プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

日々のログ・エッセイ Feed

2021年5月 7日 (金)

■いつもの…

いつものトレイル。

たった数日でこんなに景色が変わってしまうものか?と驚くくらい、草花が生い茂り、まるで緑のトンネルの中に身を置くようだった。

9ff8573ce59449d39bd53cac472c3ea2

タツナミソウ

8aa56c07afe843c581a4540d686277ec

ニガナ

Cb8a4cb0da96499182a21ac7f76e41bf

オオルツボ


芋虫は、彼方此方ターザンの様にぶら下がっている。

目の前の芋虫をよけながらは…、ムチ打ちになりそうだったが、
よい反射神経のトレーニングになった。

緑の葉は芋虫のごちそう。
芋虫はアリや鳥のごちそう。
話によると、芋虫がぶら下がっているのは、襲われる過程で緊急避難としてぶら下がっている場合と、移動の際にぶら下がる場合がある様。
葉を食べ…芋虫を食べ…食うか食うか食われるか…?山でも命がけの四条畷の戦いだ。

┈┈┈┈┈

●四条畷神社:

[御祭神]楠木正行公
配神として一族24柱

5759b7df72774e94b6eb8e6f6dceb823

7e7aa9fbba5144d08c072d20328557d1

菊水のご紋

7b1519bc18084d588091e62c5435392c

F1afe91295504d4a9991bba2b15ad061

楠木正行は、楠木正成の子。
父の正成は、南朝方の武将で、後醍醐天皇のために命をかけて戦ったお方。

息子である正行も、正成の遺志を受け継ぎ、武士中心の政治ではなく、王政復古のために幕府と戦う。
四条畷に迫りくる幕府の数万の大群に、楠木勢二千が突撃。
雨の様に矢が降る中、正行は命を落とす。(1348年 四条畷の戦い)

387c7a4e5714496dadf1e130e9dfff0a

小楠公様

04d7a10e462c4537acb9289b6bd9abcf

桜井の別れ

2c93f5f5138449f8bdcaf587987f0340

2021年5月 6日 (木)

■日々精進

身体についての学びの後、自装練習。

毎日着物に袖を通すと、

少しずつ手早く着れるようになってきました。

A684159595a74cfaa324b2fdf98cab10


襟から半襟が出て、綺麗というには まだまだですが、
どんなことでも一歩ずつ、着実に前進しましょう。

着物は凹凸の少ない日本人体型になじむはず。
しかし、わりと自分が細身なので、
今日は、補正に色んな所にタオルを仕込んでみました。

補正すると、シワにならずに着れるものなんだな。

和装ブラジャーとか補正下着とか…欲しいな。

日々精進、日々発見ですね。

E6e2ea1b194f44da862ff66353c32a97
※写真は、今日のトレーニングで出会った花。
もうすぐ咲きそうです。


2021年5月 5日 (水)

■立夏

混沌とした、春の土用が明け、立夏を迎えました。
この日から、少しずつ夏の気配が感じられるようになっていきます。

そんな「夏が立つと書く、夏のスタート」。

Photo_2

緊急事態宣言や蔓延防止など、コロナに揺り動かされたゴールデンウィークでしたが、
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。

大阪は1日中雨なので、副交感神経(リラックスしているときに優位になる)と仲良く、
ゆったりと過ごしております。

私のゴールデンウィークは、緊急事態宣言のため、他の人より少し長め。
未来へのアプローチをアレコレ試みたいですが、あえてジタバタせずに長期休暇をゆっくり利用させていただいております。

最近は、女性特有「ゆらぎのトンネル」の中の症状の1つである〝乾燥〟で、
身体がかゆくてかゆくて…少し寝不足気味でございまして。
寝る頃になるとかゆみが増し、かくと蕁麻疹ができるという…。

そんなことで、今日は、過不足になった睡眠を取り戻すように優雅に昼寝させていただき、微炭酸泉で半身浴をしながら銀座の由美ママの〝「会話上手」になれる本〟を読了しました。

Dbf80911020d47138b13a274736c04f2

銀座で長年お店を継続してきたママが、どんなことを大切にしながら会話しているのか?
すごく気になって手に取った本。

共感する事、お手本にしたい事、盛りだくさんでした。
なにより、書籍の帯の着物姿が綺麗で、私よりいくつも大先輩なはずなのに、美しい。
女性としての姿もお手本にしたいです。

