プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

■【TOPページ】事業内容・新着情報

run走る旅更新中run

大阪からスタートし、京都三条大橋からお江戸日本橋まで。
人間一生 物見遊山。
日本の魅力を見つけながら走る旅をしています。

東海道&中山道の旅の道中記録です。
東海道や中山道を走った記録はじめ、日本のあちこちで出会った日本の良いものmade in japanを記録しています。
また、旅の道すがらは、気になった史跡への旅の記録です。

[アーカイブはこちら]→
http://kenko-support.lekumo.biz/junkosakata/runtabi_nakasendou.html

runわたしが中山道を走る理由はこちら→☆☆☆
run各地の史跡ランはこちら→☆☆☆


Photo_2 
〇坂田純子(さかた じゅんこ)→プロフィール★★★
※メディア・取材のお問い合わせはこちら→★★★


健康的に体重を落としたい・体力をつけたい・肩こりや腰痛などの悩みを解消し
快適に過ごしたい。そんな方の健康運動アドバイザーです。

運動指導コンサルタント、健康セミナー講師、フィットネスエクササイズ指導、スポーツメンタルコーチ、ランニング教室指導、健康コラム執筆・監修・エクササイズモデルなど。

【得意分野】


●専門は、ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。

●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。
●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、
脚の測定や診断・アドバイスなど。


〇使命

・運動指導を通じ、周囲の方々の生活習慣病の予防、健康寿命の延長につなげる
・周囲の方へ心身ともに健康であるための気付きの機会を提供する
・日常生活に身体を動かすことの大切さ・心地良さ・楽しさを定着していただくサポートをする

〇ビジョン

使命により、
皆様が、大切な人や仲間とのHappyな時間を健康的に永く過ごせることで、
絆やつながり、思いやりを大切にできる明るい社会になること。


〇活動していること

・健康サポートプロジェクト: 
健康や運動に関するセミナーや運動指導を出張で行っています。→★★★

・少人数制コンディショニングスタジオBodyLux:
コンディショニングスタジオで運動指導しています。→★★★
※その他、フィットネスクラブでも運動指導しています。

・ランニングコーチ:
走ることで、夢や目標を達成できるお手伝いをしています。→★★★

・大学非常勤講師:
運動経験や習慣のない学生に運動や健康についての講義と実技をおこなっています。

2021年1月25日 (月)

■ご時世③

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 テーマ〝ご時世〟④
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

ご時世とは(ご時勢とも言う): 時が経つにつれて変化する世の中。
つまり「時代」のこと。

緊急事態宣言が出ている期間、このご時世ならでは&今しか見れない風景を意識して見つけてみる。

今回はランニング中に見つけたこれ☟

7c9b4433c43b4556a9dc06d4f048aff7

pic1:学校を飛び出してアウトドア体育。
男子は腕立て…
女子は腹筋…
このご時世ならではの風景。


Edfdd3bfcfb44e0b9d6c941e86352d15

pic2:待ったなしの春
大寒が過ぎ、牛歩で少しずつ春に近づいているのだろうか…
コロナには〝待ったpaperdanger〟と言いたいが、季節は〝待った無し〟。
チラホラ花が開き始めた。
今日の「ご時世」。

2021年1月24日 (日)

■通天閣の今昔

୨୧ ┈┈┈┈┈┈୨୧
  通天閣
୨୧┈┈┈┈┈┈୨୧

Photo

大阪のシンボル、通天閣。
明治45年(1912年)に生まれ、初代通天閣周辺にはルナパークが建設された。

Photo_2

日露戦争後、各企業が市場を拡大し国内の産業も発達して開催された内国勧業博覧会の跡地にでき、そのあたりは大阪の新名所になる様〝新世界〝と呼ばれるようになる。

初代通天閣は凱旋門とエッフェル塔を融合させた造り。
凱旋門の上にエッフェル塔がのっかっていて、まるであれもこれも皿に乗っかったお子様ランチの様。

ルナパークはブルックリンのコニーアイランド風のイメージで、渡来の流行神を祀るホワイトタワー(ビリケンさんのお堂もあったとか)、スケート場や遊戯機械(サークリングウェーブ)、鳥獣の檻、不思議館などのアトラクションがあった。
今では考えられないが、町中にロープウェイがかけられ…まさに夢の様…新しい世界だ。

