プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

最近の記事

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

[フィットネス]海外研修リポート Feed

2007年6月26日 (火)

スイスのフィットネスクラブ見学①

今朝は早朝で、高校の授業に行って参りました。

・・・体育館、暑すぎる!! (@´_`@) 

生徒も自分も「熱中症」にならないように、水分補給を呼びかけていきたいです。

金沢で見たローカルTVニュースの「天気予報」では、「熱中症予報」がありました。降水確率を表すみたいに数字化していてビックリ。

紫外線予報は知っているけれど、最近では「熱中症予報」もあるんですね。

6月に入り梅雨と言っても、多少雨が降るくらいで暑い日が続いていますもの。

琵琶湖では水不足。温暖化で雪解け水が無いことが原因らしいです。四国も水不足らしいですよ。これからまだまだ暑くなりそうなので、「熱中症」気をつけましょうね。

Img_0652_3 さて、今日はスイスのフィツトネスクラブ見学レポート①です。

スイスのミグロス(大手食品会社)が「fitness park」と言うチェーン展開するフィットネスクラブを経営していて、そのうち3店舗を見学させてくれました。

「健康も大事だけど休息も大事・・・」というテーマで、フィツトネスゾーンとウェルネスゾーンに分かれています。今日はフィツトネスゾーンを紹介します。

Img_0660 フィツトネスゾーンでは、全ての人の欲求に答えられるように100種類トレーニングできるマシーンが準備されていました。

この写真はNAUTILUSの新製品で消費カロリーが2倍になるマシーンだそうです。右足と左足の傾斜を変え、コーディネーショントレーニングと有酸素運動が一度に出来る優れものです。

またマシーンエリアには上級ゾーンが設けられていて、そこにはマシーンプラス、沢山のフリーウェイトがありました。これは・・・筋トレファンはたまりません・・・。

Img_0672_2スタジオは2つあり、ガやピラティスが人気ですが、夜になるとスピニングやBTS(ボディパンプ)などのパワー系が人気。エアロビクスではシンプルなSTEPは根強い人気だそう。トレーニング志向が強い様です。

朝、お昼間はシニア層の利用が多く、夕方から夜にかけて若者の利用が多くなるそうです。日本と違うのは昼休みにあたる12:00~14:00の時間帯にビジネスマンの利用が多いそうです。

Img_0706 写真は、梅さん!!

ここでも人気のブルブルマシーン!!!(会員料金+別料金だそうです)

日本と違うのは、「ただ、乗っているだけで痩せる!!」じゃなく、ブルブルしながらトレーニングします。

腕立てしたり、スクワットしたりしていました。かなりキツイようです。

Img_0708ブルブルマシーンの近くには測定をするチェックコーナーが充実していました。

背筋のアンバランスを測るバックチェックや足の安定感をゲーム感覚で測定するもの乳酸値測定・有酸素測定の機械など・・・

私だったら「絶対メンバーになっているだろう」と思うくらい素敵な施設でした。

さらに、ウェルネスゾーンは素敵です。お楽しみに~♪

2007年6月23日 (土)

思い出の場所

Img_0568

海外研修の続きです。

バッドベリンゲン、朝の散歩の様子。

朝は小鳥が鳴き、その声で目が覚めます。

空気が澄んでいて、とても爽やかな気持ちになりますよ。

ここは、私の田舎にある「大野」「勝山」に、似ています・・・小さい頃は、「自然」に囲まれすぎていたので「自然」に対する思いが無かったのですが・・・今となっては貴重!!

丁度バッドベリンゲンは、季節的に緑豊かで花がある時期だったので、本当ラッキーでした。

では、一緒に散歩しましょう・・・Img_0562 写真達をクリックすると、大きくなります)

ここはホテルから研修会場に抜ける道でもありまして、4年前も何回か行き来しました。

この道を抜けると公園があり、研修会場です。毎日、新鮮な空気を吸いながら勉強。やっぱり自然はいいですね~

Img_0593いつもここでお世話になっていたハインツ先生が、スイスに行ってしまうので、「ここへはもう来れないかも知れないね・・・」と思い出を写真や目に沢山焼き付けました。

      (´o`)ノ

Img_0590

誰もがここへ来ると、1度は噴水の前で写真を撮ると言う「穴場」です。

すごくいい場所でしょ???

