プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« ■走る旅:中山道〔30〕第47次 大湫宿~武並 | メイン | ■[私が見つけた日本製]:岐阜 中津川・庶民による庶民のための地歌舞伎 »

2020年10月13日 (火)

■クマ出没特別警報が出ています。クマスプレー買いました。

今朝、家族からこんなLINEが送られてきました。


4187de6cff40452eaa2a8868aade2380(今朝の朝刊…要約すると)

今年は全国各地でクマの出没情報と事故が多発しています。
新潟県では、10月12日「クマ出没特別警報」を初めて出しました。
県民に厳重な警戒を呼びかけています。


環境省による全国のツキノワグマとヒグマの有害捕獲数は、
17年は3952頭。

18年は3586頭。
19年は過去最高の6285頭。→去年も多かったんだ…


今年は8月時点で既に3207頭に上り、
まだまだ増加傾向が続いているとか。


夏の段階で、日本ツキノワグマ研究所の米田一彦氏が
「今年は、2歳になるクマが多い。人を恐れない世間知らずの子熊が、人里に現れ走り回る“2歳児問題”が起きやすくなるだろう」と推測されていました。

17年は餌となる木の実が暖冬のため豊作で繁殖が進み、
18年生まれのクマの数が増えていたという。


2020年の今年は、ちょうど世間知らずの2歳児のクマが出没し、
秋はこれから冬眠のためのエサを探し回る活動が盛んになる季節。

98ab575300ac4d769c5292bf335a3232

(米田さんの本は何回も読み返しています)




中山道もほぼ山に入っているし、
今年は、コナラ・ミズナラなどのどんぐりが凶作で、
クマの出没や活動範囲が広がっている…ということが気になって
クマについて調べていたところ、


先日、身近なお友達がクマ事故にあい、一気に身が引き締まりました。→その日のBLOG


そして、
とうとう熊スプレーを買うことに。

2c73ae5959d14236a31e9b56a20f138d

これ、ほんま高いんですcoldsweats01


最強唐辛子スプレーで、クマを傷つけることなく追い払うことができるもの。


本物のクマを目の前にしたら、
落ち着いてスプレーのセイフティークリップを抜くことができるのか疑問ですが、
丸腰よりは安心。

1902cc02fbaa4d3296e0d89116aa273b


色々、小細工しました。
ステンレスのマグカップと棒を紐で結んで首から下げて〝カンカン〟鳴らすやつ。

お友達が、帽子があって助かった!と言っていたので
山間や山麓はヘルメットをかぶることにしました。


アイヌのヒグマ猟の方の本に、
クマは蛇が嫌いと書いてあったので、Amazonで蛇のおもちゃを探していると
家族に〝スプレーもかけなあかんし、蛇を投げつける余裕無いで〟と言われたので、
それはあきらめました。

が、前回よりは準備が整いました。


そして、猟をやっている友人にアドバイスをいただきました。
クマセミナー行ったときに習ったとか。

【クマが多いときの山歩きのアドバイス】

●早朝・夕方・夜間×→行動が盛んな時間帯
●ペットボトルなどの音が出るものを鳴らす。雨や川の近くは音が通りにくい。
●食べ物持っていくな→…匂いで寄ってくるから、食べ物持たないといけないくらい、長い距離を行くなということ。
●甘いもの持参するな→…クマは甘い匂いが好きで、飴とかハチミツとかNG
●背中を見せて走って逃げるな→背中を見せると追っかけてくるそうで、50~60㎞の時速で走れるので、逃げ切れない。
●とにかくじっと観察。
●子連れの場合、子熊を観ない。→…親が近くにいる可能性あり

あと、山のどんぐりが凶作の時は、山麓や里の田畑の農作物を狙う。
なので、山間抜けた…と思っても油断禁物。


熊のこと何にもわからないんで、アドバイスはありがたいです。

クマ事故に遭遇したお友達も、
わたしに注意喚起をしてくれて本当にありがたいです。



私には、
いけるだろう!

という慢心さがありました。


なので、落ち着いてちょっと立ち止まってみようと
〝人生生涯小僧のこころ〟を再読してみましたよ。

5e4d2bee7e8c4d97b6f80d1b22764994

まだまだ謙虚な心を忘れています。

7e410afcf0334d09a8cc5896936a6ecc


〝最終的に行の中で行きついたのは感謝の世界だと思います〟(塩沼亮潤さん)

〝自然に対して感謝の念を忘れず、謙虚になることが必要です〟(熊スプレーに書いてあった言葉)



山は気持ちがいい!楽しい!癒される!
しかし、

半面とても恐ろしい部分も持っています。


動物たちの棲家に入らせていただいてるという謙虚さを忘れずに。


約束の地まで進んだら、
春秋の山間部は外そうと思いますが、
先を急がず、
もう一度ゆっくり、何のために街道を行くのか…考えてみたいです。





今、クマに自分の周波数を合わせてしまっていて、
ジオを点けたとたん
〝長野県で女性がクマに襲われました〟
というニュースが飛び込んでくるくらいクマにフォーカスしてしまっています。

自分…結構、思いを引き寄せてしまう性質があるので、
ズームアウトして、
いったん他のことに周波数を合わせようと思います。