そんな〝新世界〟にあった初代通天閣は、大東亜戦争時にタワー下にあった映画館から出火。その軍後事で使う鉄材となり解体。
令和に残る通天閣は昭和31年(1956年)生まれの二代目である。

今ははるかに〝ハルカス〟の方が存在感が大きい気もするが、歴史的に大きな存在の〝通天閣〟とその周辺。
時代の流とともに姿カタチは変わっても、残り続けて欲しい大阪のシンボル…。 

Photo_3

毎週帰宅ランで通る通天閣を見ながら、歴史を回想しドボルザーク作曲の交響曲「新世界より」♬が頭の中で爆音で流れている今日この頃。

4

2021年1月23日 (土)

■【令和に想う江戸の暮らし③】容(カタチツクリ)/小間物屋

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 容(カタチツクリ)
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

私事になるが、成人式の時、同級生は当時流行りのフワフワとした可愛いヘアスタイルで式典に参加したが、自分は日本髪だった。
何故に私だけ日本髪だったのかは謎だが、おそらく髪質と頭のカタチが日本髪に合っていたのだろう。
時代遅れの様な風貌が嫌で、式典が終わったらすぐに髪を崩して着物を脱ぎ、その足で〝いろはにほへと〟へ飲みに行った記憶がある。

しかし、今となってみれば…個性を引き出してくれた髪型で、着物よりも髪の方が印象深く残っていて成人式の思い出になっている。
当時の美容師さんに感謝だ。

82d9f738a6014c5d95daf6014cd16005

成人式の記憶もあってか、私は小間物屋の前に来ると足が止まる。
日本髪を結うわけでもないが、髪をとかす櫛やセットに使う小物を見ているとワクワクするのだ。

Bfc236a7f2564dd980943990d782c094

店を眺めながら、そういえば…中山道ランの途中で〝おろく櫛〟を買ったのだが、その時、お店のおばあちゃんに椿油を一緒に買うように勧められていたのを思い出した。
お相撲さんやおしゃれな女性は、櫛のお手入れと髪のセットに油を一緒に買ってたそうだ。

Ae1b0f0c714d4f32bde385b1c46cc3c1

Cbc3525a22d14031920131a5bfdfbbb5

(小物の奥には油壷が並ぶ…)
そういえば、櫛も髪のお手入れも怠っている…。

愛読している都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)巻之下 に
〝容(カタチツクリ)は身を正しうするの源、身正しき時は心正しく、心正しき時は貞操正しく…〟と書かれるが、

二十歳の時の髪型もいまだに強く印象に残っているし、人は見た目が9割と言われるし。
特に視線が集中するのが頭部だそうで…頭を丸めて清潔感を出せる勇気はまだないから、日々髪のお手入れと髪型は綺麗にしておきたい…

E40af4c52cab49a1bcedc0d6c3b5a2a4
まずは道具から。櫛に油を塗り、化粧道具を綺麗に洗った…

49cba94dcb524e41b6e6413fd4106e39

大阪くらしの今昔館

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
小間物屋とは:
現代で言う雑貨屋さんのような店。
櫛や笄・簪などの髪飾りや、白粉・紅などの化粧品をはじめ、塗りものの器やめがね・袋物やたばこ入れなど、こまごまとした日用品を売るから〝小間物屋〟と呼ばれる説や、高麗(こま)からやってきた雑貨を売っていたから〝小間物屋〟と呼ばれる説などがある。
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