評論家の様になってしまうので、書籍の感想はあえて書かないでおきますが、
とても勉強になったので、いろいろ忘れないよう要点をメモアプリにまとめておきたいです。


コロナ禍で、人との会話が減っていて、
学びを活かすのが困難ですが、
まずは日常生活からアウトプットして身に着けて行きたい。


明日からお仕事が再開する方も多いでしょう。
引き続きお体に気を付けてお過ごしくださいませ。

■手習い 再スタート

 
7年前に店舗をオープンさせバタバタしていた事や、
黒髪ロングをバッサリ茶髪ショートにした事もあって、辞めてしまった舞楽。

ちょうど今頃の神楽祭には、舞を奉納させていただいたこともある。

Photo

ゴールデンウィーク期間、久しぶりに本棚から出して読んだ舞楽の会 発起人の原先生が書いた御本。
原先生は〝不良少女と呼ばれて〟の原作者である。

不良少女と呼ばれて…と言えば、クルクルパーマに紫の紅をさし、聖飢魔IIの閣下ばりのチークを入れ、床を引きずる様なロングスカート。
さらに、木刀に鉄パイプ、チェーンをぶん回し、カミソリを指に挟んで暴れるシーンが印象強い。
ドラマの最後のクレジットに〝このドラマは実在の人物をモデルにし…〟と書かれてあったので、すごいお姉さんがいるんだなと、私は子供ながら激しいストーリーに毎週熱狂した。

ところがだ…。
ドラマの内容は、原作とは似ても似つかぬものにアレンジされていたと言うので、驚きだ。
原作は、敗戦後、少女の目から見たの外地生活の様子や家出した時の事、
その後、舞楽に真剣に向きあった事が書かれたもの。

しかし、外地生活の部分はごっそりカットされ、
視聴者のハート掴むために現代版の不良ドラマに改められ、
事実とはだいぶん異なって放送されていたようだ。

当時は家出でも、不良と呼ばれてしまう時代。
それが不良と言うならば、私は小2の時家出したことがあるので、立派な不良だ(笑)

学んだ事は2つ。
1つ目は、たとえノンフィクションとうたわれていても、作り変えられている場合もある。
『見えているのは氷山の一角』である事をいろんな事に置き換えて、今後も肝に銘じようと思う。

そして、2つ目は良いところに目を向け、感謝を忘れずに…。
事実と違う事を拡散された時、自分なら反論しそうなところ。
しかし、原作者はドラマを通し、多くの人に舞楽を知ってもらえたと感謝していたので
「何にしても感謝がまず1番なんだ」と再認識した。

┈┈┈┈┈┈┈┈

1

Mai2

3

私が習い始めた時には、既に原先生は他界されていて、一番弟子の先生に教えていただいていた。
先生からは、舞楽だけではなく、
今回長々と書いた原先生が大切にしている精神や修身、
多くの気付きを与えていただいたと振り返る。

またこの本を手に取って読んだと言うこともご縁である。
こんな時期ではあるが、また舞楽を再開する機会をいただいたので、風に乗ってみることになった。
土用を過ぎたころ、7年ぶりに手習い再スタート‼︎…する事になったよ。
まつりごとを盛り上げよー。

※写真は、毎年ゴールデンウィークに奉納させていただいていた神楽祭。
今年はコロナ禍で中止になっていて寂しい。

2021年5月 4日 (火)

■陰の中の陽

〝陰極まって陽となり、陽極まって陰となる〟

これは、陽の中にも陰は少なからず存在し、
陰の中にも陽は少なからず存在するという意味。




私がコロナ禍という陰の中に見つけた陽は、
着物の自装(自分で着物が着る)