Img_0583 はい!

研修会場着きました。

さて、今日は散歩レポートでした。

日本では散歩する暇あったら1分も長く寝ていたい・・・と思うけど、ここへ来ると散歩させるのが不思議ですね~。

みなさんは散歩してますか~~???

では、今から金沢に行って来ます♪

2007年6月22日 (金)

ジャイロトニック受けてきました

Img_0516

引き続き、海外研修レポートです。

6月11日と12日はスタジオ「BEWEGT」(ドイツ語で「動く」と言う意味です)で、ティル先生のジャイロトニックセッションを受けました。

ティル先生は以前体育教師の経歴があり、ミュージシャンやダンサーが来る医療施設にもお勤めだったそうで、筋肉や身体のメカニズムを解りやすく説明しながら私の身体を改善してくださいました。

私の右つま先は、大きく外に向いていて、見るからに両足がアンバランスなのです。しかし、セッションが終わった後「あ〜ら不思議・・・」なんと!まっすぐでした。

私は日本にいる時も「やる方」ではなく、もっぱら「される方」!!

ジャイロ(螺旋)トニック(調子を整えるとか言う意味)の事について詳しく語れませんが、色んな効果があるようです。

可動域をつくり、動きをつくる。(それも無駄の無い効率の良い動き)

普通、雑巾を絞ると縮みますが(この縮みが痛みをつくります)、ジャイロは伸ばしながら絞っていくような感じなので関節と関節の間が詰まらず無理なく行えます。身体も改善され、しかも動きやすくなるなんて最高!

とにかく素晴らしいエクササイズですよ。ドイツにて身体で体感・納得してきました。また来月からO先生のセッションを復活させようと検討中です。

Img_0522 写真はティル先生(40歳)

スタジオ「BEWEGT」を1人で切り盛りしています。

このスタジオ、とっても素敵でしたよ〜。

壁にかけてある絵は、全部お母様の作品・・・

ティル先生もかなり男前で素敵!!

みんな先生のハンズにメロメロでした(笑)

では!また〜

2007年6月21日 (木)

アクアモーション

Img_0461今朝は通勤列車が大幅に遅れ、朝から走り続けている私。

海外ではユッタリとした(・・・そうでもないか)時間を過ごしていたので、遅れはちょっとした生活のスパイス。ようやく日本に戻ってきた感じ。

さて今日は、ドイツ研修レポートの続きです。

6月10日・11日の2日間かけて、ドイツ(バット・ベリンゲン)で『アクアモーション』を習得しました。これは、メッチャ気持ちいいプログラム。

身体、精神、魂がリラックスする事を目的としたプログラムと言われ、体験してみて本当にそう!そう!そう!おおおおお~でした。

重力から開放される気持ちよさ・・・お母さんのお腹にいた時の記憶は無いのだけれど、きっとお腹に居る時ってこういう感じなんだろうな~・・・なんて、いろんな事を思いました。

水の中って砂嵐が聞こえるんです。

お母さんのお腹に居る時は、砂嵐が聞こえるそうで、生まれた赤ちゃんがTVの砂嵐を聞くと落ち着くらしいのですが・・・まさに水で体感!!(これは、ローマで明け方3時から朝にかけて石井ちゃんと話していて、その時に教えていただきました。翌日それを偶然体験できたのがビックリ!!本当にシンクロニシティです)

