プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
Powered by Six Apart

日々のログ・エッセイ Feed

2022年1月 6日 (木)

■無駄を有益に変えるために

仕事場へ、行きは電車で読書。

Photo
只今「日本国紀」を読んでいます。

今年は1日30分だけでも読書をするのが目標です。

通勤は結構距離があるので、30分以上は読書できるのはずなのですが、
これまで得たい情報等がほとんどないスマホをただただ流し読みしていました。
→時間の無駄です。

スマホ利用を1日4時間とすると、単純計算で、年間約60日になるのだとか。
最近読んだ〝つながらない練習〟に書いてありました。

F6efc22a2c0b4fd4b1941cee0ad559a9

今年は無駄な時間を減らしていきます。
本は何冊読めるかな。

Abec14327ae04cd2883f47ffe2d46dc7

22058691fbcc4f2ebcb5f88ef3f8d95a

木曜日のレッスンは今年最初の木曜日でした。
「木曜の皆様、今年もよろしくお願いします。」

帰りは帰宅ランです。



82c5e968fac5464995416cc83dc5b523

24ac82050d474731acbbb5dfa987d346

身体を動かしているので、本は読めませんが、
安全第一でオーディブルを小さな音量で。
前に読んだことのある〝反応しない練習〟を今度は
耳から脳へ届ける。

1度目で読んでいるものを、再び耳から情報を入れると、記憶に残るものです。
良い情報を得ていきたいです。

2022年1月 5日 (水)

■【メノポーズBLOG】まだまだお付き合いしていくために

エクササイズの撮影でした。
そして、今年初のスタジオ訪問でした。
今年も、よいお仕事をさせていただけますよう。

帰りは、10㎞ほどジョギングで帰宅しました。
仕事でも身体を動かすという…やりすぎていた人なので、やりすぎない程度にトレーニングするというのも難しいものです。

Photo

コロナ禍で自分と向き合ったことにより、色んな気付きを得ました。

トレーニングに関しては、
マイペースを心がけ、頑張りすぎない・やりすぎない、ちょうどいい加減な程度で運動をすることを大切にするようになりました。


なぜなら、人生100年時代。
やりすぎで運動器が使えなくならない様に…
最後まで自分の意志や脚で動けるように…。

そして、(まだわからないけれど)更年期と呼ばれる
大切な期間に入っているかもしれないからです。


更年期とは、閉経前の5年と後の5年、合計約10年のこと。
この時期は、身体や心様々な症状・変化が現れるのですが、
病気に伴わないものを「更年期症状」といい、

その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。


自分の場合、この2年程、
更年期障害とまではいかない更年期症状的なもの。

生理の10日前は貧血症状と浮腫みで身体が重だるくなる症状を実感しています。


若い頃は、早くなくなってしまえばいいのに!なんて思った生理。
無くなってしまう…となると、女性ホルモンのご加護がなくなり、
「脂質異常症」「動脈硬化」「糖尿病」「高血圧」など生活習慣病のほか、
「骨粗しょう症」などの骨や関節へのリスクが大きくなり、肌や髪にも変化が出てきます。
今は「まだ無くならないでほしい!」と名残惜しい日々。


生理が終わる時期は個人差がありますが、
おおよそ50歳から51歳くらいでしょうか。。。
しかし、なんと!!
身体や心にストレスを与えすぎると、交感神経が優位になり、血管が収縮し、血卵巣機能が早く落ちて閉経が早まってしまうことがある様です。


血流を良くすることを心がけ、
自分の身体と心の声をよく聴いて、ストレスマネジメントをしていきたいものです。
(運動のやりすぎ、運動不足、喫煙、受動喫煙も血流を悪くし、閉経を早くすることがわかっています。偏った食事も閉経を早める様です。)

女性の同世代の皆さんは、どんな更年期をお過ごしですか?

余談ですが、年末に昔の同僚Dちゃんと再会しました。

同僚Dちゃんに「どんなトレーニングをしてるの?」と質問したところ、
「今はストレッチに時間をかけるようになりました。」と回答。

ほんま、それそれ!
いくら有酸素運動をやっても、身体が硬いままでは血流も良くならない。

歳をとってくると、心も身体も硬くなるからね。
今年は私もストレッチをしっかりやろう。

■花びら餅

今年のお正月にお茶と一緒にいただいた〝花びら餅〟

9043185679a142afb8476f818d18036f
お皿は亀…おめでたい。

38bd3c8ad48a4a6aa704e35166fe8d67

新年ならではのおめでたい和菓子で、宮中の行事食「菱葩(ひしはなびら)」を原形としたお菓子なのだそう。

カタチは鮎。
鮎は「年魚」とも書くので年始にふさわしく、お供えに用いられた説もあります。
中身は蜜炊きした牛蒡(ごぼう)と味噌餡がはさまれていて、お雑煮を見立てているのだとか。
お正月に食べる、ありがたい和菓子なんですね。



