プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« ■[声のブログ]何でもない日 | メイン | ■日々進化 »

2021年2月16日 (火)

■ 自分新聞 大スクープ『宝物が見つかる』

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
 自分新聞 大スクープ
 『宝物が見つかる』
୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

先日は、自分にとって特別な日だった。
そんな特別な日のタイミングで、弟からの連絡。

〝おめでとう!整理してたら見つかったから、また郵送するわ〟と、私が生まれた時から使っていた母子手帳の全ページの画像を送ってくれた。

41956a9095644343ab62b5e16398ab00

!!!

思わず画像を見た瞬間、エンジェル・フォールの様にドドドと涙と声が出た。

Photo

もうすっかり無くしたと思っていた。

自分の出生時刻に興味を持つ頃は、物心ついたころ。
そのころには既に母は天国へいってしまった後で、祖母に「私って何時に生まれたの?」聞いてみたりしたけれど、「〇〇時頃だったと思う…」というあいまいな情報しか得ることができなかった。

仕方ない。
兄弟が3人いて、祖母も孫育てに忙しい真っ最中だったから覚えていられない。
数十年かけて 正確な自分の出生時刻がわかったことは、感動で心が震える。

----

毎年正月に、干支をよんで、1年こういう風に生きようという計をたてるのだが、一昨年に、少し掘り下げて勉強してみたいと四柱推命を学びに行った事がある。

四柱推命は、生年・月・日・時の 四柱を元に様々な運勢をよみといていくのだが、出生時刻はとても大切で 時刻がないと「時柱」が出ない。

自分自身を表すのは「日柱」なので、出生時刻がわからなくても〝まぁいいか…〟とも思うのだが、ピースが足りずに、何十年も完成できないパズルの様な気がして ちょっと寂しい気がしていた。

しかし、もう四柱推命の「時柱」のパズルピースはどうでもいいと思った。
なぜなら、送られてきた画像を1枚1枚見ると、私が発育発達していく過程や 検診や予防接種の記録が詳細に書かれている。

73020f004ca0452388429f6fe8a6de9f

F843b0604fe94bf8a42a21913f07231a

01c45a930b144de1942766dd14bb9bd3

母が、育児をしながら書いた筆跡や文から、あたたかい愛を感じることができたからだ。
不思議な感覚…目の前に母はいないけれど、自分の身体を介して母の体温を感じた気がする。
母子手帳もどんどんデジタル化しているから、データが残れば紛失の心配も無くなるのだろうが、やはりアナログの文字って、本当にあたたかいな…と思った。

※ちなみに、今朝この感動を人生の大先輩に聴いてもらったら「私の時はまだ母子手帳は無くて、家で生まれた」…って。「母子手帳」が配布され始めたのは1948年からだそう。

そんな時代に生んでくれてありがとう!
そして、弟よ!本当にありがとう。

94944f00126c4bc98db5bbd6cccb4581
↑ J・ピアジェ 久々に目を通しました。