プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« 2020年11月 | メイン | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月31日 (木)

■2020年・大感謝祭

2020年。
コロナウィルスによって色んなことがあったが、今こうして31日を静かに過ごせることに感謝である。

毎年年末になると、家族そろって奈良の大神神社へお礼参りに出かけることが恒例となっていたが、今年はコロナと雪のことを考え控えたので、いつもとは違ったゆったりとした年末となっている。

恒例といえば、年末に翌年の干支をよみ、新しい年をどう過ごすのか見通すことを、かれこれ10年以上続けている。

去年は12月30日に翌年の干支をよみ、庚子という干支から「更新する。形を変える・受け継いで成長させる・進化・スピード…」というメッセージをいただき、2020年の目標を決めていた。

振り返って見ると、コロナで否応なしではあったが、今までやってきたことを更新し、形を変え、成長させた。それも短期間でスピードと瞬発力が必要だったのでネズミのような動きをした1年だった。
まさに2020年は〝更新・変化・スピード〟の1年だったといえよう。

今年は12月中旬から翌年の干支よみをはじめ、31日にまとめている。

Photo
□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□

│  2021・辛丑

□∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞─∞∞□


●安岡正篤〝干支の活学〟より

▼丑の意味…
母のお腹にいた子供が体外に出て右手を伸ばした象形文字。
今まで曲がっていたものを伸ばすというところから、〝はじめる〟〝結ぶ〟〝掴む〟という意味を持つ。
丑に糸偏をつけると紐になる。
〝説文解字〟の書物には、牛は紐(はじめ)なり12月(旧暦)万物動き、事を用いるに手をあげるときなりとある。
〝漢書律暦志〟という書物には〝子に増え芽生えるが、丑に伸び悩んでいる形〟と解している。

▼辛の意味…
いままで下で伏在していた活動エネルギーが上に向かう。
いろんな矛盾、闘争、犠牲を含むためにつらい・からいということも出てくる。
〝白虎通〟という書物に、辛は〝殺傷〟の意味を含むということが書かれていて、これは前年の庚を受けて「更新することを断々乎(だんだんこ:断固を強めていう語。態度などが非常にきっぱりとしているさま)として実行していかなければ、必ず殺傷をふくむ、からいめ、つらいめにあうぞ」と書かれている。

───────────────────

●2019年に学んだ四柱推命から自分で読み解いたこと

辛は金で、丑は水を多く含んだの土。

鉱物や金属の多くは土の中にあり、掘ることによって金属を得ることができるので、泥水で金は直ぐには見つからないが牛歩で前に進むこと。
[水害・土砂災害(4~6水)(10・11土)→気を付ける]

金は、肺や呼吸器系に気をつけるキーワード。
前年度に続いてコロナ対策継続。
───────────────────

●まとめ

〝牛歩・持久力(継続)・結ぶ〟のキーワード。
丑はゆっくりゆっくり着実に進む象徴。
また物事を変える意味。
なかなか進まずの伸び悩むが、昔からの努力や夢をあきらめず長期的に牛歩で進めば変わる。
できることで、ご縁を結び・つなげ・力を合わせて頑張っていこう。
コロナ対策は引き続き続けていくこと。

こんな2021年の見通しができた。
キーワードをもとに丑のようにどっしり動いていきたい。

───────────────────

コロナでみんなが大変だった今年1年。
関わってくださった皆様、
相変わらずお付き合いくださった皆様、

お客様、企業様、家族、友人たち…
本当にありがとう。

健やかな良い年をお迎えください。


*☆*―――【感 謝】―――*☆*   

2020年12月30日 (水)

■除夜の鐘

□■━━━━━■□
  除夜の鐘
□■━━━━━■□

弟が2人いる。
もう両親は他界したので、唯一この世で血がつながっている人たちである。

Adb5cd97a44b4868b0b928b45702b75c

真ん中の弟からは、恒例の手打ち蕎麦が届いた。
本当にありがたい。
弟2人達からギフトが届き、目の前に姿はないけれど、まるで兄弟会をしているような感覚になる。

手作りのニュースレターより…
━━━━━━━
感染拡大の続く今、改めて〝除夜〟の意味を再確認し、江戸時代中期からと言われる年越しの風習のひとつ〝年越しそば〟を食べながら、普通でよい、平穏な新年の訪れを願いたい。
大晦日の夜0時をまたいで寺院には「除夜の鐘」…の音が鳴り響く。
撞かれる数は煩悩の数ーーー108回と決められている。
大晦日 ここに生きとし生けるもの…良いお年を!
━━━━━━━
とある。