何十年生きてきて、学生時代はお茶の授業もあったにもかかわらず…
これまで知りませんでした。


ケの日常は、よく使わせていただいているチェーン店のカフェがいいけれど、
ハレの非日常は、ふだんなかなか行かないところに足を運ぶと学びがあります。

よき、学びでした。
年始の挨拶の手土産に…、
これからは〝花びら餅〟もいいなぁ。

41305663c50d4374ab1d3aa30de5f992
7ee2141a6c094436abb1061cbed72a4d

2022年1月 4日 (火)

■イチローさんに学ぶ

令和四年の1月3日の日は、
大変晴れ晴れしいお天気でしたが、
非日常の「ハレの日」でもあり、
晴れ着スタイルでお茶をいただきに行きました。

7c53b1d9cf294f1c8c6cbdc08a45f75e

454531d4de23443b8e35d59e1ade9d24

A614c0a957524262b00f5d4e75faa96f

花びら餅…とても美味でした。

D904c3c614e14a828da994bb7ecc5ce6

これで、1年のスタートのルーティンも完了。
この3日間は、おめでたい食べ物や行いをさせていただきましたので、1年間運気もUPUP!!

お正月気分は終了で、
仕事に、健康体力づくりにはげみましょう。

コロナ禍前までは、年末年始に家のことはほどほどに。
お友達と走り&遊びに行っていて、
1年の始まりは、正月にやることが残っているのになぁ…なんて雑にスタートしていました。


ここ数年は大切なことや、やるべきことをやっているので、
そのほかのことに力を注ぐこともでき、
心に余裕のある1年のスタートとなっています。

イチローさんが選手の時、
翌日のゲームの開始時間から逆算して、寝る時間・起きる時間・食事の時間等…
全てのスケジュールを決めていて、
本番の試合よりも、それまでにいかに準備したかということを大事にしていたそうです。

終始一貫、自分の決めたことをきっちりとこなすことこそ
成果を出すカギであると信じてやり続けたとか。

何かに力を入れようとするとき、
やるべきことをする事や、ルーティン(準備)は、とても大切。

そんなことで、今年の年始の過ごし方は、1年の成果を出す大切な時間でした。
よき、1年の始まりとなったと思います。


今日4日は仕事始め。
ビシッといいスタートがきれました。

4d7d8d69ede84f5c8b76d0acd8eebabc

お客様にお年賀頂きました。

今年最初の走り始め。
帰宅ラン。

これまで「しんどいなー」という感覚があった距離を軽々・爽快に走れました。
スタートよしっ!

今年もよろしくお願いします。

2022年1月 2日 (日)

■中

今年もよろしくお願いします。
※喪中につき、新年のあいさつは控えさせていただきます。

元旦は家族そろって初詣に行き、顔を合わせて食事を。
2日は毎年恒例のお墓参りと書初めで…いつもと変わらない正月を過ごしています。



書初めは年中行事の1つで1月に2日に行われ、新年になって初めて毛筆で字や絵を書くことを指します。

我が家の書初めは、まず神棚の天井に貼る「雲」という字を書いておきます。そして、今年目標にしたい文字を書き、毎日手を合わせる神棚の下に貼っておきます。

D1dccfd934924e71a7fc12465bcbd24b

令和四年、目標の字は「中」にしました。

6b82ce7bb2ba4adf890db563e38b5e95



「中」という字はなんと深い!
書けば書くほどバランスが難しい字だという事を知りました。

Ee766fbcd21343c4a5ea47c0364d9441

「中」と言えば、上でもなく下でもない、なんとなく差しさわりの無い…とか
両方の意見を取り入れて「中」…足して二で割って「中」とするなど、
相対するものを結んだ真ん中を「中」と考えるのですが、それは「中」の一番幼稚な段階なのだそう。

Eca986d75d3b4b18baed0025784f51bf



安岡正篤先生の「中」の解説は、

(例えば)

資本家側の主張がいいか悪いか、労働者・組合側の主張がいいか悪いかということを正しく判定する、批判する、そして間違ったもののほうを折いて(くじいて)、組合側が悪ければこれを挫く。資本家側が悪ければこれを挫いて、両方共が間違っていれば、これを挫いて正しい方へ持っていく。