8ac42095e0ab4193b6e4e7a8726cf6d8

71e819a5ac8b4ee3ac9b27f62032639d



綺麗に着れるようになれるのが一番いいけれど、

とりあえずは、かつて日本人が日々着物を着ていたように
暮らしの中で普段着の様に着物を着れるように…なったらと思っています。

7ecb91d7f930420a89e0c47340461a1d

先生は、大久保信子さんのDVD

8ec44dbc21e1494d874222dd84b76abe

6a2d9261be274e33a051a786273d1c57

↑課題です。


仕事は、完全自粛ではありませんが、

今も、11日まで自粛しなければならない案件もあったりするので、
降ってきた時間で、自装の練習や読書の日々です。

出来なかったことができるようになったり、
知らなかったことを知ったりすることは、
目の前がパッと開けるように明るくなりますね。

コロナ過が来る前とコロナ禍中を比べて、

出来ることが何にも変わらない…
もしくは、出来ることができなくなった…

というのでは、何の成長もありません。
陰の中に身を置くからこそ、広がる世界もある。

Photo

11日に、緊急事態宣言が解除されるのかどうかはわかりませんが、

貴重なコロナ禍のゴールデンウィークを活用して、
しっかり学びたいと思います。

A9a5cad53ce6477d962fb9f41850ce42

自装を終え、銀座の由美ママの本を読む。
銀座のママがどんなことに気を付けて会話をしているのかに興味津々でした。
それにしても、素敵に着物を着ていますね。
きれいだな…。

6c9707d0ad134e488dc2d99b14b4cea7

健康づくりウォーキングにて。
もうすぐ紫陽花の季節ですね。

2021年5月 3日 (月)

■わたし的ゴールデンウィークの過ごし方

今日は、オンラインセミナーを受講したり、
着付けや髪のセット練習をしたり…ヨガやちょっぴりウォーキングをしたりと、
インドア多めなGWを過ごしています。

228f4219faf345b19de423ff412b1a4a

着付けの成長過程を記録していきたいのでBLOGに写真を残そうと思います。半衿が出てしまっている(汗)

B7a29d18d6ab49af8c32ad4891b939e9

153㎝の私が、168㎝~170㎝の人の浴衣を着ています。
何年か前は「おはしより」がモコモコしてたけど、
なんとかスッキリ着れるようになりました。

D7445eb235aa4b99ba4e87e53b8e8bab

後ろ姿、着物がよれてしまうのが残念!1人でささっと美しく着るのが難しい。

GWで休みができたら、今まではガツガツ走りに行ったりしていたんですが、
今は、仕事以外の運動は健康を維持できる程度。

コロナ感染予防のこともありますが、マイペースで過ごすことが一番と、
自分の心や身体とコミュニケーションをしっかりとりながら過ごすようにしております。

なぜなら、BLOGにもよく書いていますが、
今自分が、閉経直前期と言われる45歳~50歳前後の時期に身を置いています。

この時期は、閉経に伴い女性ホルモンの減少に慣れようと、変化に心身の状態が揺れ動く時期なのです。

1027536_s

「今まで通りがんばろう」
「今まで以上にチャレンジしよう」
「今までの自分に戻そう」…
と、がんばるのではなく、

変化に合わせる考え方やライフスタイルを優先していきたい時期。

このように、閉経前後で体調の変化があるときには、
無理をせずにいったんペースダウンし、
ゆらぎのトンネルを潜り抜けてからペースを上げて行けばよいと考えています。



今、まだ私は、少ないながら女性ホルモンの恩恵をいただいております。

この女性ホルモンは〝おまもりホルモン〟と言われ、
身体をあらゆることから守ってくれています。

例えば、皮膚や髪などがみずみずしいこと。
他には、骨粗しょう症や脳血管障害は、お守りホルモンが無くなるとリスク上がるんですよ。


なので、閉経前の人なら無理をせず、
エストロゲンが正常に分泌されている状態をきちんと保てるように過ごすこと。

そこを無視してしまうと、心身ともに気付かないうちにストレスや疲れをためこんでいきますし、
「急にグッと老け込んだ」と言われることも!
ゆらぎのトンネルをくぐり抜けた後も、
健康的に女性を楽しみながら過ごすためには、ゆらぎの時期のさじ加減を調整していきたいものです。

(既に閉経した人は「お守りホルモンが無くなり、身体を守るバリアが弱まっている」という意識を持つことが健康的に女性を楽しみながら過ごすポイントです。)

ついつい周りに合わせてしまったり、
SNSやネットを見て、他人の行動や思考に反応してしまいがちですが、
一番コミュニケーションが必要なのは自分自身だと思っております。


生涯、やりたいこと、したいこと、会いたい人に会えること、
行きたいところへ行ける
そんな豊かな人生を過ごすためにも、

心身の変化に合わせた考え方やライフスタイルを優先していきたいです。

みなさまも、こころと身体が喜ぶゴールデンウィークをお過ごしくださいませ。

Ce979c9e2b104b78a882f08c6e1797f9

ウォーキングで見つけたカニ!

