プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト 坂田純子

■健康運動コンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●アロマやキネシオロジー(整体)を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

検索BOX

ウェブページ

Twitter

  • Twitter

FBやってます!

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

フイールドノート・念願の一眼レフカメラ

  • ハクセキレイ
    大先輩から10年前の一眼レフカメラを「使ってないから使ってみる?」と譲り受けました。感謝感激、ありがたいことです。そんなことで念願の一眼レフカメラライフが始まりました。へたっぴですが、大先輩の思い出がいっぱい詰まったカメラで私も思い出づくり。野鳥や植物、色んな生き物や風景のフイールドノートです。

大阪マラソン2014

  • 2014
    大阪マラソン!2014年も応援していただいた皆様のおかげで完走できました。ありがとうございます。

BodyLuxグランドOPENしました。

  • 香川の和ちゃんから
    2014年6月4日(大安吉日)。皆様の多大なるご支援を賜り、新たな門出を迎えることができました。心から御礼申し上げます。 皆様から頂きましたお祝いをUpさせて戴きました。

フィットネススタジオBodyLux開所式

  • Photo
    江坂にフィットネススタジオBodyLuxをオープンします。2014年1月24日(金)は大安吉日。皆様のおかげで最高の日に開所式を開催することができました。

落語と健康体操のコラボ

  • 20130703173245
    2013年6月30日(日)落語家さんと健康サポートプロジェクトがコラボさせて頂きました。笑って動いてNK細胞活性。免疫力UP間違いなし!

大阪バラ祭り2013

  • 2013
    毎週ランニングしている公園で開催されていた大阪ばら祭2013に行ってまいりました。 見ているだけで、幸せな気分になる「ばら」。とっても魅力的です。 こんなに種類が豊富で、形や香、色に個性があるのをはじめて知りました。 もう、「ばら」の虜。

天井がモデルになりました

  • Amai_4
    ㈱デューク様がつくるスポーツサングラスL-BALANCEのモデルをつとめました。

OC style

  • OC-style

L-BALANCE

  • L-BALANCE
Powered by Six Apart

« ■今回のテーマは「抗酸化パワー」 | メイン | ■走る旅:東海道&中山道⑰ 美江寺宿~第54次 河渡宿~第53次 加納宿~加納城跡~JR岐阜駅 »

2020年8月 5日 (水)

■走る旅:東海道&中山道⑯ 養老鉄道・東赤坂駅~大月浄水公園〜元伊勢伊久良河宮・天神神社~第55次 美江寺宿

京都三条大橋から、お江戸日本橋まで。
東海道&中山道69次。


江戸時代の人は、江戸から京都までの135里34町余(約540km)㎞を歩いていたそうです。

東海道が太平洋の海岸沿いを通るので「海道」
対して中山道は、東の山中を通過するので「中山道」
東海道とともに日本の二大幹線道で、中山道は近世以前から「東山道」と呼ばれ
西国と東国を結ぶ主要道でした。

▼中山道:
江戸・日本橋~東海道・草津宿の67継立(67次)
草津宿と大津宿を含めて69次という場合もある。
このログ上では、69次135里24丁8間(約540km)で表記します。

人間一生 物見遊山…
これは江戸っ子の人生観を表す言葉。
生まれてきたのは、この世をあちこち寄り道しながら見物するためであり、
せいぜいあちこち見て、
見聞を広めて友だちを増やし、
死んでいけばいい…と考えていました。

あくまでも江戸っ子の生き方なので、
現代にmatchするかは疑問ですが、
私はこの言葉が大好きで自分もそうしたいと思っています。


出張や用事に合わせるので
宿場の順番通りにはいきませんが、
西から東へ。
自分の脚で走って一本の道をつなげてみよう。

今回は、養老鉄道・東赤坂駅からスタートし、
途中、寄り道をしながら、加納宿を目指しておおよそ27㎞の旅。

さぁ、沢山見て、感じて、心も身体も動かそう。



桃配山~第57次・垂井宿~第56次・赤坂宿~金生山~養老鉄道 養老線 東赤坂駅(15㎞)からの続きです。

■養老鉄道・東赤坂駅~大月浄水公園〜元伊勢伊久良河宮・天神神社~美江寺宿(14㎞)


新型コロナウィルスの感染が広がっている…という報道。
最近、疑問だらけや違和感がある刺激はシャットアウト。
TV点けていません。
そして、ニュースの情報は真に受けないようにしています。
しかし、以前より感染者が増えているのは確か。

