プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

読書・映画鑑賞・執筆活動など Feed

2021年1月12日 (火)

■備後護国ワイン

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
  樋口季一郎さん
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

樋口季一郎 陸軍中将ラベルの「備後護国ワイン」wine

83f210fb54ae43efa259d1f278262791

C1c6156c8f5e44bd98fb4655c74ee1d7

樋口さんのことは昭和史に埋もれていて教科書にも全く登場しない。
しかし、語り継ぎたいほど素晴らしい功績を残した人物であったということを、2020年 コロナ禍の自粛期間で読んだ早坂隆さん著のbook〝昭和史の声〟と言う本で知った。

F801aa920600436fb92d0cb566499304

〝人を大切にする。民衆を大切にする。これこそ宝である。〟この精神は、古事記にも日本書紀にも百人一首にも登場する 日本人が古くから大切にしてきた精神であるが、樋口さんは人を大切にする友愛の心を貫いた人である。

氷点下20度の極寒の地 満州とソ連の国境オトポールで、ナチスの迫害から逃れてきた大勢のユダヤ人難民に、ビザを発行し救出した。
ユダヤ人へのビザの発行と言えば、杉原千畝さんが有名だが、杉原さんよりも前に多くのユダヤ難民を救出していたそうだ。

そののち大東亜戦争終戦後に、ソ連と陣取り合戦となった占守島の戦いで、北海道をソ連の侵略から守った人物でもある。
(ちなみに司馬遼太郎さんが唯一尊敬していた先輩 池田末男さんをはじめ多くの先人も北海道を守ってくれた。)

たられば…ではあるが、この功績が無かったら、日本も今ごろ1つの国がいくつかの国に分かれていて内戦が起こっていたかも知れない。
戦争は二度とあってはいけないもの。
たらればの美談にするのは良くないが、事実は教育で丁寧に学びたかった。

自分が平和に暮らせていることへの感謝の根っこには先人達の功績がある事を忘れずにいたい。
備後護国ワインは、樋口さんが広島県の福山の連隊長を担っていた時期があったことに因んだご当地ワイン。
広く知られていない樋口さんだが、ワインのラベルにして商品にすることは、それをきっかけで樋口さんを知る事もあるから素晴らしい取り組みだと思う。

ワインをいただきながら、先人たちに感謝し、今一度〝友愛の心〟について考えたい夜。

22a38e87ab85444d8e32c4e858e40956

なんと、ワインに漫画がついてきた!
 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

〝歴史を知ることは物知りになることではなく、日本人とは何者かを知ること。〟

肝に銘じよう。

2021年1月 8日 (金)

■【連載・監修】シオノギ健康通信・栄養アップ対策

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 シオノギ健康通信
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

C2abc93eed574efda237ef95f29d3720

連載させていただいている〝シオノギ健康通信〟
2021年1月号は「栄養アップ対策」
食事や栄養を見直して、免疫力を上げようという内容。

3d0ae048929c4a138f65dd7c9f231c88


私はリンパ管で運ばれる栄養の事やリンパ節がある場所を解説し、身体を動かす重要性を提案させていただいている。

また免疫力を上げるリンパ体操を監修している。

なかなか自由に行動しいくい時期であるけれど、適度に身体を動かして免疫力を上げましょう。

1月号には食と運動でウィルスに負けないアプローチと、免疫力向上についてのアイデアが記載されている。

お手に取った方はぜひ。

2020年12月25日 (金)

■えんとつ町のプペル 鑑賞

□■━━━━━━■□
えんとつ町のプペル
□■━━━━━━■□

まだ映画ができるかわからない頃、クラウドファンディングしたり、西野さんのコミュニティやセミナーに参加していたツレ。

そのおこぼれで、私もずっと西野さんの知性や努力に親しむことができていたのだが、とうとう完成した〝えんとつ町のプペル〟を観てきた。

6b7a45c55f97443ab0a20640816be641


完成した…ということもだが、その過程を追っていた私たちにとっては、なんだか一緒に作った作品の様で感動極まりない。

そして、頑張っている人たちにとっては、ルビッチが自分の姿に重なるので、熱い涙が…。

みんなが力を合わせてできることをし…応援され、周りは西野さんに踊らされているのではなく勝手に踊りながら映画を作ってきた。

今後ももっともっと素敵な夢をどんどん実現させていくのであろう。
楽しみである。

2020年12月20日 (日)

■好きな映画ベスト10…答えられる?