不思議なことに、コロナのおかげなのかせいなのか…今年はしっかり大掃除をして年越しの準備をして子供の頃に過ごしていた年末のようなあたたかい時間になっている。
これ…弟たちをはじめ家族のおかげでもある。

〝除夜〟の意味を再確認し、年越しそばを食べながら、普通でよい、平穏な新年の訪れを願おう。

C37e0e7dcd3c454783d0123949fe6cd7

※写真は子供の頃3人で撞いていた除夜の鐘。

●108の煩悩とは

眼・耳・鼻・舌・身・意(知覚)
×
好き・普通・嫌いを感じる
×
けがれる・清める
×
現在・過去・未来
=108

(手作りニュースレターより)

■習慣化

□■━━━━━■□
  習慣化
□■━━━━━■□

Photo

今年は大掃除を例年にないほど徹底的に行っている。
ずっと気になっていた本棚を整理した。

風水的に言えば、紙は溜め込まないほうが良いので捨ててしまおう…ってな感じなのだろう。
しかし、執筆や監修の仕事をするときに必要だし、読んだものは、本の感触や重み、デザインや色など5感で記憶しているので、気が付けば壁一面本…まるで本屋の様。

本屋の素晴らしいところはジャンル別・出版社別・著者別に整理整頓されていること。本屋で本を探すときにサッと見つけられる事にいつも感心させられる。

〝モノを元にもどす技術〟という書籍を読んだとき「散らからない仕組みはモノを元に戻すことを習慣化すること」と書かれてあった。
こんなシンプルなことがサッとできてしまえば、家で本を探すときも時間がかからないのだが、なかなかできなく時間を探し物の時間に費やしている。

そんなことで、この際せめてジャンル別に仕分けてしまおうと奮闘してみた。

┏◆ 
┃ 本のジャンル
┗━━━━━━━
ブレイン(脳)
身体の学問/医学/解剖学/生理学
ボディワーク/ボディケア/東洋医学
ランニング
ウォーキング
トレーニング
メンタル
コーチング
山/動物/自然/地図
宇宙/物理/生物
歴史
先達の教え/古典
自己啓発
街道
言論
エッセイ
くらし/料理/着付け/和裁,洋裁
━…‥…━…‥‥…━…‥‥…━

改めて書籍を整理してみると、自分を形成しているジャンルが何なのかわかってくる。
ニーチェは曙光の中で〝考えは言葉の質と量で決まる〟という。
今後も間違いなく自分を形成する本は増えてくるだろう。

だからこそ、モノを元に戻すことを習慣化したい…と年末に書いてみた。

2020年12月29日 (火)

■あったかいんだからー♬

弟が2人いる。

もう両親は他界したので、唯一この世で血がつながっている人たちである。

福井で開催されるウルトラマラソンに出場するときに合わせて兄弟会をしようと約束をしていたが、今年はコロナで約束は実らなかった。

一番下の弟から、故郷を思い出す〝福井のうまいもの〟が届いた。
ほんまは実家の畑で作った野菜を送りたかったけど、出来が悪くてまたね!って。
あたたかいなー。
ありがとうね。

D2295a12596e4933b8a058d41ea3f42f


来年は帰省して、兄弟会もしたいしお墓まいりもしたい。

明日からグンと冷え込み、北陸は大雪になる予報。
みんなが、よい年末年始を迎えられますように。

2020年12月28日 (月)

■足して100説

Photo

何がどうしてしまったのかわからないけれど…コロナ禍をきっかけに、忙しさのエンジンがHIギアに切り替わった。

昔お世話になっていた経営コンサルタントの方がよく言っていた〝足して100説〟に当てはめれば(何か減ったら別の何かが増えて。何か増えたら別の何かが減って。結局100になるという説)、今年の春は休んでいたこともあったので、その時減った分が今度はプラスに動いているのであろう。


とにかく働いて働いて働いていて、そして…仕事が終われば大掃除に明け暮れている。


また掃除することは、忙しさに拍車をかけるのだが、いっぱいいっぱいだった頭をスッキリさせ、すごく気持ちが良いい。なんだか、走った後やレッスンした後の感覚に似ている。


今年は毎日床ふきをこまめにしていて、断捨離も1年継続していたので、そんなに掃除をすることもないなーと思っていても、次々出てくるのは不思議。
これも足して100説なのであろうか?