でも、
移動が感染を拡大するとは思えない。
移動をしなくても、行動次第で感染に繋がるし…。

個人的に思うのは、旅先はもちろん、
仕事や日常生活で何に気を付けどう行動するか…。


とは言え、イケイケで旅を進めていくわけにはいかないし。
この先、社会の状況を見ながら行動していこうと思っています。

今回は、東海に住む同じ中山道の旅をしている大先輩に「大丈夫だよ」と背中を押されたのと、お友達との再会が、旅に拍車をかけました。

08e3e197d59043f5b01101dca206b5b3

養老鉄道です。
最近まで乗り降りの仕方がわかりませんでしたが、
わかるようになったのは成長ですね。

6286d1f50f2e4342b2cb4671871a0529

誰も乗っていない車両。

行きも帰りも、誰も乗っていない電車を活用し、
接触者0の状態でスタート地点へ。

Ae5f45542af04d729dd199338b00ef77

本日の岐阜の気温、36度。
血液が沸騰しそうな環境下。

当初は、もう少し距離を延ばす予定でしたが、即予定変更。
加納宿で終わり、電車に人が乗っていない時間に家に着く作戦でスタートしました。


●中山道七回り半碑

Efc7aab64fe642178ef84f5d797e176a

七回り半とはなんぞや。
「三回まわってワン」なら知っている。


●素戔嗚社

B1f14943c38c43d4b8827bafa9819c63

スタートしてから一番近い神社は、素戔嗚社。
ここで本日の旅の安全祈願をしました。

明治21年の洪水の時に流れ着いた素戔嗚のお札を祀ってるとか。


●中山道三回り半碑

72b3cde28bf94026b2ccc6a943c11c25

中山道三回り半。
「三回まわってワン!」なら知っている。

超高速参勤交代の映画で観た、
参勤交代のお侍が、先頭に行ったらまた後ろに回って、長い長い行列に見せようとするやつのことでしょうか。

江戸のことを調べていたら、
大名行列は長いほど立派と言われ、
参勤交代のお侍をバイトで雇っていたことがわかり、面白いです。


●柳原一里塚

Cdf95e9087d3481abba64692a34795a6

川の向こうにあって、行ったり来たりしました。

一里塚とは、
江戸時代に全国の諸街道に一里ごとに土を盛り、
松や榎などの樹木を植え、距離を目標とした塚。一里は約3.93㎞。

0e12c4a008f14eb08b28ebbc1a975ad6


●小簾紅園(おずこうえん)

D08ff8887b564904b390c511811d4f5d

97dc061759cf4833bc94c430efcbfef9

Fa73e8aeeb1f4e27901d5738cfc58cd1

E51c4aadb2ad4e25a64261f82f5c21a4

仁孝天皇の第8皇女和宮さまが
徳川第14代将軍家茂公に嫁ぐため中山道を御降嫁された時、
呂久川(現在の揖斐川)を御座船でお渡りになる時、
紅葉している楓を玉簾の中から見て、歌を詠んだと。

