出張レポート Feed

2018年7月30日 (月)

20180730_045821893_ios
健康サポートプロジェクトの天井亮介です。今回初めてのクライアント先で健康セミナーを担当させて戴きました。大阪・北摂の製薬会社様の研究所です。テーマは『VDT症候群対策』!


『VDT症候群』とは・・・現在の私たちの生活は、パソコンや携帯電話、さらにはスマートフォンやタブレット端末など、さまざまな「表示機器」=「VDT(Visual Display Terminal)」に囲まれています。そんな機器を長時間使うことによって起こるのがこの病気です。目の疲れ、首や肩のこりなど肉体的な症状だけでなく、イライラや不安、抑うつ状態になるなど、精神的な影響を及ぼすこともある代表的な現代病のひとつといえます。


今回も、椅子に座ったままで行える効果的なエクササイズを厳選し、 実践のポイントをお伝えしました。 体力に自信がなくても安心。 肩こりや腰痛にお悩みの方はもちろん、姿勢を美しくしたい方、 女性に多い冷え性や、むくみが気になる方にも役立つ内容で構成しました。復習できる資料も準備しましたのでぜひご本人もご家族などでシェアしていただけたら嬉しいです。




”従業員の健康が気になる” ”最近、職場に活気が乏しい” ”社員間のコミュニケーションを図りたい”などお考えの経営者様、総務関係の方、一度ご相談くださいね。

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

2018年7月10日 (火)



健康サポートプロジェクトです。大東市立生涯学習センターアクロス様からのご依頼で『来ぶらり四条』にてロコモ(運動器症候群)予防体操セミナーを開催させていただきました。
参加者の殆どがロコモティブシンドロームに興味があり「ご自身のため、又はご家族の介護予防のために参加した」と言う意識が高い方々ばかりで、日々の暮らしに役立てようと熱心に受講されていました。










いつまでも自分の脚で好きな所へ行き、美味しいものに舌鼓を打ち、素敵な景色を見たり自然に触れ…五感をフル活用させ、天命を全うする時まで自分のことは自分で出来る力を養いたいものです。
このような機会をくださった来ぶらり四条様と、貴重な時間を割いて参加してくださった皆様に感謝します。

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net






2018年7月 7日 (土)



健康サポートプロジェクトです。今回『朝の健康フィットネス』を担当させて戴きました。現場は法務省大阪拘置所第2期工事作業所で株式会社竹中工務店様からのご依頼です。




朝礼の時間を使って新しい取り組みをしたいというご意向でした。約70名の作業員や職人の方向けに肩こりや腰痛予防のフィットネスエクササイズを音楽に合わせて行いました。(※担当スタッフ:坂田)

参加者の方々はほとんどが肉体労働で日頃から身体を使っていらっしゃいますが、日々の疲労と共に疲労の偏りがあると考えられます。よく使う部分とあまり動かさない部分の差も実は身体の不調につながります。そういった部分も考慮してプログラムを構成しました。普段はラジオ体操を行っていらっしゃるそうですが、また違った雰囲気を楽しんで戴けたようです。


”従業員の健康が気になる” ”最近、職場に活気が乏しい” ”社員間のコミュニケーションを図りたい”などお考えの経営者様、総務関係の方、一度ご相談くださいね。

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

2018年6月11日 (月)

Img_7590

健康サポートプロジェクトです。

P1528449258463_2


先日ブログでご紹介した企業様向け出張フィットネス『オフィスdeフィットネス』の第1回を開催しました。事前アンケートにより「現時点で抱えているお悩みNo.1」だったのが”肩こり”です。回答者の半数以上で記述がありましたので、初回のテーマとしてふさわしいと思い、決定。クライアント企業様の要望もあり、終業間際の17時30分から”30分間”のミニ講座形式です。


P1528449271034_2


いつも我々の身近にある”肩こり”がなぜ起こるのか?というメカニズムを理解し、対処法を実践するシンプルな構成。講座が進むにつれて”こころとからだがほぐれる空間”を受講者が感じられることを意識して話しました。短時間でもダイレクトな反応をお互いに感じられるのも、出張フィットネスの魅力です。

P1528449264509_2



”従業員の健康が気になる” ”最近、職場に活気が乏しい” ”社員間のコミュニケーションを図りたい”などお考えの経営者様、総務関係の方、一度ご相談くださいね。

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

2018年5月28日 (月)