■【令和に想う江戸の暮らし②】風呂屋編

୨୧┈┈┈┈┈୨୧
  風呂屋
୨୧┈┈┈┈┈୨୧

特に寒い日は熱々のお風呂に入ると気持ちが良すぎて〝はあああ…〟と声が漏れてしまう。
声を漏らすのは8割が50歳以上で男性に多いのだとか。→ヤバい…

今は家にお風呂があることが当たり前であるが、昔は風呂屋に通うのが当たり前だった。

江戸時代のことになるが、
武家屋敷や大きな商家には家風呂があったが、入浴するのは主人とその家族だけ。
奉公人も武士も町民も、みなこぞって風呂屋へ行ったそう。

かけそば1杯の値段が16文。
風呂屋の代金は6~10文。比較してもとても安い。
安い料金で入浴が利用でき、おしゃべりや喫茶、娯楽もできる楽しい風呂屋。
そんなステキな場には身分を超えて毎日ワイワイ人が集まったようだ。

ちなみに、上方大阪は〝風呂屋〟江戸は〝湯屋・銭湯〟と呼ぶのだとか。

1006fb1b2b724f7b859f02c25e7b5893

造りは脱衣所と洗い場の間に仕切りは無く、しかも狭かったので人間関係は密接で、知らない者同士が寄り添って助け合って生きていた。
知らない者同士は知らない者同士がである21世紀の今からは想像できない。

D1a60d51deec47bea7b14ec6a2395818

ざくろ口:湯船はこの奥に。湯気を外に逃がさないように工夫されたもの。
くぐって中に入るのだが、頭を良くぶつけるんだとか。

8513441d605c48de89dd3f2c25dcc48f

湯船:腰のあたりまでしかお湯がはってなくて、サウナのような感じだった。

C01144e9ca844e2d8cfd028280fe488c

かけ湯:最後にかけ湯を風呂桶に1杯いただいたとか。

Cf183b09d43a4f65a839ec6aa7278390

引き札:大勢が集まるので、壁には広告が貼られていた。

0d524cb53659427c81f1cdd312380dc9

もう1回家風呂を無くして、風呂屋で毎日密に裸の付き合いをしたならば、そんな良き時代の感覚に触れられるだろうか。

そういえば…中山道ランの道中、南木曽の大江戸温泉へ行ったとき、脱衣所と洗い場の仕切りが無くて、もっくもくの湯気の中で脱衣するのが不思議だったが、あれは江戸時代の造りだったと後になって気付く。
あの時は少しとまどったが、懐かしくも新しくも感じ、好きだな。

F68916f6f79c40cb9c87623dd7841f0c

大阪町三丁目。門限になると町の入り口の扉が閉まる…
門番に心づけを渡して中に入れてもらったとか。

7c17368998df49bf8916de406952970d

古き良き時代の風景。~大阪くらしの今昔館 の風景~

2021年1月22日 (金)

■ご時世②

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
  テーマ〝ご時世〟②
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

ご時世とは(ご時勢とも言う): 時が経つにつれて変化する世の中。つまり「時代」のこと。

緊急事態宣言が出ている期間、このご時世ならでは&今しか見れない風景を意識して見つけてみる。

意図は2つ。
ウォーキングやランニングで身体を動かしながら行うと言う健康体力づくりのため。
もう1つは、テーマは何でも良いけれど、見つけやすい人ほど幸福度が高いからだ。→そう言う実験があった。

昨日見つけたのは3つ。

① 鬼滅の刃をもじったありがたい教え:

〝悪口は 己れを切り裂く 自滅の刃〟

今の時代ならではのありがたいお言葉である。

399f6898187f45cfa8cd8353df7b5f97


②マスクランの聖徳太子(飛び出し坊や):