なんとも表現できないくらい気持ちよく、終わった後には皆さんの表情が優しいものに変わっていました。

心も身体も、頭から足の先まで満たされ『満足』の1コト!!癒されました・・・

Img_0499_2教えてくださったシルビア先生が言っていた印象的な言葉、「相手を癒すことが私の癒し」だと・・・

おお!!これぞ、、、究極の愛。

そんな「アクアモーション」を行うには、自分もリラックスする事、優しくなること、相手の心を受け入れること・・・(心を受け入れると書いて「愛」と書きますが)コレ、必要だな~と勝手に思いました。

このプログラムは、34~36度の温水プールで行うもので、水温が低いプールで実施するには、少し私の智恵をしぼらなあかんみたいです。

とりあえず(-_☆)V習得してきましたよ。(写真は石井ちゃんと私、スッピンでごめんなさい)

皆様の前に登場するのはいつかな~???(笑)

2007年6月18日 (月)

ローマのスポーツクラブ見学

Img_0235_2日付が変わりましたが、日曜は終日養成コースでした。エアロからアクアの養成を担当したので、ぐぐぐ~っと血糖値が下がっています。

しかし、生徒の成長を見たら(*´▽`*) 疲れが吹っ飛びましたぁ~。

さて、今日はローマのスポーツセンターについてです。

忘れかけていましたが、そういえば・・・ローマの観光では施設訪問をしていました。

「ROMAN SPORT CENTER」

マシンジムでは見たことの無い機械を沢山見ることが出来ました。

特に驚いたのは、トライアングルフォーメーションで向かい合いステッパーに乗りながら腕を挙上し、上腕三頭筋を鍛えるような摩訶不思議な機械です。(正直、やりたくないです・・・)

また、ほとんどがテクノジムの機械で、背もたれや椅子には、クラブのロゴの刺繍がされ高級感を漂わせていました。

スタジオは3つあり、1つはボスバランスやスピニングの部屋、2つ目と3つ目は主にグループエクササイズを行う部屋。

マネージャーに人気のプログラムを訪ねると、スピニングが人気だと言っていましたが、スピニングだけでなく、音楽に合わせて行うプログラムは人気が高いそうです。

プログラム参加は自分の意思ではなく、コースが決められていて、運動処方にあわせて参加するようです。

丁度、エアロビクス(脂肪燃焼コース)のクラスを見ることが出来ましたが、インストラクターも参加者も音楽から外れ自由奔放・・・見事バラバラ。

ニーリピーターの数・・・ビックリするほど反復されていたり、エンドレス∞レッグカールだったり・・・エアロビクスが日本に上陸した頃を思い浮かべました。

でも、参加者は笑顔!! シンプルな動きのぶん、しっかり動き、脂肪を燃焼させながら音を楽しむ・・・そんな印象かな。こりゃ・・・確実に痩せるかも???? 

          ┌|゜з゜|┘└|゜ε゜|┐┌|゜э゜|┘

また、プールやスカッシュコート・エステ・レストランがあり、とっても素敵なスポーツセンターでしたよ~!!

あと、スイスでも素敵なスポーツセンターを3つ訪問しています。お楽しみに♪

2007年6月16日 (土)

