プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■ご訪問ありがとうございます。大阪を中心に活動する運動指導者です。国民のみなさまに「手軽に出来る運動」を提供しています。 ■専門は、ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ■【できること】 ①運動指導 ②出張健康教室・セミナー ③運動指導による学生・学校支援 ④運動指導者派遣 ⑤エクササイズ監修・健康についてのコンテンツ提供・運動や健康のコンサル・プログラム提案・モデル ⑥健康関連執筆 ⑦誰でも楽しめるリズミックウォーキング発案

検索BOX

FBやってます!

Twitter

  • Twitter

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE

ウェブページ

Powered by Six Apart

« ■思考が停止する2つの条件【プレゼン資料作成編】 | メイン | ■水と満月の関係☆【今夜は満月】 »

2010年1月30日 (土)

■CTPTのT☆ツールのススメ【企画提案書】

PC フィットネスインストラクターの坂田純子ですpaper

この記事は、自分のノート・・・ってところが正直なトコロかもしれませんが、

ほんの1部分だけでも、どこかの誰かの知識となって、あるとき使っていただけたら本望だな~と、

只今ブログを通して連載コラムを書かせていただいておりますpencil

書かせていただいている内容は「インストラクターがつくる、企画提案書の考え方」

インストラクターが自分の企画を施設に提案する際に、口頭で済ませてしまう場合が多いのですが、

提案書という形で、書面にしてみると、相手に伝えたいコトが伝わりやすく、自分の頭の整理にもなり、相手の仕事を増やさず、気持ちよく応援してもらえるなど、とってもいいコトばかり。

引き続き、提案書を作るときに知っていると得をする「CTPT」の説明を1つずつしたいと思います。

■過去記事■

1)インストラクターのための知って得するビジネスコラム

2)提案書づくりにはCTPTと言う知識を使ってみよう!

3)CTPTのC☆コンセプトは命です

4)CTPTのT☆ターゲットは誰ですか?

5)CTPTのP☆ターゲットに向けての営業・販売の段取り

ここからは、提案書の考え方の最終章☆ 6)ツールについてお伝えします。

■□■□CTPTのT☆ツールのススメ■□■□

「T」とはツールのコトを言います。

【ツール】<意味>工具。道具。

一般的なCTPTのツールは、ターゲットとの関係作りのためのツールだったり、イベントだったり、ターゲットに向けたトークだったりしますが、

インストラクターが作る提案書にツールを当てはめてみるならば、企画提案を実行するために使うツールと置き換えればよいでしょう。

POPの内容や館内放送案内文などがツールに当てはまります。

POPや館内放送案内文は、施設のスタッフが作っているコトが多く、本来であれば、企画提案したい商品(たとえばレッスン)を一番知っている企画提案者が、骨組みを作る方が、スタッフも楽だし、エンドユーザー(お客様)にも伝わりやすいです。

私が企画提案をするとき、「CTP」まではするけれど、最後の「T(ツール)」は後日催促されて提出するコトが多かったです。

しかし、一番最初から「T(ツール)」が付いていれば、企画提案を受け入れる側が、開催までにかかる準備の手間が省けるコトがわかるし、少しでも楽が出来れば、思わず提案を受け入れたくなりませんか?

企画提案の段階で、「T(ツール)」がはっきり具体化できていなくても、こんなイメージの「T(ツール)」を検討しています。と提出するだけでも、提案を受け入れる先方(スタッフ)に親切です。

是非、「T(ツール)」を付けて提案書を作ってみませんか?

最後にまとめます。

提案書を作るときは、1)~4)の項目を意識して作ってみましょう。

1)コンセプト 

2)ターゲット

3)プロセス

4)ツール 

最後まで読んでくださって感謝します。いつか誰かのお役に立てれば本望です☆

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。