プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
Powered by Six Apart

日々のログ・エッセイ Feed

2021年11月27日 (土)

■瓢箪から駒

76c7b35f031a4ceca81050f89ef6aad2

B8dbb51fef054eae83bf18083ff6b655

瓢箪から駒

瓢箪から駒が出る」は「思わない所から思いがけないものが出てくる様子」

--------------------

ここ1ヶ月以上、土曜夕方のアクアレッスンで使うマイクの調子が悪く、デッキから離れると声を拾わなくなるのです。

ずっとマイクを使用せずに、マスクをして飛沫を防止し、肉声でレッスンしてました。
アクアは基本対面指導だです。
コロナ禍なので、マスクをしても、肉声で大きな声を出すのも遠慮してしまいます。

今日は、思い切って指導位置を変え、デッキの側を離れない様に指導させていただきました。

お客様とはちょっと距離が離れてしまうのですが、
マイクも声を拾うし、お客様はプールからデッキを見上げなくて済むから離れている方が見やすいとの声もありました。
なんだか瓢箪から駒でした。

しかし、コロナ禍の指導は、気を張りますね。

67a89d86c5474ff08b59f8e6cda6cb7a

本日の帰宅ジョグです。
歩きとランの間くらいでゆっくりゆっくり走りました。陽が落ちるのも早くなりました。
そろそろランウェアは黒はやめたほうが良さそうです。

2021年11月26日 (金)

■隙間時間に

トレーニングはランニングだという最近再会できた方。
共通の話題に花が咲きます。

「とにかく仕事が忙しくて走る時間がなかなか作れない…」とおっしゃっておりました。

解る!わかる!

私も「よしっ!」走りに行くぞ!というような時間が取れないことが多いので、もう何年も職場から職場への移動の時間を利用して走っております。

みんさんは、トレーニングの時間をどのようにつくられていますか?
お客様は、この曜日のこの時間は決まってトレーニングの時間と決めている方が多いようです。
見習いたい!

さて、こちらは昨日の移動ラン。
日が暮れるのが早くなりました。

13e1d0a185ff4d9391e5a9ff55510e72

こちらは、本日の移動ラン。
毎週金曜日は、ワンちゃんのはるちゃんに会います。

Cf68e807be1f477eb965e8804bfc33c3

今年の春にやってきたから、はるちゃんだそう。
いつも飼い主さんにお会いすると、「はいっ!はしっておいで!」とリードを渡してくださるので、50mだけはるちゃんと一緒に猛ダッシュします。

季節の変化や出会う人やことを楽しみに…。
はるちゃんに会えるのも楽しみに。

隙間時間に継続しますよ。

2021年11月25日 (木)

■整理の月

Photo

今月の自分は、

不要なものは処分する
人間関係を整理する
無駄な時間を減らす
重荷になっているものや人から離れる時間。

これを心がけて実行すると運が開けるそうなのですが。。。

だいぶん処分できたモノやコト、整理したモノやコトもありましたが、
なかなか進んでおらず、気が付いたら11月末です。

来月はとうとう師走。
あと数日、色々整理したいな。
みなさまは、整理や大掃除を始めていますか?

2021年11月24日 (水)

■石の上にも三年

箕面山と言えば、いつもランニングスタイルでまいりますが、今回は和服で紅葉狩りmaple
きもの大好きな女子様達✨と箕面山散策と龍安寺拝観とランチ会です。

9ea75fd317b94e7a9f6a3dd274d7a20c

グループエクササイズの指導シーンでは、膝と爪先が外側に向くダンスステップが多く、それを何十年も継続し外転筋が強い…。
早い話ガニ股なのです。

着物は足回りがタイトなので、ガニ股や大股ではなかなか歩けず、常に足が閉じた状態。
腿の内側に力が入るので、着物で歩くことは、私にとって星飛雄馬が付けていた大リーグボール養成ギブスのような感じ。

