プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« ■[声のブログ]知っ得!平均寿命と健康寿命の違い 知っていますか? | メイン | ■インプットとアウトプット »

2021年4月 3日 (土)

■撮影でした

レッスン合間に、エクササイズ監修の撮影でしたcamerashine

何をテーマに監修&撮影したか…というのは、book発刊後にお知らせさせていただきますね。

写真で見てわかる通り…最近、下半身がいい感じでscissorsムキムキです。
その理由は。

24d4d3d7494041599d46d1161993eb8f

自分の習慣の1つだった「ランニング」で、run走り方を変えました。

走る時は骨格や関節に負担をかけないような姿勢や走り方を心がけ、走っていた日の何日かは「歩く」というトレーニングに変えてみたのです。
歩くって、走るのとはまた違う体の使い方をするので、慣れないせいか?結構しんどいです。


速く・長く…という身体に負荷をかける強度の走り方をしている時は、自分の筋肉を分解してしまうことがありキャシャな身体になる場合もあるので、女性にとっては嬉しい面もあります。

しかし、寿命を全うする最後の日まで、自分の脚で行きたいところへ行きたい…という将来のことを考えると、キャシャよりもガッチリがいい。
そんなことで、筋肉をつけるという選択をし、ただいま筋肉増強中です。


50歳過ぎると…いやいやおそらく40歳過ぎから始まっていたのだと思いますが、女性ホルモンが減少しはじめていきます。

これまでは、女性ホルモンが骨や関節を守ってくれていましたが、本来骨を強くするはずの衝撃が加わる運動も、女性ホルモンの減少と共に修復や増強に追い付かなくなり、徐々にもろくなっていきます。
骨が壊される…そして修復しきれない…このサイクルが続いていけば、疲労骨折や怪我のリスクも増え、いつかは運動ができなくなります。

いつまでも運動を楽しむことや、老化を緩やかにしていくには、走り方を変えたほうが良いなと思いました。






話は少し変わりますが、コロナ禍中の営業自粛期間は、沢山の本を読みました。

スティーブン・R・コヴィーの7つの習慣を再読したところ、
7つの習慣のうちの1つ『人生の終りをイメージする』という習慣にガシッとハートをつかまれました。

人には、平均寿命や健康寿命がありますが、(昨日の声のBLOGで詳しくおしゃべりしています→☆☆☆
今の自分の年齢から平均寿命や健康寿命の差を算出してみたら、自分が動き回れる時間は永遠では無いということに気付かされました。

加齢を受け入れ生活習慣を見直し、トレーニング内容を考えなおしたことによって、
おかげで、下半身がムキッと変化しているように感じます。見た目も若くなりたいけど(笑)筋肉は若々しく見えます。
関節や軟骨の老化も緩やかだといいな。



モデル的には脚はスラリとホッソリしていた方が良いのでしょうが、
イキイキハツラツとした人生を過ごすことが大切なので、
率先してガッシリした筋肉質な脚をさらけ出していきまぁす。