聖徳太子がマスクをつけたのはたぶん時代の中でも今が初めてであろう。

A7302e1e0b6d467a8443742ddcfbf1d1

③アメリカ大統領…


桃谷なのに東大阪市のマスコットキャラクターの絵が貼ってあったりして、なんだかカオスな場所に、気になる看板がある。

各国のTOPの方々がマスクをして仲良くしている看板だ。

昨日、アメリカ大統領に新しく就任されたあの方にちなんで、さっそく看板が差し替えられていた。

7f14dcf8e2f7490e85275d2cb8ac206d

ちなみに、ついこの前まではトランプさんだった。

725f0d8667d843fdb4cc0aa66a453acc

そして、日本の首相が変わった時もすぐに差し替えられていた。
(この写真は2020年の6月ころ)

C7f2626cc7884071a928f5da66784493


クオリティが高すぎる…
時代をあらわす看板だなぁ。

はやくマスクを取って、三密なんか気にせずに、ワイワイ飲み会ができますように。

■【令和に想う江戸の暮らし①】弁証法的なくらし

グローバル化が進み、モノやコトがありふれて負の側面もチラホラ出てきてるこんにち、
鎖国下で限られたモノでやりくりしていた江戸の人の暮らしがとても素敵に見え、見つけたアイデアを日常生活にも取り込ませていただいている。

町屋を訪ねて街道をランングをするようになって、改めて日本の素晴らしさに気付くようになった。

今〝SDGs(持続可能な開発目標)を!〟というけれど、日本が古くから大切にしていることは、まさに地球にやさしい〝SDGs〟の暮らしである。


例えば、着物や帯。
半永久に着ることができ、ボロボロになったら半襟や小物などにリメイクできるのだ。
または、お茶。
お茶が飲みたくなったら、自宅でお茶を点てる。
茶室でなくても、お茶のふわふわした表面からも侘び寂びを感じ、見ていると心が落ち着く…。
まるで日本庭園にいる様。

18ad9a5a8e7b48c692769e40a893d2e8

Ef422d3fe09941e3ac4590facb35a9af

F29b18dab623402683b7019f78cfeb58


こーゆーことをしはじめると、消費しなくなってしまうのでホドホドに。消費はやっぱり楽しいし♬
…なので、弁証法的な考えを取り入れてゆるゆると過ごしている。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

弁証法とは、簡単に言えば「対立する物事から新しい見識を見いだす」方法のことである。
「正」「反」「合」という3つの要素を3段階に考えてよりよい考えを生み出していく。

〔たとえば〕

《1》「正」:あることが主張される
《2》「反」:「正」を否定・対立・矛盾する主張がでてくる
《3》「合」:正と反が保存されながら統合し、さらに望ましい考えが生まれる。
つまり、2つの対立する主張を大切にしながらより良くしていく、白でもない黒でもないグレーという良い色を作っていくような方法なのだ。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

Photo

ガッツリ江戸の暮らしはしない。
江戸と今の暮らしを大切にしながら、お互いの良いところを組み合わせて過ごす。

おでんのように仕切られているんじゃなくって、
〝令和〟というお鍋の中で色々な具が混ざり合っている楽しい感じ。

これが自分にとって、今とても楽で自然な暮らしなのである。

これから数回にわたって、〝令和に想う江戸の暮らし〟をまとめてみようかな…とおもう。


2021年1月21日 (木)

■四天王寺の七不思議

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

 四天王寺の七不思議

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

Bccf32c9924e4ef895369c147b26bca4

昔から四天王寺の七不思議と呼ばれているスポットがある。

●底なし井戸
●引銅鐘
●三面大黒天
●眠り猫
●石鳥居
●ポンポン石
●二股竹…今はない


個人的に、底なし井戸に興味を持つ。
写真に収めることはできなかったが、井戸の底から青龍がこっちを見てる…

Cdee93e2abd549ed8e8a206a568e7f31

「うお!」と思ったら、天井に青龍の絵が!

616fb6c9a4e64bd7870549c09768a0db




●底無し井戸

061e716d549440f3b827084a8b4f33f2

この井戸は、金堂本尊基壇下にある青龍池を水源とした霊水であり、天竺の無熱池に通じており、池を守護する青龍が棲んでいると伝えられてきたそう。
覗いて水面に映る龍に祈れば、たちまちに厄災を除くのだとか。
ありがたやー!