今日は〝じゅんこガニ股改善ギブス〟で、ちょっと長い距離を歩き内転筋のトレーニングがバッチリできました。

568a2182391f4f22b28fc92f930bc06f

A4d7cb9852d94c4d9b792149e9599cf0

8d5ccc4822c8450ea444523c12b23e64

9e16f9b1a5904187a347d55b87c18e63

あと、コーディネートなのですが…年齢のことを考え、落ち着いた色の着物を着てみたけれど…
maple枯葉みたいに老けてしまいますね。
秋はもっと明るいのを着ようと思いました。

ふだんは、ジャージやランニングスタイルでいることが多いから、ガニ股が改善され、和服をお洒落に着こなすには相当時間がかかりそうな予感。

しかし、内転筋のトレーニングをして、足の回転がまっすぐ前に運べれば、走る・歩くのスピードもアップしそう。

0709f1cf1b384865838dbb01e539017b

「石の上にも三年」
和装も内転筋のトレーニングも…がんばりましょうっと。

※座敷で道行コート脱がずにすみません

2021年11月23日 (火)

■新嘗祭

今日は、新嘗祭(にいなめさい)

B52f3b19d0c64b2e90c600cec9a191ad

神棚へ、お米と清酒(いつもは水)とお塩をお供えし、日の丸を出し、
五穀豊穣への感謝をお伝えし1日をスタートしました。

国民の三大義務は、日本国憲法に定められた日本国民に課せられた3つの義務のことで、
戦前は、教育の義務、納税の義務、そして兵役の義務でした。
戦後は徴兵の義務が、勤労の義務に変わりました。
そして、新嘗祭が勤労感謝の日に変わりました。

勤労が義務だなんて…なんだかへんてこで、五穀豊穣や太陽や自然環境に感謝する日のままでいんじゃないの?なんて思いますが、

まぁ、ダブルで感謝。
働けることに感謝して過ごします。
そして、お米も美味しくいただき感謝したいです。

2021年11月22日 (月)

■しんちゃん先生

写真は、高2か高3の時のスキー合宿で、
担任のしんちゃん先生とクラスの女子全員と記念撮影したもの。

755426032262448bb504f7dffcfed576

同窓会にも行けずだったし、卒業してからお会いして無いけれど、
おおらかで、いつもニコニコしていらっしゃったことを思い出します。
しんちゃんの一番の思い出は…

「じゅんち!髪が綺麗やから、卒業しても絶対に染めたりパーマかけたりするなよ」
って言ってくださったこと。

若い頃、髪を染めたりパーマかけたりするたび、しんちゃんの言葉を思い出して
「あいたたた…」となっていました。

今はカラーもパーマもやめてるので、先生の言いつけをちゃんと守っていますよ。

マーチングバンドを指揮する姿がイキイキしてメッチャかっこよかったな。
写真を見返すと、しんちゃんが若いこと!

誰にも若い頃があり、花時があって…
しかし、若さは必ず衰えていくし、
生老病死の四苦からは逃れることはできません。

自分の思い出や人生で関わった方が天国へと旅立っていくたびに、
我も必ず生老病死を迎えるのだと、考えてしまいますが…
心を明るく持って、楽しく老いてゆきたい。先生、わたし…できますかね…。

しんちゃん先生、天国でも楽器を演奏しているのかな。
ほんま、いい先生だったな。
ありがとうございました。

2021年11月21日 (日)

■思うこと

8月末のことになります。

今まで通りお出かけ出来なくなり、着物を着る機会もグンと減ったという事。
きびしい状況が続く職人さんを応援するという企画が呉服屋さんでありました。

その時、シンプルな縞の反物に目が止まりまして、
「じゃ!応援しましょうか」と、山形で織り上げられた紅花で染めた「紅彩華」と呼ばれる紬をいただきました。

ようやく、出来上がってきましたので本日いただきに行ってまいりました。

9c095c729cce499f98d6f267a04ca797

昔から「一枚の着物に帯3本」という言葉があります。

1枚着物をいただくと着物に合う帯まで欲しくなってしまうものなのですが、着物が何枚誂えるのだろう?というくらい、帯のお値段の高いこと。
「着物1枚に帯は着物の3倍」という言葉の方が正しいんじゃないかなと思います。