2021年5月 2日 (日)

■千里の道も一歩から

୨୧┈┈┈┈┈┈┈୨୧
   着付け
୨୧┈┈┈┈┈┈┈୨୧

●髪のセット練習

着物を着たいな…と思う時に1つハードルになっていた髪のセット。

10年前、体操監修&モデルをさせていただいたときに、撮影でお世話になったプロスタイリストさんのYouTubeチャンネルで、ささっと10分でできる様になりました。

芸能人や一流の方を手掛けてるほんまのプロのチャンネルは一味違う。
誰でもできる夜会巻と言うテーマの動画を何本見たかわかんないけど、唯一できたのは、プロスタイリストさんの動画だけです。


●BBチャンネル:
 https://www.youtube.com/channel/UCbveX8ZdFCzSFC5UlDJGuSg/featured

997b10adf800480799f9e64d08bbf1a6

私も運動指導のプロとして、一味違うチャンネルを提供したい!


●着付け練習

E54d0d9e0f0c4297b51b0da30deccee5

お太鼓帯の後ろ結びができないので、特訓に。
まだまだです。

お太鼓ができたら、お出かけのオシャレも楽しくなるだろうに。

C9f80ce2a3bc4f5b8137d852893de88e

色んなお着物を見たり着たり…
いっぱい畳みました。

D719fe349b9c481994b1187803e52884F262dd31f73d4040b92af21106bc98c6

半幅帯やら昭和レトロモダンなお着物をいただいたり…と嬉しすぎてテンション爆上がりです。

0f56b471d4214a39a5fde8f3c269ee36

5e909d3cdcea4d9c9fcfa6def12e8174

大切に着ます。
がんばってお太鼓できるようになろう。

E7093eaf10eb4b37a5c20aefb501ea41

2021年4月30日 (金)

■流されないこと

4月末日。
…1年の3分の1が終わりましたね(汗)

緊急事態宣言における要請で、通常より少し時間ができました。
ぽっかり空いた時間は、毎日1冊ずつ本を読んでいます。
1回目の緊急事態宣言の期間は50~60冊本を読み、ちょっと頭が良くなったような感じがしました(笑)

今回は、再読のものが多いのですが、1回目より2回目、2回目より3回の方が心に響くし、気付きが多いので「繰り返し」っていいものだな…と思います。

今日は、はじめて出合った本を読みました。
銀座のクラブの由美ママ。
有料チャンネルで拝見し、とても素敵な方だと感じたので、読んでみたいな…と3冊購入しました。
まずは〝銀座の矜持〟から…。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
※矜持(きょうじ)とは:
自分の能力を信じていだく誇り。
プライドのこと。
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

2df8ec8410244bb586bf58e20215feaf


共感できることが沢山ありました。

〝進化、進歩の今の時代
何事も猛烈に速いスピードで変化変容し流動していく世の中で、
〝変わらないもの、変わらないこと〟というのは、とても貴重だと思います。
変わらないとは、進歩がないとか、冒険しないとか、現状維持でいいということではありません。
それは時代や時流に流されないこと、あるべき姿を守り続けるという事です。
(伊藤由美さん「銀座の矜持」より:株式会社 ワニ・プラス発行)〟


自分が感じている事、思っている事があるのに、
それらを無視して周りに流されるのがとても苦手です。

早い話、ガンコなのかもしれないけれど…流されない様に生きています。

拝読し、彼女の言葉は共通することが多く、すごく響きました。

贔屓にしてくださるお客さまのために、
社会の変化に流されず、あるべき姿を続けて行けるよう、
変えたくないことは変えない、
変えたほうがいいことは変える。
そんな、古き良きプライド(伝統)を、この先につないでいくような彼女の矜持に、うっとりしました。

私も彼女のような、凛としたカッコいい女になりたい。

2021年4月29日 (木)