●引銅鐘

6b7c240e1bd74b089d3e1aa6b4eb8222

北引導鐘の音はあの世まで響くらしい…


●三面大黒天

B940556185cb44c8b997a2d71cdb3c22

五重宝塔一層目の北西角には、正面に大黒天・左に毘沙門天・右に弁財天を彫った瓦があり、どの方角から見てもその顔が見えるらしい…
なぜだか、キンキラキン!


●眠り猫

C2e054745519400fb1b000e5ec3e751d

聖徳太子を祀る太子殿には猫の門と虎の門の2つの門がある。
「虎の門」のトラは悪いものが入ってこないように番をしており、「猫の門」のネコは聖霊院にある経堂のお経がネズミにかじられないように見張り番をしているのだとか。
カワ(・∀・)イイ!!


こちらは虎の門

09cedf51244c4d76ae9ea6c585d93290



●石鳥居

E049c07c1a204c3cab739eecb888fc95

極楽浄土の門だとか…


●ポンポン石

A7f1cadaeaf945cd919e5121ed650120

石に耳をあてるとあの世の先祖の声が聞こえるとか…


●二股竹

F851bc367aef480abff7fde89c262f68

太子殿前の二股竹は根から二股になっていて、いつまでも離れない縁結びの竹としておみくじがよく結びつけられるそう。
しかし、今は残っていない。

C8b8d9085d924391a195017fbadd428b

昔から、四天王寺の七不思議は不思議であるから面白く…
謎を解こうとしてはいけない気がする(笑)

このご時世なので、聖徳太子もマスクですな。

4b9a3679228240c8a16fd02730285993

■七福神

୨୧┈┈┈┈୨୧
 七福神
୨୧┈┈┈┈୨୧

弘法大師と聖徳太子の月命日である21日と22日。

これまで中止になってきた〝市(イチ)〟であるが、今回は開催されるとあって骨董市へ…。
品揃えが妙にツボにハマるお店があって、そこで絵皿を1枚ゲット。
恵比寿天・大黒天・福禄寿に鶴亀が描かれ、なんとも縁起のいい皿。

F1275117b4ef488b8b01d54a221cd46b

七福神と言えば異国の神で、唯一〝恵比寿天〟が日本の神様と言われている。

恵比寿天は〝いざなみ、いざなぎ〟の第3子といわれ、満3歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい漂着した漁村の人々の手によって祀られたのが信仰のはじまりと伝えられているが、個人的にはいかがわしくも感じ、事実かどうかはわからない。

それはそうと、古代、日本のほとんどの漁村に漂着した死体に神異を感じる風習があったようで、それに大漁を祈念してきたと言われる。
壱岐島の印通寺浦に唐人神という祠があるのだが、中世の頃若い唐人の下半身が流れ着き、漁師によって祀られたという。
このようなことも〝恵比寿天〟信仰と繋がっているのかもしれない。

七福神にせよ、漂着した死体の信仰にせよ、どうして招福には異国の神が必要なのか…意味は深いところであるが、絵皿を眺めながら、早く安心して海外を行き来できるようになると良いな…と思った。

2021年1月20日 (水)

■ご時世①

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 テーマ〝ご時世〟①
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

コロナ禍のニューノーマルで始めた1人で走る街道ランも、緊急事態宣言&中山道-11℃で11月から停滞中。
しかし、近場でも歴史を感じながら体力づくりができるスポットはある。

168dd80d9bbf4544ab85e0ac61ab0904

そんなことで、元禄9年(1696年)の古地図と最近の地図を比較しながら、健康体力づくりラン。
ついでに大阪くらしの今昔館まで。→見学者は私1人のみ・館内は予防対策ばっちり!
お義母さんが着付けのボランティアに行っていたところで、1度足を運ぼうと思っていた。