〝おちていく 身と知りながら もみじ葉の 人なつかしく こがれこそすれ〟

ちょっと哀愁のある歌です。
美しやー。



●船頭の頭だった馬淵家

54a49d50175d400a87cff2faf18b6d2e

馬淵家には、明治天皇が休まれた…という石碑が立っています。


●鷲田橋

4ee0ee20361f4947ae50a551b75f09c1

揖斐川を渡る鷲田橋までは歩道橋を使って。
どうやったら、鷲田橋を渡れるのか、けっこうぐるぐるしました。

美江寺は、中山道の看板が結構出ていて親切なのですが、
私の場合、どこのコースでも、国道を渡るときや、橋を渡るときは迷います。

D15beca340a1476eb506382c1236e077

揖斐川。河原が広いです。

290762e3d9d34aa3abd701a82b3fd0b6

Fb410f1ccb3e4d53b72ab4b8dec224cd


●再会

43fa377d21cd4440901843b4336f6675

今回の東海道&中山道を走る旅は、
まさかのお出迎えに心が躍りました。
興奮MAXです。


伊吹山の裸足ランナーのお友達が
大月浄水公園から美江寺宿まで見所や中山道のあれこれを説明しながら
アテンドしてくれました。


2年前のキャノンボール以来の再会。
旅ランは、出会いと再会があるから大好き。

久しぶりの再会は、2人ともマスクで感染予防して
ソーシャルディスタンスを意識してとなりましたが、
早くマスクを外して握手ができるようになったらな。


●お友達おススメ・元伊勢伊久良河宮・天神神社

C867fec23d7446a89c375a705c912763

中山道のルートをそれて、元伊勢伊久良河宮・天神神社へ。
昔、4年間天照大神が居た場所です。

鎮守の森を遠くから見ても「あーあそこはすごいパワーがある」とわかるくらい。
そして、鎮守の森の中は温度が5度くらい下がったんじゃないかと思うくらいの
爽やかさ。

時間さえなければ、ここにずっといたい…と思いました。

〔御祭神〕
〇高皇産霊神
〇神皇産霊神
〇相殿
〇譽田別命

Da6a547964174385a19fd626008d83c0

木の狛犬に、鬼でしょうか…社を守ってますね。

B337d2ef4d85476a9a931fddafad6e73

御船代石。
神が宿る石…
神様が座ったような椅子の形。

何かが行われていた雰囲気です。

素敵な場所を教えていただきました。
自分1人では絶対来れない場所。

お友達、ありがとうございます。



●元祖・富有柿の母木

3df79d9ab0b8486ba1e83d9ee9be05cc

全国の富有柿は、この母木から広がっていったそうです。
柿を食べるとき、どこが発祥…とか気にしたことがなかったんですが、

これから富有柿を食べるときに、美江寺の母木を思い出すでしょう。

元伊勢伊久良河宮・天神神社の隣にあります。

9791814651d44ae9a8888030794fd279

私が私が!という主張は全くない。

美江寺の伊勢伊久良河宮・天神神社や富有柿の母木は、
黙っているけれど存在感と影響力がある。

そんなイメージ。




●船場の道標

B75ba6d4105d47f49341a98b2b88179d

中山道のルートに戻りました。
船場のかなり古い道標ですね。


●美江寺千手観音像

Fa665f253106492e9f3c76c37f121490

お堂の中の千手観音像は、とてもやさしいお顔でした。

千手観音像横の犀川は、
歌川広重が美江寺の絵を描いた場所。


6a3d96fc71a94bd39e14328710239786

E8e9609940534d7dadf5791ba8b9b121
僧が旅人に優しく道を教えてあげている様子は、
美江寺に住む人の優しさが表れています。

再会したお友達も、やさしい。
車の運転も、みんなやさしい。
道しるべも分かりやすい区間。
美江寺付近に住む方はやさしいんだろうな。


●美江寺宿

C6b65ec8d6614db98ffef7e8b361deaf

本陣1・脇本陣0・旅籠11・家数136

さほど大きくない宿場ですが、
とても美しい町で、田園が広がり、川の水はイキイキとして、
印象深い宿場でした。

それもこれも、美江寺の風景をいろんな角度から見せてくれた
お友達のアテンドおかげです。

4c8af8b563d949428eb77e3882efad7b

美江神社。

D762c654acc6438a935661436af890a1

美江寺宿跡の石碑は美江神社の中に立つ。

Fcdef7e005fd4a7f8096bf8fc03ae32e

高札場。美江寺に入るときに、必ず読んで、掟をまもりましょう!
という場。

78c6db7e9e8f427496817208d493f87c

お友達とは美江寺宿でお別れ。
今度はいつ会えるかな…。
次に会える時は、遠慮なく会話がしたい。

貴重な時間をありがとうございました。


●美江寺一里塚碑

0f5e2441b9bf47a6a58a8d4725642321


まだまだ、今回の旅はこれからなのですが、
お友達のおかげで、とても楽しい区間となりました。

人とのふれあいが、旅での一番の思い出だなと感じます。

旅先で、いろんな人と安心して会話ができるような世の中になることを祈ります。

残りの13㎞の続きはまた。

【ウォーキングやランニングをする上での注意】

●高温多湿の梅雨や炎天下の夏の季節は、帽子をかぶったり、こまめな水分補給をしたりして、充分な熱中症対策を心がげましょう。
●思った以上にコンビニがありません。行動食を持っておきましょう。
●トイレは駅やコンビニがほとんどです。事前に場所をチェックしておきましょう。
●自販機はあるコースと峠越えなどは自販機が無いコースもあります。余分に水分を持参しておきましょう。
●お天気が急に変化しますので、レインウェアを持参しましょう。
●救急グッズを持っておきましょう。
●ローカル線は電子カードが使えないことが多いので、電車賃を準備しておきましょう。

 

【走る旅・アーカイブ】

記事更新中→走る旅: http://kenko-support.lekumo.biz/junkosakata/runtabi_nakasendou.html