今日は、お友達の美容院で髪を15㎝ほど断捨離してきた。
道中、偶然に数年前によく一緒に走っていたお友達と再会。
またの機会に一緒に走りにいく未来の約束を。
これも髪を断捨離したので、足して100説であろうか…。

すごくうれしい〝足して100説〟の日であった。

2020年12月27日 (日)

■混ぜるな危険

□■━━━━━━■□
 混ぜるな危険
□■━━━━━━■□

Photo

ここ2年程シリコンやケミカルを止めているため、シャンプーはノンシリコン、リンスはクエン酸で作っている。

なので、お風呂場で塩素系の洗剤を使う際、クエン酸が床に残っていないか確認してから使わなければ、有毒ガスに変わってしまうから要注意である。

93588d4565ac40e8988af0a2649edc91

7f36d0602bf948839479546af97cfaa2

クエン酸はカルキ・手垢・皮脂・油汚れなど、アルカリ性の汚れや臭いを落とすことが目的で使い、塩素は排水パイプを綺麗にしたりカビ取りなどが目的で使う。

しかし、目的や用途が違うものを混ぜてしまうと、毒になる。
まさに〝まぜるな危険〟である。

これは、人間関係の輪でもそうであろう。
例えば、運動して健康づくりをしたい目的の輪に、出会い目的やビジネスを広げたいという要素の人が混ざると場合によってはケミストリーもあるかもしれないが、蝕まれていくかトラブルになる確率の方が高い。
混ぜるな危険はどこにもあるなぁ…と毎年年末になると思い出す持論。


しかし、塩素系は臭いも刺激過ぎてキツイわな…

677af86b231647b28ac826d36fa9ffe6

2020年12月26日 (土)

■ゴミの山

スタジオBodyLuxの営業は29日までオンラインレッスンや対面レッスンがあるけれど、私が担当するスタジオレッスンは今日で終了。
あとは業務委託いただいているフィットネスクラブでのレッスンが残っている。

ここ数日1日1日レッスンが終わるたびに、大変な中来てくださってありがとうございます…と挨拶をしているが、2020年しめの挨拶はこれまでの歳とは違った気持ちでいっぱいである。


はぁーthinkトップギア入れて思いっきりレッスンしたかった。




朝、仲良くさせてうただいている人生の大先輩から

〝あれ大事 これも大事と ゴミの部屋〟

と言う川柳がラインで送られてきた。


ドキッとした。

ゴミに喩えるのは失礼極まりないのだが、
まだまだ捨てたいモノやコト、やめたいモノやコトがある。
コロナ禍で今まで以上にやることが増えたので、本当に大切にしたいモノやコト以外に手が回らないのが正直なところ。


そして、何年も気になっていたあまりワクワクしなかったコトをやめてみた。


エネルギーを分散させなくても良くなった分、クリスマスにやってきた朗報に今まで以上にエネルギーをかけていきたい。


年末まで〝ありがとう〟をこめて、しっかり仕事するぞ。

436c437f06a04fdfb6cbac0a896b2d9c

2020年12月25日 (金)