そんなことで、帯まではとても手が出ず買えませんでした。

0a8433957d76440a8ee57b4c17ede569

A4af9c17bf7e45f98199e0946a4bec75

計算機を弾き出し、軽自動車1台買えるお値段から中古自動車が買えるお値段へと変わっていきましたが、お店を介して一体いくらの利益が職人さんのもとへ行くのだろうか…と考えてしまいました。

ネットが普及する時代。
呉服屋さんには申し訳ない考え方かも知れませんが、ネットを使い自分でうまく売れるようになったら〝きびしい状況が続く職人さん〟も絶滅せずに済むのかな…なんて、自分の立場にも置き換えてみながら…誂えていただいた着物だけを受け取って帰りました。

でも、久しぶりに大きな買い物をして、今まで出なかったものがドッサリ出た感じで、めっちゃ気持ちが良かったです。
またがんばって働きます。

2021年11月20日 (土)

■昔から

昔から、自分の脚で、行きたいところへ行って、知らなかった風景や経験に出会う…感じる…思う…。
これは、昔から人が求めてきたこと。

古事記・日本書紀。
更級日記、蜻蛉日記、東海道中膝栗毛…などなど。
そして今読んでいるセブンサミッツの1つ、アジア最高峰のあの山での出来事を小説にした「空へ Into Thin Air」(→これは悲劇な結末のストーリーだけど)。
などにも、旅での「こと」が記されています。

6fd12dfda20449cda0f8b48508db96ab

「先生!高知へ行ってきました!!」と、いつもレッスンを受講してくださっている80代のお客様からお土産をいただきました。
探し回ってもなかなか無くて、残りの1つを見つけてくださった様です。
そして、思い出話を聴かせていただきました。

91d8a5a378c74008a31e267c499e891d

人生100年時代。
いつまでも、〝出会う、感じる、思う〟ができますように。
今日もサポートさせていただきましょう。

2021年11月19日 (金)

■再会

運動指導者さんを教育させていただくお仕事をしていた時に、講師としての経験やチャンスを沢山与えてくださった方との再会。

9602a3c9af9e41d79e34f9f4e2598300

4d7a02d9ee7f4572826ba776e8031f24

(picは2007.3.1 学びの経験をいただいたロンドン)

今は、お互いにあの時のステージを卒業し、別々のステージにおりますが、運動を普及する志と行動はともに相変わらず。

4487a69989e94192bf541ee03540f4ef

C7244da8419c4a8dbeff4d518936839f

04922391d75644f18de9fabca7dab042

思い出話、現状、これから期待できることの話に花が咲き…
その上、思想は人それぞれなので、
うかつに誰にでもできない政治や宗教の話までも盛り上がれるとは思ってもみなかったな。

まだまだできることが、
沢山あると感じた日。
がんばろう日本。
がんばろうわたし(╹◡╹)
楽しかった!

2021年11月18日 (木)

■らく

仕事の前に読んだ本。
「白洲正子のきもの」

8f749c68fae043a381de1f05ae11d3db
はぁ…とためいきが出るくらい、白洲正子さんの素敵な着物を沢山拝見させていただきました。

ここしばらく執筆活動が忙しく、着物に袖を通す機会がありませんでしたが、
読書でパシッとスイッチが入ってしまい、帰宅後 久しぶりに着物を着てみました。

青の大島紬に、昨日買ったピンクの名古屋帯でお太鼓を作って合わせてみる。

それはそれで良いのですが…帯揚げに帯締めに…なんだか重い。
もっとカジュアルに着ていたい。

今朝読んだ白洲正子さんのご本によると、ふだん帯は半幅帯にしてらくに着ていた様です。
その一文を読んで、私の心もらくになりました。

お太鼓をほどき、ピンクの半幅帯でカルタ結びで合わせてみたら、すごく動きやすい。

がんばっちゃうと続かないから。
張り切って着物を着るのではなく、意識しないで着たい。
サラッと普段着を選ぶ様に…。

何でもそうかもね!

運動も、かしこまって準備したり、張り切ってするよりも、
らくに楽しくできるものが続きますね。