■[2021.4.29 昭和の日]報恩感謝

୨୧┈┈┈┈┈┈┈୨୧
ただの野ざらし日記 
୨୧┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 

7c7ebd143e314923b2ac223452de73c5日章旗。幼少期は玄関先に出していましたが、今は家の中に出しております。


「昭和の日」は「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という事で、先人たちの御霊に感謝の気持ちをささげたい日。


大東亜戦争では、多くの日本の先人達が命を失いました。
そして、戦後、日本の高度経済成長を支えたのも我々の先人達。

自分の今日の生活は、尊き命や努力の上に成り立っていることを忘れたくないと思います。

1223cf889fca441baf84c435355eb51d
梅田

11ac315835c145ada923b418ebd23588

ミナミ

50cba421b7a94f8c9fb8157d0a55dc45

阿倍野

私は、高度経済成長の中で生まれた人間なので、戦前・戦中の昭和は、話を聞いたことしかないけれど…
自分が歩んだ昭和を振り返っただけでも、色々進化していて凄いなぁ…と感動してしまう。

車も電化製品もトイレもお風呂も…進化したなぁ…。
「これからはβやで!」と勧められて買ったベータビデオデッキにMD(ミニディスク)
あれは、どこへ行ったんやろう。
ピンクレディはケイちゃん派やったな。

468259a775384c0ab438f901c40b80df

ウルトラマンはセブン派やったな。

緊急事態宣言前に、人生の大先輩と話していたら
「1960年代、〇イミーは頭が良くなると教えられた」と聴いて、
ビックリした事があった。

19dc3dbc49174d7a86693cfeb9d34305

35e506ecaa944d368d456bffe4033b7f

038c58ffb58f4c8fbd7dcd73a9796e3c

4d1185430b9e43aa9f62f171422bfc28

E7c7325fcf9746a59690c94b02911bba

02b8df2da5844560b1b1271f86ba7373

35d691511a744247a72eec1e108073a8

C470c498c2c149dda21fb162aaddecb3

B2490b53fe7246d1a8696ee72e352565

 昭和、ありがたいことに、平和ボケでボーッと過ごしてしまったけれど、楽しかったな!
 
コロナ禍で気落ちする今日ではありますが、昔を想えば、今も乗り越えられないことはないのだろう…。
将来にワクワクと思いを馳せ、できることを実践躬行していこー。

先人の皆様、ありがとうございます。

Ec605de895dc42108ca464bdc67cfebb

7fe2582a5e604e259886b67194ac0df2

コツコツ集めている昭和レトログラス。

3c05d78451c345a18dae91798e6903d0
毎年ゴールデンウィークに、五穀豊穣を祈って舞楽を神社に奉納していた。そのときの練習カセットテープとMD。


2021年4月28日 (水)

■環境変化への対応

ジャーマンアイリスや菖蒲、カキツバタの季節がやってきました。

2d456e24ce414244a2b13b6b7192f5c1

ジャーマンアイリスは虹の花(レインボーフラワー)とも呼ばれるように、
色とりどりの花を咲かせ、
まるで雨上がりの花壇に、虹がかかったように見えます。

700fbc11c3f142c08b822d261374c6b1

外花被片は濃い色で、舞妓さんがしている〝だらり帯〟の様に垂れ下がり、
内花被片は薄い色で〝ロケット〟の様に立ち上がったカタチをしています。


お天気の良い日は、昆虫が花粉を楽しみにやって来れる程度、ロケットのドアが開いてますが、
雨の日は、まるで花粉を守る様に「ピタッ」とドアが閉まっています。

8b0bd9c8e57f490d897740b22d2633d2

普段何気に見過ごしてしまう花の風景ですが、
お天気や気温で植物もカタチが変わるんですね。



そんな私達人間も自然の一部。
お天気や気温の変化で身体の状態も変わります。


春の終りから夏にかけては、
低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる時期。
寒暖差が生じるのも、この時期です。

こうした気圧の変動や寒暖差といった外的要因は、
ストレスとなって心身に影響を与えることがありますので、
体調をお崩しになりませんよう、
寒暖差を調整できる衣服を準備し、
疲れをためない様に、お過ごしくださいませ。