あんまり無いこと・・・

Img_0369いろいろ観光し、凄すぎて麻痺してきました。

もっとゆっくり見たいのに、
時間が無い事もあり、そ
の上ローマのテンポはハイスピードと来ているので次々と名所に跳んでいきます。
・・・しかも歩いて。

後半も様々な所へ
行ったけど、正直全部一緒に見えました。

それくらい建造物が絵画のようで素晴らしく、
ローマのテンポが速くスゴイって事ですよ〜。

そういえば・・・観光途中では、
訪問中の○ッシュ大統領が乗った車とも遭遇。

ローマで○ッシュさんに会える(車ですが)なんてラッキー!!
だって
あんまり無い事ですもの。

Img_0233

さて、ここからはホテルに戻り、
荷物を持って、研修会場であるドイツのバッドベリンゲンに移動予定です。

そのため夕方からローマの空港に向かうのです。
丁度
ホテルに荷物を取りに戻った時、
ホテル近辺でデモ行進中でした。

デモ行進中なので、ホテル前までバスが入れなかった様です。

爆竹は鳴るわ、煙は上がるわ、大音量で音楽が鳴る中、
荷物を持ってホテルから少し離れた
バスが待機している所まで向かわなければなりません。

目の前にはデモ行進のすざましい列・・・

ガイドの鎌倉さんが、「わたります!!!」

ええええええええ!!!!!
わたりますって ( °o° )  
こっ、ここを・・・・・

そう!デモ行進の中を、
スーツケース引いて横断するのです。

皆、頭の中に「死」と言う字がよぎりました。

手に汗握る・・・

無口になる・・・

危険そうな人が絡んでくる・・・

パンパン鳴っている・・・

明日の新聞に載るかも・・・

本当にあまり無い事を体験しました。
みんな無事でよかった〜

Img_0285写真は平和な時。

○ッシュ大統領が車で通過する瞬間です。

奥が大統領が載っているかも知れない車。

デモは怖くて写真には取れなかったけど、脳裏にはしっかり焼きついていますよ。

Img_0357

そんなこんなで、大興奮のローマをしっかり満喫しました。

さよなら!ローマ。

コロッセオ(コロッセウム)

Img_0341グラディエーターやベンハーで出てきた剣闘士が競技する円形闘劇場です。

カラカラ浴場の売店で、日本語で表記したコロッセオの絵本を読んでいたので、かなり複雑な気持ちでここを見学しました。

ここは300年にもわたり市民を夢中にさせた場所で、

人間や動物が血なまぐさい闘技会が繰り広げられていました。

Img_0355 もともとは円形だったらしいのですが、

石は教会や宮殿に使われた様で、今は壁の半分が無い状態す。

こんな建造物をわずか8年で完成させて今も残っているくらいなので、やっぱり人間の力ってスゴイです。

カラカラ浴場

Img_0321















プール指導者なら、1度は行って見たい
カラカラ浴場です。

AEAの養成を受けた時、今野先生がカラカラ浴場について熱く語っていたので、
とても興味深く、いつかは行ってみたいな~とは思っていたものの、
正直、ホンモノを目にするとは思ってもいませんでした。幸せです。

ガイドの鎌倉さん曰く、
一般のローマ観光では、ほとんど行く人がいないらしいので本当にラッキーでした。

ここは3世紀前半、ローマ市民のためにカラカラ皇帝が造ったスパ施設です。

浴場に入る前に、体操室があり、入浴前に身体を動かしたとみえます。

3万㎡もあった浴場は高温・中温・低温の浴室に分かれていて、
この辺りはスーパー銭湯とよく似てて
今も昔も求められるものは同じだなぁ~と感じました。

屋外にはプールがあり、庭で散歩をしたり食事が出来たり、
また浴場以外でもマッサージや図書室、礼拝堂、劇場があったみたいなので
なんでもありの究極の娯楽施設だったようですねー。

ヨーロッパといえば、混浴(前に来た時…入ったことあります)!

しかし、混浴が始まったのはつい最近らしく、
ここカラカラ浴場でも男女別々。
時間帯によって性別で使用できる時間が決まっていたそうです。

写真のこちらは、Img_0320カラカラ浴場への入り口です。

壁はなんと30mもあります。

1日に75万tの水を利用し、
(教科書やガイドによって違いますが)
1度に1600~2400人が一度に入れたそうです。

昔は水が豊富だったのですね。

こんなバカデカイ浴場。
水も沢山いるし、どうやって温めたのだろう?