〝1番好きな映画は何?〟って質問の回答は困ってしまうが、
〝ベスト10は何?〟と聞かれたらいくつかは答えられるだろう。

なーんて思って書き出してみたら6つくらいしか思い出せないのが脳が筋肉!!
悲しく寂しく乏しい…。

もう少し文化や芸術に触れて心を豊かにしたいなと、ポツポツ映画鑑賞を始めている今日この頃。

最近見た映画「マイ・インターン」

6a216f05568f426d98fe27216c80aa21


女性社長と高齢者インターンで雇用した70才の部下との友情ストーリー。
寒い夜にこころをほっこりあたためたカイロみたいな映画だった。

70歳のベン役のロバート・デ・ニーロが素敵過ぎるshine
私もシニアになった時、ベンの様なシニアでいたいし、
ロバート・デ・ニーロのようにかっこいいシニアになりたい。


さて、ベスト10を回答できるようになるのはいつかな。



ネットを開けば情報があふれかえっている。
そんな情報に頼って、自分で調べて、自分で出会って、自分で思い感じなければ〝空っぽ〟で、〝ぺらっぺらの一反もめん〟の様に薄っぺらだ。
自分を作るのは自分自身。

この映画は、誰かが見てたから観ようしたものではなく、自分で調べて、自分で出会って、自分で思い感じた映画。

記憶の肥やしとなり、今後も印象に残るだろう。

2020年12月 9日 (水)

■おこんじょうるり

おこんじょうるり。

生物科学者の福岡伸一さんは
「皮膚も内臓も筋肉も骨も…人間の細胞は日々生まれ変わっているのだから、変わらない自分の存在は無くて、実は日々新しい〝わたし〟である」と言っていた。
脳の細胞も新しくなっているのであれば、昔のことを覚えている脳はすごく不思議で面白いと思う。

図書館で見つけた絵本〝おこんじょうるり〟

9a35e9047aeb4a1e9f715950c76323b7


35、6年前かな…。中学生の頃の細胞はどこにも残っていないはずなのに、表紙を見ただけで中学時の記憶がよみがえるのはスゴイな…と思う。

文化祭で行う劇〝おこんじょうるり〟で役を決めるのに、全登場人物のセリフを読んでみようということになったのだが、キツネが唄う浄瑠璃が一体どういうものなのかわからない。今であればネットで検索したらすぐにわかるんだろうけど。
当時のレコード屋さんで浄瑠璃のカセットテープを買って研究して真似て、セリフを読む日に準備したら…

「本格的すぎる」とキツネの役に即決してしまった。

極力セリフも出番も少ない役を狙っていたから、浄瑠璃の謎に興味を持った自分を悔やむ。
そして、キツネ役に決まった日から文化祭までの間、キツネの浄瑠璃の練習と、毎晩本番でセリフが全部ぶっ飛ぶ夢を見ていた記憶がある。

中学時代の細胞はどこにも残っていないのに、〝おこんじょうるり〟の絵本を見るだけで、切なく悲しい劇のストーリーと、誰も期待してないのににこたえようとしていた緊張感を身体に感じるのが不思議だ。

で、先日〝中学校の同窓会〟…という連絡があったのだが、みんなあの頃の細胞はどこにも残っていないんだろうな。

2020年12月 2日 (水)