向上させるのが「中」である…
本当の「中」というものは矛盾撞着(むじゅんどうちゃく)するものを解決して高いところへ進める━━━━これを「中」という。
(知名と立命より)


理想と現実の間に分裂、遊離がないというのが、本当の人間らしい姿である。
ところが人間と言うものは、どちらかというと現実の方へ行く人と、どちらかというと、理想の方へいく人とある。
本当にこれが統一されて少しも危なげのないものを「中」という。
中道は難しいというのはここでもわかる。
(安岡正篤 一日一語より)



思うに、上よりも下よりも、中が一番難しいのではないでしょうか。
令和四年は、現実的にやるべきことをコツコツと。将来へとつなげられるよう考え良き方向へ。地に足をつけて日々歩みます。

今日から、毎朝「中」と向き合う事からスタートです。

1a0c02f13dff43869d523ca0612db17b



2021年12月31日 (金)

■【2021年大感謝祭】今年も干支の活学・2022年「壬寅」をよむ

安岡正篤先生曰く、
「人間は幾歳になっても「化して行く」ことが大事であります。
といっても、ただ化することはできない。
やはりそれだけの〝きっかけ〟が必要であるし、また化するだけの〝意味・信念・哲学〟を持たなければならない。
干支はその〝きっかけ〟をつくる上にまこと意義深いものがある。」とおっしゃいます。

干支は占いではなく、生命の発生・成長・収蔵の過程、あるいはエネルギーの変化の過程を時代に当てはめて解説したもので、先達が残してくれた歴史と経験の哲学。

年末年始に干支を読むことはもう十数年続いていることで、本格的に四柱推命を学びに通ったこともあります。(人の人生をよむためではなく、社会の風と波にうまく乗るための学びです。)

Bb4e01e7bd1940e1836cfd002b01cdd6

Badbdf8bd1e549c1a088a68fdf03910a

そんなことで、今年も1年を振り返り、安岡正篤先生のご本を片手に来年の干支をよんで過ごしておりますよ。

去年の年末は、2021年「辛丑」をこう過ごそうと宣言していました。

〝牛歩・持久力(継続)・結ぶ〟のキーワード。
丑はゆっくりゆっくり着実に進む象徴。
また物事を変える意味。
なかなか進まずの伸び悩むが、昔からの努力や夢をあきらめず長期的に牛歩で進めば変わる。
できることで、ご縁を結び・つなげ・力を合わせて頑張っていこう。
コロナ対策は引き続き続けていくこと。

こんな2021年の見通しができた。
キーワードをもとに丑のようにどっしり動いていきたい。


よって、牛歩でマイペースを心がけ、出来ることを行っていきました。


コロナ禍によって制限されたことも沢山ありましたが、新しくできるようになったことも多かった様に感じます。
物事を変えるため…という事もありますが、10年の節目で事業を「法人化」しました。
2021年に動いてきたことが、未来に繋がると良いです。

Fe2f3e9953e44f1bb2dd23c31ae04f21

去年はコロナによって自粛させていただいたお礼参り。
今年は毎年恒例の大神神社へお礼参りさせていただきました。




さて、来年は干支(かんし)でいうと壬寅(みずのえ・とら)年。

1つずつよみながら、来年をどう過ごそうか思案する日でございます。

●壬(みずのえ)について(参考:安岡正篤先生「干支の活学」)


「壬」は十干の9番目にあたり、壬には3通りほどの意味があります。

1つ目の意味は、「壬」の字は、中の一が長く、胎児ならば大きくなってお腹が膨らんでいる姿を現し、妊娠の妊に通じると言われます。

2つめの意味は、「ひっ提げる」と言う意味があります。
いろいろな問題を持たねばならぬという事から人偏にすると任と言う字にもなります。
また荷を担うという意味も持ち、事を担当する、役目に就く、責任を持つという意味に用いられ、任命・任用という言葉も表しています。

3つ目の意味は、「へつらう」と言う意味です。
任は、意思が弱く人にへつらう人間のことを任人というように、軟弱な木でしなやかで弱いことにもつながり、人に最も注意を払わなければならない年だと言われます。

前年からの諸問題が一層増大して、そのために任務・仕事がますます惹起してくる。
したがってそれを立派に処理する、事に任ずる人が出て来なければいけない。
しかし、私心・私欲・野心を持つ人が出てくると見なければならないので注意が必要。