■えんとつ町のプペル 鑑賞

□■━━━━━━■□
えんとつ町のプペル
□■━━━━━━■□

まだ映画ができるかわからない頃、クラウドファンディングしたり、西野さんのコミュニティやセミナーに参加していたツレ。

そのおこぼれで、私もずっと西野さんの知性や努力に親しむことができていたのだが、とうとう完成した〝えんとつ町のプペル〟を観てきた。

6b7a45c55f97443ab0a20640816be641


完成した…ということもだが、その過程を追っていた私たちにとっては、なんだか一緒に作った作品の様で感動極まりない。

そして、頑張っている人たちにとっては、ルビッチが自分の姿に重なるので、熱い涙が…。

みんなが力を合わせてできることをし…応援され、周りは西野さんに踊らされているのではなく勝手に踊りながら映画を作ってきた。

今後ももっともっと素敵な夢をどんどん実現させていくのであろう。
楽しみである。

2020年12月24日 (木)

■ホワイトクリスマス

仕事終わりで待ち合わせ。
コロナ禍でも会いたい大好きな人たちと少数&ソーシャルディスタンスの会食。

場所は、仕事でお世話になった日本酒Bar〝心白〟さん。

C76370dfb600490e895deb112660e27d


クリスマスや年末のかき入れ時に時短営業となるお店に少しでも応援になればよいが、利用する私たちもしっかり感染対策して利用させていただかなければ…だ。

1109be2cdbf2414eb031ae43d9dc6c34

8752aefcd59d4bb8a970f0222e441d3c

美味しいお酒のオンパレードに程よく酔いしれ、
お友達との話に酔いしれ、
いい音楽に酔いしれる。
(心白さんは、メニュー以外に懐かしの曲をオーダーしたらすぐかけてくれた。)


+++—————————+++

●私のオーダー①:
フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ
Easy Lover

●私のオーダー②:
シンディー・ローパー
True Colors

+++—————————+++

コロナ禍により無我夢中で目の前の課題や問題に柔軟に取り組んだ1年。
心の瞬発力と筋力と持久力と柔軟性が付き、だいぶん強くなった気がする。


人を褒めることも感謝も本当に強くないとできないと聞いたことがあるが、
今、目の前にいる方に「10数年ありがとうございます!」と真っ白な心で感謝を伝えられるようになったのだから、
わたしも強くなったのであろう。


美味しいお酒と
いい音楽と
好きな人達と


ちょっとの時間だっけど、
こんな何気ない時間が最高の贅沢だと気付かされた2020年。
コロナ禍で、今年のクリスマスは特別となった。

A2ee4c90c61c471ca1af9af838e0ef84


⦿心白
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1丁目1番30号B.Nakanoshima5F

2020年12月23日 (水)

■promise

コロナ禍が来るなんて知らない、まだ行動制限のない生活をしていた頃のこと。


私は定期的に山の整備のボランティア活動に参加していた。
コミュニティの方々が人生の大先輩であることや、社会的背景を考慮して、当面参加は見送ることにしたのだが、ありがたいことに…メンバーの方は私の存在を忘れずに定期的に連絡をくださっていた。

桜の季節に、
〝この山の銀杏は美味しいよ。下処理は臭いけれど、処理はしてあげるから一度食べてみて。お楽しみに♬〟
〝先生くらいの顔の大きさの饅頭知ってる?今度見せるわ!〟
…と、人生の大先輩たちが、こんな忘れてしまいそうな未来の約束をしてくれていた。

そして…歳晩の頃、大きな饅頭と銀杏が届く。
なんと!しっかり覚えていてくれたのだ。

1a0b77ed6bb0406794b397aeac9f500e

F86fb928b861483abf753dccbed46b5a


+++—————————+++
どんなに小さなことでも 
自他に対する約束を守ることによって内的な誠実さが育成され 
自制心と自分の人生に対する責任を引き受ける
勇気と力が湧いてくる 
(スティーブン・R・コヴィー)
+++—————————+++

ネットが普及する前の世代を生きていた時は、メールやSNSで直ぐに連絡できない環境だったので安易な約束もしなかったし、破れなかった。
寝坊した友達との待ち合せは、お互い連絡の取りようが無いから、雪の中2時間待ったこともあったな。
無駄で、鈍間で、選択肢のない時代。
でもなんとなく責任感があって誠実な時代だったのかも。

〝無駄がなくスピーディーで選択肢の多い時代〟になっても、
〝無駄で鈍間(のろま)で選択肢の無かった時代〟での気付きを忘れずにいたい。

そんなことを人生の大先輩から届いた〝約束のモノ〟を見つめながら思った。