■【エクササイズ監修・連載】体操で体温をあげて免疫力アップ

連載させていただいている〝シオノギ健康通信〟
2020年12月号は「冷え対策」
冷えを改善し、体温をあげ免疫力を上げようという内容。

Df94c17ff66f421a875fa4f78a54f548

56eaf93afea34370b9b1bfbd597f4699

末端冷え性改善体操のリクエストがあり、監修・提案させていただいている。

企業に出向くときや人と会う時など、コロナ過ということもあり、私は毎朝体温を測ることが習慣になっている。
自分の平熱を把握するには、毎日体温を測るとわかってくるが、一般的に35度台は低体温と言われる。
本誌・農学博士によると36.5度以上で免疫力が活性化するという。みなさんはどうかな?

体温をあげるには、熱の発生源である筋肉をつけることと動かすこと。
天然のカイロである筋肉をつけて動かして冷え改善につとめよう。

12月号には食と運動で冷え改善をするアプローチと、免疫力向上についてのアイデアが記載されている。

お手に取った方はぜひ。


2020年11月27日 (金)

■健康サポートプロジェクト

2009年ごろにダニエル・ピンクさんの〝フリーエージェント社会の到来〟という書籍を読んだ。
今は新装版が出ている。

Photo

初版が出版されたのは2002年のことなので、今からもう18年前の書籍だ。

〝フリーエージェント社会の到来〟を読み衝撃を受けた。
何に衝撃を受けたかというと、当時は自分でフリーランスと言いながら、フィットネスクラブのプログラムアドバイザーをしたりレッスンしたり。
あちこちのフィットネスクラブをかけもちし、フリーランスと言いながら実はフィットネスクラブの庇護(ひご:かばってまもること)を受けていたのだ。
※これは、仕事としての割合はかなり減ったが、現在も続けさせていただいている。


フリーエージェントとは、ひとりで働き、組織の庇護を受けることなく自分の知恵だけを頼りに、独立していると同時に社会とつながっているビジネスを築き上げた人々を指す。

フリーでありながらフリーではない…ということに気付き衝撃を受けたのである。




これまでは一つの会社に長く勤め続けることが良しとされてきたが、そうした時代は終わる…そんなことが書かれている〝フリーエージェントの到来〟は、アメリカの話。
日本はそのような流れには大きく遅れをとっているのだが、コロナ禍の今、まさにフリーエージェント社会が日本にも到来しているような気がする。




2011年の1月に健康サポートプロジェクトを立ち上げた。

健康サポートプロジェクトとは、運動指導で健康の輪を広げようというプロジェクトで、運動指導のプロとして様々な形のプロジェクトにかかわっていこうというもの。
会社に雇用されないので、1つのプロジェクトが終われば任務遂行でそのプロジェクトは解散である。

来年の1月1日でちょうど10年になり、9年間継続させているサービス。

この9年間で数えきれないほどのいろんなプロジェクトにかかわらせていただいた。
いただいた実績の積み重ねで、リピートしてくださっていたり、新規でご依頼くださったりと、今もコロナ禍だというのに忙しくさせていただいていることが本当にありがたい。

今は2人で活動しているのだが、正直人手が足りないと感じる時が増えてきたので、運動指導者仲間に声をかけプロジェクトに参加していただくこともチラホラ出てきた。
そこまでに9年はかかりすぎかもしれない。

フリーエージェント社会の到来なので、今後も雇用することは無いのだろうが、プロジェクトに関わってくれる仲間が増えたら、健康の輪が広がっていくだろうな…と思っている。

新装版、〝フリーエージェント社会の到来〟をもう一度読んでみようと思う。

Photo_2

2020年11月 8日 (日)

■断捨離勝負の日々

Photo

年末に向けて掃除をし始めました。


今日は、レンジ回りや五徳。
シンクやお風呂場などの水回りを徹底的に…
水あかでくもった鏡やステンレスなどは、重曹+クエン酸でピカピカにshine
茶しぶで色の付いたマグカップも真っ白に。

