プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« ■対面授業始まる | メイン | ■スパムおにぎり »

2020年9月22日 (火)

■走る旅:東海道&中山道〔25〕第51次 太田宿~第50次 伏見宿

※リアルタイムのログではありません。数日前のログになります。

Photo_2
〝人間一生 物見遊山…〟

これは江戸っ子の人生観を表す言葉。

生まれてきたのは、
この世をあちこち寄り道しながら見物するためであり、
せいぜいあちこち見て、
見聞を広めて友だちを増やし、
死んでいけばいい…と考えていました。
わたしはこの言葉が好きで、自分もそうしたいと思っています。


京都三条大橋から、お江戸日本橋まで
東海道&中山道69次。
江戸時代の人は、江戸から京都までの135里34町余(約540km)㎞を歩いていたそうです。

出張や用事に合わせるので
宿場の順番通りにはいきませんが、西から東へ。
物見遊山しながら…自分の脚で走って一本の道をつなげてみようと、旅をしています。

東海道が太平洋の海岸沿いを通るので「海道」
対して中山道は、東の山中を通過するので「中山道」
東海道とともに日本の二大幹線道で、中山道は近世以前から「東山道」と呼ばれ西国と東国を結ぶ主要道でした。

▼中山道:
江戸・日本橋~東海道・草津宿の67継立(67次)
草津宿と大津宿を含めて69次という場合もあるので、このログ上では、
69次135里24丁8間(約540km)で表記します。


コロナの様子を見ながら、感染予防して
〝うつさない・うつらない〟の心がけをして
名鉄鵜沼宿駅~第52宿 鵜沼宿~第51宿 太田宿~第50宿 伏見宿~第49宿 御嶽宿~名鉄広見線 御嵩駅 24㎞走ってきました。

レポートの容量が多いので、
24kmの道中のうち、太田宿~伏見宿
として一部を記録します。

■太田宿~伏見宿(9㎞)

 ●太田宿の高札場

いよいよ太田宿に入ります。
高札場は、幕府からの掟を掲げた看板。
ルールを守りましょう!

太田宿の高札場は、今は道標のみで遺構がありません。

7bd1c349de6a4af1a8d30a4b805527da

太田宿の街並みです。

A225366e58f24242815ebe8d44e32b27


●太田宿中山道会館

館内には江戸時代の街並みを再現した展示室があります。
喫茶があり、このあたりのお年寄りが楽しそうに集っていました。

9f14d6ccb8fa4d3a828c68f1d760ab58


●エノキとヤドリギ


エノキに生息するヤドリギ。
エノキの枝に鳥の巣のような青々とした緑の小枝のかたまりが「ヤドリギ」

大地に根を張らずにまるで宙に浮いているようなその姿は、
エノキに寄生していると判っていても不思議な植物。

まるで、太田宿で一休みする旅人の様です。

89930276a43140959a986b3874cfd32a

974929f2a2d54f668e90bd7f7b53d0ee

中山道会館では、お年寄りが作った手作りのものが販売されていました。
中山道で消費しようと決めたので、
わたしも1ついただきました。

リバーシブルバッグです。
着物を楽しむときに使わせていただきます。

購入額に合わせてクジが引けるイベント中で、
若あゆのお菓子が当たりました。

甘くてお餅が疲れた体に沁みてすごく美味しかったです。

E583147e8ded4d1d8ca96122ce8f8cb7

江戸時代を再現した展示室。

髪結い屋。
成人式の時、友達はふわふわした頭をこさえてもらってたのに、
わたしはなぜか日本髪でした。
すごく嫌だったんですが、今となれば貴重で自慢できること。

もう一度日本髪を結ってほしいくらいです。

57e2359a13a14ee0ac07c6339501cbc2

2de7beb17d1a45caaf31d478422e9df6




●太田宿本陣門


福田本陣跡。今は門だけが残ります。
皇女和宮様が徳川家茂に嫁ぐときにつくられたという門で、1861年ものです。
木曽のかけはし、太田の渡し、うとう峠の3つの難所を控えた宿場で栄えたそうです。

本陣1
脇本陣1
旅籠20
家数118

9da00722c7f0405bb57a6b64ea793030

玄武ですかね。立派ですね。

02ccae68031444c28e5ab4f72fe02ea7

571e03ec870540d78ebe7efb4c607ce3

街並み。。。
レトロでノスタルジック。

どの宿も〝うだつ〟が立派です。

A95be57038ec4a40ac03a44ce8249aad

旧太田脇本陣林家在宅 隠居家

中は開放され見学できます。わりと庶民的な造りでした。

4a7cfa6800b1435591c0630933c72d74

2fe3ceaa0e774ff891558625f2c52187

●御代桜

明治26年の造り酒屋です。

18c471579bf04ddc989a945d776717eb

●魚徳

岐阜市場から直送仕入れた新鮮な海の幸を豊富に使った魚徳オリジナル「海鮮丼」が味わえます。
太田宿で旅を終わるなら、食べて帰りたかったくらいです。

A6710bb40d3e4d9392313850b5456017

●飛騨街道追分

法華経塚は、埋葬地(墓地 )の入口に建てられた石碑だったと言われています。
ここから少し東に行くと、飛騨高山へ向かう飛騨街道の追分があります。
飛騨高山への道標なんですね。