┈┈┈┈┈┈┈┈
「壬」は陰陽五行論では「水の兄(水の陽)」
大河の象徴。大きな水の流れ。
五行の「水」は静寂・堅守・停滞・冬の象徴。
「陽」は激しい・大きいといった意味。
よって「壬」は、厳冬、静謐、沈滞を表している。
冬の期間は草木があまり成長しない。

●壬を東洋の考え方で見ると…(参考:キネシオロジー)


壬に相当する季節は冬。
動物が冬眠するように、栄養と体力を温存させておきましょう。

膀胱を養生をすると良いと言われます。
特に、塩分の摂りすぎ注意。
骨・髪に病状が発症しやすい。
恐れる・驚く・栗(リツ)の感情に注意。

●寅(とら)について(参考:安岡正篤先生「干支の活学」)

「寅」は十二支の3番目で、生命の循環で言えば初めの位置に近く、誕生を表しています。

文字の意味は、豊穣を助ける螾(みみず)が土の中で活動し、春の芽吹きが始まった状態。
「寅」の字の真ん中は、手を合わせる、約束する、誓うの象形で、下の八は人を表しています。
寅畏(いんい)という語に寅が使われるように、意味は「つつしむ」ことであります。

また寅は演に通じ、進展を意味します。

助けることにもつながり、謹んで協力することを寅亮(いんりょう)ともいい、
転じて、同寅(どういん)と言えば同僚であり同僚の誼(よしみ)の事で、寅誼(いんぎ)と言います。
志を同じくするもの相約し、謹んで時務を進めなければなりません。

┈┈┈┈┈┈┈┈
「寅」は陰陽五行説では「木の陽」に分類されます。
季節は新しい芽が出る立春の2月。
物の芽が地面から出て引っ張り出して伸ばす。
五行の「木」は成長・発育・誕生・春の象徴。

●壬と寅の組み合わせについて(参考:四柱推命資料)


「壬」と「寅」の関係は、「水生木」の「相生」と呼ばれる組み合わせとなります。

「水は木を生ず」水が木を育てる。
つまり「壬」が「寅」を補完し強くする関係となります。

24263ecbbaf649a8a01cb57da431b00e

寒さや冬の中でも芽吹くものがあり、冬が厳しいほど、生命力が溢れるように芽吹くことを表します。
冬が厳しくてめげそうになっても、〝必ず生まれる!大きく成長していくのだ!〟という事を頭に置きながら過ごそうと思います。

そして、人を見る目や人選はとても大切。
任せるべき人・信頼できる人にはしっかりと任せ、相互に協力しながら時務に当たることで発展させていきたいものです。

[さいごに]───────────────────

安岡正篤先生は、「時代の流れや、天変地異を読む時の基本は60年」とおっしゃいます。

60年前の壬寅は、昭和37年(1962年)。
その当時を振り返ってみると、薬害問題や火山の噴火(2件)・九州・西日本に豪雨で死者・不明227人の他、列車事故など。
大きな問題もあった一方、北陸トンネル開通やテレビ契約の件数が多数になったことや東京都、世界初の1000万都市になるなど、経済発展の「芽吹き」もありました。

平穏無事に…というわけにはいかないかもしれませんが、冬の後には必ず春が来ると、前を向いて過ごしたいと思います。

Ff0aed5b04eb48208f6263115778a911

楠公さんや正行さんのゆかりの場にもお礼参り。
今年の走り納めも無事終了。
今年も健脚で過ごせたことに感謝です。

Ce7750e5b94d43abb2204a5687a23e24

弟の手が加わった手打ちそば、最高に美味しかったです。
よき年越しです。

───────────────────

コロナ禍二年目の冬。


関わってくださった皆様、
相変わらずお付き合いくださった皆様、

お客様、企業様、家族、友人…
本当にありがとうございます。

健やかな良い年をお迎えください。
新年のあいさつは喪中につき失礼させていただきます。

*☆*―――【感 謝】―――*☆*   

2021年12月29日 (水)

■年越しの準備、順調ですか?