それから床や壁紙なども綺麗にしてみました。

場所や用途に合わせて、洗浄剤を使い分けたり、道具を使い分けたり…汚れが綺麗になっていくのはワクワクします。


年末のゴミの日は数少ないので、今年こそはゴミを持ち越さないようにしたいもの。

燃えない小物のゴミの日も11月で終りだったりするので、ここ数日が断捨離の勝負だったりします。

D92373729ea74527978871db7bddbedf



以前、カレン・キングストンの〝ガラクタ捨てれば自分が見える〟という本を読みました。こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」bookも好きでしたが、カレンさんのは、読み終わらないのに「やばい…ガラクタ捨てないと」と途中からモノをガシガシ捨て始めるように…。

捨て始めると、自分がいかにガラクタに囲まれて生きているか…ガックリきます。
でも、モノを捨てると暮らす空間も脳もクリアになったような気分になるのがガックリ来る以上にスッキリして良いです。
身体も動くし結構な運動量にもなります。


カレンさん曰く、捨てるか捨てないかの判断基準は3つ。

①見たり思い出したら、自分が元気になるか?
②自分は心からこれが好きか?
③本当に使っていますか?

自分に問いかけて、ガラクタを処分したと思います。

部屋のごちゃごちゃは精神のごちゃごちゃ。
家は自分の内面。
ガラクタは疲労させる、無気力にする。
過去にとらわれる。
肥満になる。運動不足になる。
感性を鈍らせる。
エネルギーを停滞させる。


こんなん見ちゃうと、整理整頓、掃除、断捨離したくてたまらなくなりますね。

年末に向けて頑張りますよ。

2020年11月 5日 (木)

■【エクササイズ監修】老後に自立した生活を送るためのヒント

[老後に自立した生活を送るためのヒント…]

シオノギ健康通信2020年11月号。
執筆&体操監修&エクササイズモデルさせていただきました。

E64072c80b3e4473a03f6fdc94b1ddbc

今回のテーマは「老後のQOLを変える」
QOLとは、Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の略。日本語では「生活の質」と訳され、幸せで快適な毎日が送れているかを表す指標の事です。

11月号は、幸せで快適な毎日が過ごせるためのヒントがギュッと掲載されています。

わたくしは、歳を重ねると多くの方が悩みとされる〝排尿トラブル〟をどう防止していくか?排尿予防に期待できるトレーニングを紹介しています。

D0a43ed862bc427b83cc778afebb15d5

私も、幸せな老後を過ごすために、今のうちからトレーニングです。

お手に取った方は、ぜひ読んでくださいね。

2020年10月 2日 (金)

■【体操監修】食べる事を生涯楽しむために…

[食べる事を生涯楽しむために…]

904424d393114ef9a08b123fe4bf47d2

シオノギ健康通信2020年10月号。
執筆&体操監修&エクササイズモデルさせていただきました。

03553e4ae008454395458e69444e23a2

今回のテーマは「食欲で免疫力を高める」
わたくしは、生涯食べる事を楽しむための、
飲み込む力を鍛える体操を提案しました。


もしかして…
マスクをする機会が増え、誰かとおしゃべりする機会が、これまでと比べたら減っているかもしれません。

おしゃべりをするときや飲み込む時は、顔や舌の筋肉を使います。
しかし、舌や顔の筋肉を使う機会が減れば、飲み込む力も衰えてしまいます。

10月号では、顔や舌の筋肉を使うことやセルフでできる発声トレーニングを紹介しています。

〝いつまでも、自分の意志で…自分で動く〟

これは私が生きる上で大切にしているキーワードでもあります。

いつまでも自分で食べる・飲み込む。
いつまでも自分の脚で歩ける。
いつまでも自分でやりたいことができる。

自分の意志で行動できることは一生の課題であり、
誰もが手に入れたいこと。

身体は魂の宝箱。
丁寧に長く使わせていただきたいものです。
適度な運動・栄養・休養のバランスを大切に。

お手に取った方は、ぜひ読んでくださいね。