Dcb63dcff55d48c78b38cacff878974d

389d3599bfeb400abc6415cdc5d70704

●夢街道

障がいを持つ方が手作りしたものが販売されています。
お店の前に出て、〝わ!走ってる!!すごい!!がんばれー〟と応援してくださったので、
一番高いのを買いました(笑)

絞り染めの巾着です。

御嶽まで行くというと、〝熱中症に気を付けてね〟とヤクルトをいただきました。
ヤクルトと楽しいお話をありがとうございました。

817aeee0a8124a3aaa4231395a13e287
9220faa66cdd4bafb2960a450e40f034

夢街道を過ぎると旧中山道は木曽川沿いです。

18bd85d9c89b4afd99e9aa55794a16cc

岡本一平さん(漫画家)
岡本太郎さんの父親です。
この方の絵が大好きなんですが、この太田宿あたりが終焉の地だったんですね。

70448cd1ef634138a36323ea1dbe8c67

●太田の渡し(今渡の渡し跡)

「木曽のかけはし、太田の渡し、うとう峠がなくばよい」と歌われた太田の渡し。

木曽川の急流で川底も深い太田の渡しは、難所の1つと言われてきました。

今は太田橋が架けられ難所ということは無かったですが、
確かに橋から川を眺めたら…川幅も広く流れもあり、ここを渡るのか!と思うとお尻がぞくぞくしました。
増水した日なんかは足止めを食らってしまいますね、

6c90d43860044292aa610474c51598a5

61fa09ccc59b4bb3b466aeaba92b0cc6

●広法堂

529834753a574969983738dec8b9b55b

●恵土一里塚跡

ここから300m東に塚があったそうです。

662c28c5f35c468f8c0a71ecb04ec7f3

●播隆上人の名号碑

美濃は、槍ヶ岳開山の播隆上人の名号碑が沢山残っています。
播隆上人は自らの修行だけに生きた念仏行者ではなく、山を下り里に至っては念仏の布教につとめ、民衆とともに生きた方でした。
太田宿の林家で死去したという説もあり、美濃で念仏の布教をしたのでしょうか。
 

Ec97704b46ec479bae113844897555f7

いよいよ伏見でしょうか。
伏見郵便局を改造したカフェ。

めっちゃレトロでいい感じ。
着物で訪問したいです。

D0de085139894575bdb465f2d94bcf9a

D3ddabbda77246f091ab5f1b6d70a058

●伏見宿とラクダ

あちこちにラクダの絵があります。
オランダ商人が幕府にラクダを献上しますが、幕府は受け取りを拒否。
ラクダは興行師の手に渡り、3日間伏見の松屋に滞在したそうです。

47256a6bcf024fa699018dc47fa3fba2

●伏見宿本陣

今は遺構はのこらず、道標のみですが、
本陣1
脇本陣1
旅籠29
家数82
の宿場でした。

他の宿より90年余り遅れ中山道の中では一遅れて宿場になった地。

山城の伏見には似つかぬわびしき村なり…と蜀山人(しょくさんじん)は記述しましたが、
電車も国道も通り、暮らしやすそうでした。

伏見宿には女郎塚…といって身寄りのない飯盛女を供養する塚があります。

旅籠などの宿泊施設ではで遊女を雇い入れる行為は法律で禁じられていましたが、宿でご飯を盛る飯盛女は黙認されていたようです、飯を盛って遊女のような存在の方です。

そこへはなんとなくいかないほうが良いかなと行っていませんが、
そのような存在の方が多くいたということ。
当時の女性の役割と現代の女性との違いを感じながら、伏見宿を後にしました。

Bc2334642ed24533ab464c4781b9946c

次はいよいよ御嶽(御嵩)宿です。

1d0cf61c5b284b2892788a02c05d6973

【ウォーキングやランニングをする上での注意】

●高温多湿の梅雨や炎天下の夏の季節は、帽子をかぶったり、こまめな水分補給をしたりして、充分な熱中症対策を心がげましょう。
●思った以上にコンビニがありません。行動食を持っておきましょう。
●トイレは駅やコンビニがほとんどです。事前に場所をチェックしておきましょう。
●自販機はあるコースと峠越えなどは自販機が無いコースもあります。余分に水分を持参しておきましょう。
●お天気が急に変化しますので、レインウェアを持参しましょう。
●救急グッズを持っておきましょう。
●ローカル線は電子カードが使えないことが多いので、電車賃を準備しておきましょう。

 

【走る旅・アーカイブ】

記事更新中→走る旅: http://kenko-support.lekumo.biz/junkosakata/runtabi_nakasendou.html