 

Img_20180527_144618_728

Img_20180527_144618_730健康サポートプロジェクトです。

大阪府大東市立生涯学習センター

アクロス様からご依頼で

『まなび北新』にて

ロコモティブシンドローム予防セミナーを

させていただきました。

大東市は勿論、

枚方や寝屋川や交野市にお住まいの方、

若い年齢層や80歳の方まで、

色んな層の方がご参加くださいました。

_20180527_131622

_20180527_184144

Img_20180527_183451

今回はトレーニング編です。

内容は

①筋力(色んなスクワット)
②バランス(足裏やふくらはぎの体操もバランスには大事ですが、今回はお尻の横を鍛えるトレーニング)
③脳・神経・筋肉の伝達訓練(使っていない筋肉を呼び起こす四股や脳トレ)
④全身持久力・筋持久力(野崎小唄でエアロビクス)

この4つの柱を元にエクササイズの必要性と自分に合ったエクササイズの提案です。

④では、数年前に依頼があって制作した「野崎小唄健康体操」を行いました。
https://youtu.be/TTrx6lDXI40
笑顔の花が咲きました。




みなさん大変興味を持ってくださり、

主催者側担当者様も

健康セミナーの必要性を

感じていらっしゃいました。


私も参加者からいっぱい学びましたので、

次の歴史とスポーツふれあいセンターの

講座に繋げたいと思います。


いつまでも自分の身体で

五感を味わっていただける様

健康寿命を伸ばしていただける様


そんなセミナー内容を

今後も展開していきます。

 

Ksp

 

鶴と亀の長寿マークがシンボル
実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

 

2018年2月24日 (土)

健康サポートプロジェクトです。

一昨年に引き続き、

国土交通省国土地理院

近畿地方測量部様で

健康セミナーを担当させて戴きました。

28276391_1571270696324517_592920313


前回と大枠のテーマは同じですが、

今回、生活習慣病予防に関して

切り口を変えて、

「背後に潜む原因とは」

と少し大袈裟な副題をつけました。




28166328_1571270692991184_669389453




私が普段から感じている

現場でのギャップ、

特に運動面ではなく

食事面での注意点にフォーカスして

前半の内容を構成しました。

生活習慣病に対して

一般的に言われてきた注意点等は

若干ズレていると

常々、感じております。




Disease_cancer_01

実際、代表的な疾病として

糖尿病やがん、心疾患
の患者数は

増え続けている現状。

先進国日本において

医療の進歩もありながら

患者数が減らないということは

我々の生活スタイル全般に

リスクが潜んでいる

ということだと思います。





P1050606

健康サポートプロジェクトとして

健康セミナーを担当させていただく際に、

現状を見据え、本質を捉えた内容を

提供したいと考えています。

今回も貴重な機会をありがとうございました。



 

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

 

2018年2月14日 (水)

27857869_1563320183786235_787503401

健康サポートプロジェクトです。

立春を迎えましたがまだまだ

寒い日が続きますね。

今回は一般財団法人大阪府公園協会様からの

ご依頼で『ストレス解消エクササイズセミナー』を

担当させて戴きました。


一般企業においても

[ストレスチェック]などが

義務付けられているように

働き手のストレスマネジメントは

団体や企業を健全に運営する上で

無視できない項目となっています。



27657758_1563320120452908_167017096

セミナーではストレスを受けた後に

どのように対処していくかをメインに

お話をさせて戴き、エクササイズも含めて

60分間の内容でした。




ストレスが精神面や身体面の様々な不調に

つながっていることを理解し

個人がそれに対処する術を

身に着けていくことが重要です。

そのヒントになるような講座を心がけました。




 

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net

 

 

2017年12月16日 (土)

健康サポートプロジェクトの
坂田純子です。

12月10日。滋賀県にある商業施設「ピエリ守山」様にて
ランニングイベントが開催され、

「びわこを走ろうピエリラン」のランニングコーチ
を担当させていただきました。

Photo

守山に車で入った途端、
まず目に飛び込むどっしりとした武奈ヶ岳。

古くから近江八景の1つ「比良の暮雪」
で知られています。

Photo_2

そして山のほとりにおおきな琵琶湖。
もうもう、たまらない絶景です!

