プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■大阪を中心に活動する運動アドバイザーです。 ■専門は、ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ■【できること】 ①運動指導・栄養指導 ②出張健康教室・セミナー ③ランニング指導・セミナー ④運動指導者派遣 ⑤エクササイズ監修・健康についてのコンテンツ提供・運動や健康のコンサル・プログラム提案・モデル ⑥健康関連執筆 ⑦誰でも楽しめるリズミックウォーキング発案

検索BOX

FBやってます!

Twitter

  • Twitter

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE

ウェブページ

Powered by Six Apart

« ■六甲山半縦走にチャレンジしてきました。100分の23。 | メイン | ■春がもうそこまで。 »

2016年3月 1日 (火)

■人生生涯小僧のこころ。7年ぶりにもう一度読んでみた。

大阪ではたらく運動指導者の坂田純子です。

何年前だったかな…。
同業の運動指導者を対象とした業界誌で、書籍の総評コラムの執筆を
数年間担当していた頃、本を読みまくっていた。


当時読んだ本の中に「人生生涯小僧のこころ」という書籍があって・・・(7年前)

Photo

致知出版社さんの一押しだったこともあり、
読んではみたものの書籍の総評コラムには紹介しなかった。

たぶんそのころの私は、(今もだけど)人生の経験が不足していて
どんなに数珠の言葉が詰まっていたとしてもまったく響かなかったんだと思う。




そして・・・引っ越した時に本を売ってしまった。



先日、クレイジージャーニーという番組に
「人生生涯小僧のこころ」を執筆した塩沼亮潤さんが出演していて、
もう1度本を読んでみたくなり、買ってみた。

自分が100㎞マラソンにチャレンジすることに決まり、
(一緒にするのはおこがましくてバチが当たりそうですが)
塩沼さんから学べること、背中を押してもらえることがあるんじゃないかと思ったから。



塩沼さんは、金峯山寺1300年の歴史の中で、超人的修行である大峯千日回峰行を満行した2人目の大阿闍梨。

片道24㎞、高低差1300m以上の山道を16時間かけて1日で往復48Km。
それを年間3か月半、9年続け48,000㎞歩いた人。
(山を歩く期間は5月3日から9月22日までなので 、千日回峰行が終わるまで約9年かかる)

1日往復48㎞歩いたと思ったら、また支度をして業に出る・・・。
ろくに寝てないし、食べてないし、休んでいる暇もない。
私は先日の六甲半縦走でいっぱいいっぱいだったけど、例えたら全山縦走を毎日してるみたいな感じだもんな。
ほんまに超人としか言えない。

海外のトレイルランナーたちも、
回峰行者のことを「マラソンモンク」と呼び、尊敬と畏怖の眼差しを向けているんだそう。


また千日回峰行を満行したその翌年は
四無行という「断食・断水・不眠・不臥」を9日間続けたとか。
人間ってスゴイ!こんなこと出来るんだなと驚きしかない。


ここ最近、自分の限界にチャレンジする方や苦行を経験した方の書籍を読みまくっているけど
この書籍の千日回峰行の行日誌は、
自分が100㎞マラソンを走っている時に、何度も思い出して勇気づけられるんだろうなと思う有難い言葉がいっぱい。


自分の師となる本はタイミングだなー。


今、このタイミングで番組を見て、
もう一回書籍を買って
塩沼さんの言葉に勇気づけられることは
何かのお告げ。


「お山に行って何も気づかず悟らず帰ってくるのは、宝の山に入って何も持って帰ってこないのと一緒です」(塩沼さんの言葉)


100㎞マラソンでどんなことに気付くこと、感じ、体験するのか?
今からとっても楽しみ。

塩沼さんの情報が入ってくるタイミングに感謝。


日々感謝★
運動指導者 坂田純子