E8896cf016ce4e288477eb4ca5d747cc

印象に残ったのは、江戸時代の町屋の風景に、このご時世ならではの様子。

呉服屋の上店と下店。

144786c8aee941728c32cbb7c1b5bd21

778e0b0c4bd941e5a28daac058b12e5f

Bfeac860e3344d0bbb8f481b64185304

D8dcc30c66034ea797788e41a2576c83

通常、上店は仕立て前の反物が、下店には古着が展示されているのだが、今はコロナ予防で古着が撤去され「疫病退散コーナー」に。
赤ベコやアマビエ、入り口には学芸員さん手作りの元三大師がかわいかった。
このご時世ならではの様子だな…。

ここは面白かったんで、また落ち着いたらBlogにまとめよう。

86d8dc8f134c4c699b2630b876da3a73

■【緒方洪庵〝適塾〟】洪庵のたいまつ

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 緒方洪庵〝適塾〟
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

最近「今興味がある人物は?」の質問に「大村益次郎」と答えていた。

044c7cbffa354c498bc19fafc71a0175

益次郎は靖国神社の入り口のど真ん中にドーンと銅像になっているあの人である…。

そういえば、益次郎も適塾に通っていたなぁ…と、健康体力づくりのランニングを兼ね、10年ぶりに適塾に行ってみた。(10年前の記事→☆☆☆

3cfd962ceac94beaa41a167f69b8e9c1

大阪市内の看板は面白い!交番案内はおまわりさんの形をしている。

83accec05993470988979296e1613a42

適塾の看板は??

Ba6559ca0149474f987df2237fc05150

Bb72111474c44fd18fe575239bdcc11b

32b3dc662d264a66a0dc8ce3b27ec5a2

804677e11966417bba217f81f90828b0

B95738bcc57e4d9f8a7e89b454f4236e


適塾は緒方洪庵が開いた塾であり、侍の子も町医者の子も農民の子も「学問をする」という目的で皆が集まり、先生は洪庵1人。
洪庵は、幕末における洋楽研究の第一人者として仰がれた医師・蘭学者で〝日本の近代医学の祖〟と呼ばれた人物。
木村益次郎も福沢諭吉も、わが故郷ゆかりの橋本左内も…全国から、適塾へ学びに集まっている。

8b1269868b144b7eb4f4868f62a74538

塾生たちの部屋。タタミ一畳に1人が寝泊まりしたそう。

De0f427e267849458e5db978358a0855

さすが幕末…刀傷?血の気の多い塾生たちか…はたまたいたずらか…

832f2373c7174612bf52251bbbe0d47c

お庭の様子。

C3985efe8f664c79882b1eefbd5698a0

教育に力を注いだだけでなく、ペリー来航時に艦隊に属していた米国艦船ミシシッピー号で、中国を経由して長崎に入った際、乗員にコレラ患者が出て日本にコレラが流行したとき、治療にあたりながら、治療手引書『虎狼痢治準(ころりちじゅん)』を発刊し、感染予防に尽力している。

┈┈┈┈┈┈┈

〈虎狼痢治準(ころりちじゅん)』の発刊後、さまざまな洋書が訳され江戸幕府が発刊した書物より〉

昔から大事とされてきたことは、

「身体と衣服を清潔に保つ」
「室内の空気循環をよくする」
「適度な運動と節度ある食生活」

など、今と何ら変わりはない…
┈┈┈┈┈┈┈
益次郎の灯を感じに適塾に行ったが、緒方洪庵の灯を沢山感じることに…
益次郎も緒方洪庵のたいまつの灯を受け継いだもんな。
誰から学ぶか?誰と過ごすか?で人間は変わる。
私も今、洪庵のたいまつの灯のおかげで健康に暮らすことができている。
緒方洪庵は偉大だなぁ…と思った。

4514601ab62f4770bea139c00e4aea05

書斎。美しい…

E342d3f5d7034d02a10cbd8bcb1ec5db

階段は急。

D8c9733dbed5473f91f9e0594be127be

26996bb090cf4c83a535fbd9e74aeba9