プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■大阪を中心に活動する運動アドバイザーです。 ■専門は、ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ■【できること】 ①運動指導・栄養指導 ②出張健康教室・セミナー ③ランニング指導・セミナー ④運動指導者派遣 ⑤エクササイズ監修・健康についてのコンテンツ提供・運動や健康のコンサル・プログラム提案・モデル ⑥健康関連執筆 ⑦誰でも楽しめるリズミックウォーキング発案

検索BOX

FBやってます!

Twitter

  • Twitter

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE

ウェブページ

Powered by Six Apart

« ■いざ!山中湖へ【山中湖ロードレース!RUNの旅】 | メイン | ■INTI@富士吉田市【アウトドアショップ&イタリアン酒場】 »

2014年5月25日 (日)

第34回スポニチ山中湖ロードレースに出場してきました!【賢い水分補給とは】

1401357179526


大阪ではたらく運動指導者
健康サポートプロジェクトの坂田純子です。

1万4000人がエントリーする第34回スポニチ山中湖ロードレース。
ハーフマラソンに出場させていただきました。

(取引先あるスポーツサングラスの㈱DUKE様のご縁で、出場することになりました。)


ハーフマラソンは、2007年の国生みマラソン大会ぶり。

去年の大阪マラソンではフルを走っていて、そのタイムが惨敗だったので、
ゆるーく練習して、

今年はジョギングインストラクターになって、走る楽しさを知り、少し自信がついたはず・・・、

しかし、大会となるとやっぱり緊張します。


1401357176716


今回は、Cゾーン(結構前の方)からのスタートで、女性もTシャツにウルトラマラソン・・・と書いてある本気の人しかいません。

なんて、メンタルが弱いので
しょうか・・・。
めっちゃお腹が痛くなってきた。

でも、大会を進行するDJケチャップさんのトークが面白くて、緊張がかなりほぐれた様な気がします。

Img_20140529_180055


そして、DJケチャップさんと一緒に登場したのが、

昨夜宿泊したホテルで、エレベーターやレストランが一緒だったカラフルなジャージとシューズのおじさん。
すごくオシャレで「おしゃれなおじさんやな・・・」と噂してました。(たいがい、私もおばさんだけど)

それが、なんと!瀬古俊彦さんでした。
(顔解らなくてごめんなさい。もう忘れません!次に会ったら握手してもらおう!)
瀬古さんのしゃべりも、面白くて、お腹が痛かったのを忘れ
和みながらスタートすることができました。

山中湖周辺って、高地なんですよね。
普通に歩いているだけで息が上がる。
そして、何気にアップダウンがきつく、
気温も湿度も高い・・・
大阪マラソンのフルよりもシンドイ気がして、スタートしてから3kmで走るのやめたくなりました。

ハーフですから、みんな結構スピードを上げます。

前日まで古傷の足首が腫れてジンジンしていたのもあり、
マイペースで走ってましたが、他のランナーさんのスピードに押され、予定よりピッチUPしてしまいました。(予定は5:30/kmなのに、5:10/kmで走行)

7km地点では、大きな富士山が見える絶景ポイントになるのですが、
正直、うおーっきれいだな・・・って思う余裕はまったく無し。

目の前の富士山を動画で撮影するランナーさんや、
富士山を見ながらガッツポーズをするランナーさんもいましたが、
わたしは、マジで苦しく感じていました。
(i-podの中に入れていたAfrojackの「Ten Feet Tall」と富士山がめっちゃ合いました!この曲で頑張れた感じ・・・)

歩かないで完走する。

給水ポイントでは、いつもペースが乱れるので、ペットボトルを持参し、ポイントを目印に給水を行う・・・。


自分の中でこんな決め事をしていましたが、

Photo_4


完走できたものの、

ペットボトルの中身が水だったこともあり、
暑さと大量の濃い汗をかいたことで、身体のナトリウムが抜け、少し脱水。

汗の量が体重の2%をこえると持続的なパフォーマンスが出来なくなるのです。

2%まではいかずとも、かなりの発汗量だった様な気がします。

16.85Kmの折り返し地点では、ふくらはぎや肩の筋肉が攣りはじめました。
21Kmのゴールでは、両足が攣り筋痙攣です。恐ろしい・・・。


スポーツドリンクを薄めたものを持つべきでしたね・・・。(失敗&後悔)
賢い水分補給のポイントは、



①15~20分に1回(夏場は10分に1回)補給する。
丁度、給水ポイントは2~3km地点に存在し、おおよそ15~20分走行した地点にあります。

②1回あたりコップに半分100ml。

③塩分や電解質を補給する。


500mlのペットボトルだったので、水の摂取量も足りなかったし、塩分や電解質の摂取が無かったのが失敗でした。


良い経験をしました。

(私にとって)こんな悪条件の中、完走できたことが幸いです。

課題は、メンタルコントロールと給水(賢い水の摂り方)・・・という事がわかったので、来年の山中湖は大丈夫!(→また出場するんかい!)

記録は、1:55:59。
女子のハーフでは81位です。
正直、まだまだ頑張れたと思います。

気を取り直して、来年もうちょっと根性出しますね。

このような、貴重な経験をさせてくださった㈱DUKE様に感謝します。

日々感謝★
運動指導者 坂田純子


■使用サングラス:L-BALANCE LBP-418-

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。