なんとピエリ守山は、この絶景のふもとにあります。

そして湖畔に面しているという事で、
ランニングイベントは、
この絶景を見ながら参加者の皆さんと3㎞走るのです。
アウトドア好きには幸せすぎる!


このような素敵なイベントを企画してくださる
ピエリ守山のイベント運営の方々に感謝ですね。


走った後はお買いものして帰れるし…
毎日走りに行きたいくらいの環境です(笑)

Photo_3

ランニングイベントは、
午前と午後の部の2つ担当いたしました。


ランニングトークショーの後に
音楽をBGMに走るのに役立つ準備体操をして、

自然を楽しみながらランニングコースを
3㎞走るという内容。


なんと2歳のお子さんがお父さんと一緒に。
その他小学生の子供連れの家族や
フルマラソンに挑戦したいという方の参加が多かったな。

Photo_4

はずかしながら、私の小学生の時って大の体育嫌いで、
いつも見学の理由を探してたけど(笑)

今日の子供達はみんな動くのが好き。
とってもたくましいですね。

「体育が嫌いな私も走れるんだ」
と思ったのは中学生の時。

部活で陸上部でも無いのに
毎日学校の外周をぐるぐる走っていて
初めてのマラソン大会で校内2位になった。

その時、自分も走る事が出来るって
初めて気付きました。


ほんま子供の可能性は無限大。


大人も、子供の時走るのが苦手でも、
粘り強さは大きくなってからの方が
力を発揮するので、大人になってから
走ってみたら…
自分が思うよりも走れちゃったりします。

人間の可能性は無限大ですね。


今日参加してくれた子供達は、
家族との思い出やお父さんお母さんの影響で、
走るのが好きになったらいいな。
もっともっと走れるようになるよ。


フルマラソン完走という目標や、
走れる様になりたいと言う大人も、
行動を起こせばかならず完走します。
走れる様になります。
ぜひぜひ走ることにチャレンジしてみてください!


今日のイベントをきっかけに、
日常生活に「走る」もしくは
身体を動かすことを取り入れてみてくださると嬉しいな。

またピエリ守山に走りに来てくださいね!

Photo_5

3km走った後は、ピエリ守山1階にも
出店されているアウトドア専門店の
ロゴスさんが美味しいミネストローネ
を御馳走してくださいました。

Photo_6

さらに、ダッチオーブンで
ふっわふわトロトロの焼きマシュマロ。

Photo_7

燻製器でソーセージ。
ロゴスさん最高!!!!

家族でこんなキャンプもできたらいいですよね~

今日は、とても素晴らしい経験をさせていただき感謝です。

 

Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

健康セミナーや
ランニングイベントは

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net/




Photo_8

2017年11月29日 (水)

Photo_3

富田林市のお仕事です。

ウォーキングサポーターの皆さん(富田林あるこうかい)への最後のスキルアップセミナーの日。

これから紅葉も楽しみだし、冬の低山は見晴らしが良くて歩きやすいので
「街を歩く提案と低山を歩く提案」をお伝えしました。

Photo_4

通常、同じ委託先に連続してお仕事が行かないようになってるんですが、
何と3年も連続してこのお仕事が出来たのは奇跡に近く、
富田林あるこうかいの皆様のお陰。

3年間ありがとうございました。寂しいですが皆さんとは個人的に歩く仲間として山歩きできたらって思います。

みなさま。ありがとうございました。
富田林市役所様、ありがとうございました。

2017年11月15日 (水)

健康サポートプロジェクトです。
先日、タイガー魔法瓶労働組合様から
ご依頼いただき、
『オフィスでできる!
肩こり腰痛ワークアウトセミナー』
を担当させていただきました。

会場には約70名ほどの組合員様に
受講していただきました。

今回ご依頼主の要望を踏まえた上で
こちらが設定したゴールは
【ご自身の身体の現状把握】と
【エクササイズ実践の効果を
体感し、継続に繋げる】
の2点です。



【ご自身の身体の現状把握】の部分で
ペアになって身体チェックを
していただいたので、
コミュニケーションも図ることができ、
終始和やかな雰囲気で
ご参加いただけたと思います。

担当者の方からも
参加者のみなさまの満足度が高かった
とお言葉を頂戴しました。






健康セミナーで
健康経営
働き方改革
に役立ててみませんか?



Ksp


鶴と亀の長寿マークがシンボル

実績の健康サポートプロジェクトに
ご用命ください。
http://www.kenko-support.net