毎年の大晦日の楽しみ!それは、弟の手打ちそば。
昔から、年末には自分で打った年越しそばを食べさせてくれていました。

435574f98ed649c0861bc3b5b726f15d

今は、弟も仕事が忙しく、義父さんが第二の人生にと隠れ家的蕎麦処を開業されていたので、毎年届くものは義父さんが手打ちしてくれたもの。
蕎麦粉は大野市(在来種)勝山産。
それを石臼で挽き、香り豊かな栄養価の高い全層粉を恕の心を込め打ってくださっています。

ところが、今年は弟も少しお手伝いしたそうで。
久しぶりに弟の手が加わったものをいただく年越しが待ちどおしいです。

A87c7171e1c04327a94fa0e8d9888b3b

C47d58a4ec8e4e62b41f75b74f369afb

0544627453a04dd6804373c2347a3a92

もう1つの楽しみにしているのが、お蕎麦と一緒に送られてくる〝そば雑学〟
2021年のそば雑学によると…
大晦日は、〝年ごもり〟と言って一晩中起きて歳神様をお迎えする風習があり、
この夜に早寝すると歳神様に失礼をした…と、白髪やシワが増え老け込むとい俗話があるのだとか。

845982883677459a83cc0d2193f395a1

これは!徹夜しなければっ!(笑)

今年もそばをいただきながら、過ぎゆく年に感謝できることが、それこそ有難いです。

みなさんは、年越しの準備は順調ですか。

2021年12月28日 (火)

■仕事納め

仕事納め!


Photo

と、言いたいところでしたが
人身事故のため駅のホームで90分以上電車を待ち、今年最後のレッスンに間に合うことが出来ませんでした。

走っていくにも、1㎞あたり3分半の速さで走らないと、到着できない距離だったので、ただ電車を待つことしかできず…。
レッスンに穴をあけてしまうという心理と、この寒さの中ジッと立って待っているのは、とてもからだに堪えました。

レッスンは予約満員だったという事で、2021年最後のレッスンを楽しみにしていただいていたお客様や、急な代行を引き受けてくださったスタッフさんに大変な迷惑をかけてしまい、本当に申し訳ございません。
今年最後の挨拶と感謝の言葉は直接お伝えしたかったですが、
〝コロナ禍の中レッスンにご参加くださいまして、本当にありがとうございました。〟

年末になると、物騒なことや事故なども増えますので、
気を付けて、余裕を持った行動をしたいものです。

なんとなく締まらない2021年だなぁ。あと数日でしっかり締めたいな。

また来年もよろしくお願いします。

2021年12月27日 (月)

■暮れ

水回り、キッチン、冷蔵庫など…。
2022年の歳神様をお迎えしたいのと、
年越しをスッキリ過ごしたいと、掃除三昧です。

毎年、寺社仏閣での煤払いの日あたりから掃除をし始めたい!なんて思いながら、
仕事と同時並行はなかなか難しいのが現状。

健康体力づくりと一緒で、日ごろからコツコツしておけばギリギリになって慌てることは無いけれど、今年もあとわずか…となってから大慌て。
皆様はいかがですか?




お正月の着物もお義母さんに出していただきました。

名古屋帯でお太鼓結びと着付けの猛特訓を。

9a875967d75b4bd486dc4131ce2788fb

67a3f9bbf0664d17b88e1113473348a5

かわいい羽織をいただきました。

5b8566ca9e4447bdb6fb1340955e30ca

あとは、長襦袢に半襟をつけるだけ!

64b77b928eff416fa25e21113fc750ea

お正月が楽しみです。

皆様は、どんな年末をお過ごしでしょうか。
お忙しい日々をお過ごしのことと存じますが、よい年末をお過ごしくださいませ。

2021年12月26日 (日)

■カーラボノフ

〝冬の夜 NO.1〟
冬にヘビロテで聴いていたCD。
プログラミングの日付を見ると1995年に作られたようです。

F3d3dba0df394abcb7d1ef23408cef61

記憶は定かではないけれど、通っていたカフェのKさんのお兄さんがCDを貸したお礼にと、冬にピッタリの選曲で構成してくださったもの。


1曲目に入っている曲が、雪の中の運転にとても合っていて、
当時、真っ白の風景を横目に福井から金沢間の通勤の車中でよく聴いていました。
ただ、ずっと曲名がわかりませんでした。

年末の片づけでCDが出てきたので、〝そういえば、曲を流すと曲名がわかるアプリがあったな〟と曲名を探してみることに。

探し続けていた曲は、
カーラボノフのデビューアルバムで、タイトル〝カーラボノフ〟。
その中の〝Lose Again(また一人ぼっち)〟と言う曲でした。
謎が解けてスッキリです。

大阪の冬は滅多に雪が積もら無いけれど、今年の冬は〝Lose Again〟を聴こう♬



✼┈┈┈┈┈┈┈┈┈✼
[CD手に入れました!]
1977年 カーラボノフ
1979年 ささやく夜(原題:Restless Nights)
1982年 麗しの女〜香りはバイオレット(原題:Wild Heart of the Young)
✼┈┈┈┈┈┈┈┈┈✼