぱらいのゲロを見ると、結構炭水化物の固形物が残っています。消化に時間がかかるのです。

そんな時はジェル等を補給しながら走ります。(マルトデキストリンを主原料にしたジェルは、15~30分で体内に吸収されオススメです。)

20150910_204903

即効性のある糖質はブドウ糖です。約5~10分で吸体内に収されます。ブドウ糖のタブレットを持っていると便利です。

糖質補給のジェルの他にBCAA(アミノ酸)を補給すると、糖質を節約します。
BCAAはエネルギーとして再利用され、筋肉を回復させ、集中力を維持させます。

20150910_204921

BCAAは常に補給しながら走り、
糖質補給のタイミングは、後半きつくなる前20~30Kmの辺りでは必ず補給しておきましょう。


かしこくグリコーゲンローディングして、
フルマラソン30Kmの壁を超えませんか?

身体を動かす原料は食べ物。

シッカリ食べて楽しく走れるといいです。
フルマラソンにチャレンジするみなさんを応援しています。


次の章は栄養を届けるには水分が必要なので、
水分補給について書きたいと思います。

まだまだトレーニング方法やフルマラソンについての豆知識が続きます・・・。

▼スポーツサングラス提供:㈱DUKE L-BALANCE


■関連記事:

■【コラム】フルマラソンを走る①「フルマラソンを走るためのエネルギー」

■【コラム】フルマラソンを走る③「レース前・中・後の水分補給」

■【コラム】フルマラソンを走る④「トレーニングと休養のバランス」

■【コラム】
フルマラソンを走る⑤「夏のトレーニングから秋のトレーニングへ切り替えてみよう」

■【コラム】
フルマラソンを走る⑥「トレーニングの原理・原則~安全で効果的なトレーニングのために~」

2015年7月26日 (日)

■関西BodyLuxランニングクラブ ケガ・障害予防キネシオテーピングセミナー開催お礼と志楽塾

【関西BodyLuxランニングクラブ】

Photo_3

朝倉先生による『ケガ・障害予防キネシオテーピングセミナー』

これまでテーピングと言えば、痛みを我慢して運動するためのものだと思ってたけど、セミナーで180度考え方が変わりました。

機能を回復したり、痛みやコリ・疲労を改善したり、ストレッチやトレーニングに併せて行うことでパフォーマンスアップにも繋がる。

Photo_4

本日学んだことを活かし、この夏キネシオテーピングを貼ってトレーニングしたいと思います。
朝倉先生、目から鱗のセミナーをありがとうございました。

Hさん、会場から先生の紹介まで、何から何までありがとうございました!
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
みなさんと共に成長していきたいと思います。
※受講に夢中で、集合写真取り忘れました。

Photo_5

さて、自分に必要な足のアーチや骨格の配列をキネシオテーピングで整えて大阪城公園を試走。

いつも存在を確認する事が出来ない小指の存在を感じる嬉しさ。

踵から着地して親指に抜けるまでの足運びの速さ。特に中足骨や趾骨辺りの筋肉も目覚める反応。今まで使えてなかった身体の部分が喜んでます!

喜んでいると言えば、私の心。
あずりんと天井とは、フィットネス志楽塾という、同業の方(フィットネスインストラクター)対象の勉強会を企画運営していた仲間。
今日セミナーをした森ノ宮医療学園専門学校さんをお借りしてよく勉強会を開催していました。
『市民の人に喜ばれることしたい』と言う理由から解散し数年。
思い出の場で、市民の皆様に色んな提案を、あのときの仲間と一緒に出来ているという事が感慨深く本当に嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします!

日々感謝★
運動指導者 坂田純子