当時は、プールの壁面に

「In aqua sana eat」(Water is healthy)~水は健康に良い~

と彫られていたそうなので、当時から水と健康も切っても切り離せない関係だったことがわかります。

しかし残念な事に、今回どこを探してもその文字は見当たりませんでした。

今はもう無いみたいです。


そういえば・・・コロッセオに石を持っていった様な事聞いたので、
少しずつ浴場の石がリサイクルされていたのかな・・・

誰か、文字の行方について知っていたら教えてくださいませ。

Img_0319









→これ、カラカラ浴場のチケットなのですが、裏の絵は何故かコロッセオでした。

~水は健康に良い~ の文字が見たかったな。

Img_0324
カラカラ大王といえば、
リューマチの持病をプールで全治させた人ですが、
朝夕、プールで手足を動かしていたらリュウマチが治った事も有名です。

そういう意味でも、昔から水中運動や療法はとても素晴らしくこれからも可能性が無限大。

プールで出来る事がまだまだあるのではないかな~と確信しました。


写真は、浴場の遺跡や壁の壁画です。

Img_0328今でも使えそうなくらい、タイルの色やデザインが素敵でしょ。
タイムマシーンで、3世紀中ごろに戻り、この究極の娯楽施設を利用してみたくなりました。

きっと・・・息をのむくらいのスケールなんだろうな。

Img_0336







アクアのルーツといわれるカラカラ浴場をこの目で見る事が出来とても幸せ。

アクアの素晴らしさや水の効果を最大限に突き詰めて、
ヨーロッパに負けないくらい日本の水中運動を盛んにしていきたいです。

ここに来れてよかった♪

2007年6月15日 (金)

ローマ4大聖堂の1つ

6月9日(土)

またまた朝の散歩にフラフラでかけました。

もちろん注意して歩きましたよ!(笑)

Img_0273_4偶然にもホテルの近くにローマ4大聖堂の1つ「サンタ・マリア・マッジョーレ教会」がありました。

ここは、聖母マリアのお告げで造られた教会だったらしく、マリアにささげられた教会です。

丁度、1番のミサの時間で、中に入れてもらう事ができました。ラッキー!!

中には聖書の36場面が描かれ、ミサをやっていた堂内の天井は、マリア様がいらっしゃいました。マリアに見守られ、教会じゅうに響き渡るパイプオルガンと聖歌がとても美しく心に染みました。

口が開きっぱなしの私・・・こんな朝のスタートもいいものです。

Img_0277パパちゃん曰く、雪が積もらないというローマは、朝食を、屋上テラスにて食べるのがトレンドらしいのですが、この教会は聖母マリアが「数日のうちに雪が降る地に教会を建てよ」とお告げし建築されたようです。

観光外の行動でここへやってきてしまったので、パパちゃんには聞く事は出来なかったのですが、この辺は積もらないくらいに雪が降るのかな。

8月5日のミサには、雪に見立てて白い花を巻くそうですよ。

写真(下)はオベリスク

オベリスクは教会の目印。

ローマ市内の教会の前には必ず建っています。

Img_0280まだ、夜があけて数時間しかたっていないので、オベリスクの像の頭上に月がほんのり見えます。

とてもキレイ・・・

さて、朝ごはんが私を待っているのでホテルに帰りま~す。

教会の鐘の音を聞きながらの朝食はイタリア人になったみたいで気持ちいですよ!

では、また~。

パンテオン

パンテオンです。

完全なローマ建築(アーチやドーム型を取り入れた建築・・・だったと思う)の遺跡です。

Img_0194パンテオンの中も聖書の絵が沢山描かれていて神聖な感じでしたが、

聖書よりビックリしたのが、内装に柱が無いことです。

石で出来たドームを柱無しでどうやって今まで保てたのでしょうか・・・

やはり、人間の力はすごいです!!

Img_0201 ドームの中心は空洞で、直接太陽の光が差し込みます。

雨の日はどうするの?とパパちゃんに聞くと、「雨?ん??はいってくるよ~」と簡単に答えていました。

ちゃんと水はけが出来る造りになっているそうです。

まぁ、雪は積もらないそうなので・・・

Img_0195外の風柱はコリント式なので、かなり手のこんだ建物と見えます。

ああ、もっと美術史を勉強しておけばよかった~

(;>_<;)

この後、スペイン広場を通り、ローマのスポーツセンターを見学し、1日中歩き続けてかなりの運動量・・・

美味しいビールで締めくくりました。