プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« ■スーパーの棚からサバ缶が消えた日 | メイン | ■天国に1つだけ思い出を持っていけるとしたら… »

2018年6月 1日 (金)

■リハビリ 2018/6/1

今日はリハビリ。


Dsc_3942_3

(緑の色が濃くなってきました。夏も近いですね。慈眼寺です)

1527828707731_2

(私が歩けないこと2週間。お散歩もお預けで…一番被害を被っている家族dog


慈眼寺往復とワンコの散歩の合わせて約3㎞を
2時間程度ゆっくり時間をかけながら歩いてきました。



階段の上りはぎこちない動きながらも、
右足は2段とばしのフロントランジで…
負傷している左脚は、1歩踏み出す時に回り込みながらも1段上れるようになり、
なんとか左右交互に階段を登れる様になりました。


階段の下りは、まだ横歩きでしか下りれないので、
右から横に降りるを10回したら、左から横に降りるを10回…繰り返しながら下ってみました。


下りは上りの時よりも、膝の屈曲(曲げる動作)と伸展(伸ばす動作)の角度が大きくなるんだなぁ~と、
改めて下りの関節や筋肉にかかる負担を再確認できました。
(これに重力等の衝撃がプラスされますから、下りは筋骨格系に大きな負担をかけますね。)


そして、普段は無意識に膝を曲げ伸ばししていますが、
伸縮する皮膚や筋肉の存在が、とっても有難いと感じました。


昨日も記事にしていますが、足裏や、膝などの関節には
メカノレセプターと言って人が安定した行動をとるために必要なセンサーが集まっています。

左膝の曲げ伸ばしが出来ないだけで、上半身が前に倒れるのを確認できました。
関節周辺や足裏は姿勢にとってとても大切です。

改めて思う事。
人の身体の機能って良く造られていますね。
ほんまに素晴らしいです。



平地はロジャーというダンスステップで…。右足先行で進む…。
右の内転筋(ももの内側)の筋肉が直ぐに疲れるので、
弱いんだな~と再確認。今まで見えなかった弱点とゆっくり付き合う時間です。



怪我した当初は全く歩けなかったし、
しばらくはトレッキングポール無しでは歩けなかったけれど

1日1日少しずつ回復しているのが喜ばしいです。

しっかり栄養と休養と程よい運動でがんばります。

Dsc_3944

(いつもは山頂まで行きますが、慈眼寺裏のみはらし展望台が精いっぱい。いつもお会いするハイカーさんたちに、早く治してねってエールをいただく。)

Dsc_3946_2

(紫陽花の季節です。色んな紫陽花が…)

Dscpdc_0003_burst2018060110340273_2

Dsc_3948

Dsc_3947

Line_1527817070620

(今日も、びんずるさん≪撫で地蔵≫にお願い)

Dsc_3949

(ニャンコはくつろいでます。ポカポカ陽気のいい天気でしたね~。久しぶりに少し歩けてうれしいですheart01