プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

最近の記事

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« 共育 | メイン | 1年ぶりの枕(^-^)♪♪♪ »

2008年2月18日 (月)

愛犬のトレーニング

Img_1144こんにちは!フィットネスインストラクターの坂田純子です。

愛犬、日向ぼっこsunRest中。

グ~スカ寝ています・・・sleepy

気が向くと「遊んでくれ~」と近寄ってきますが、すぐ飽き、またまたグ~スカ寝ます。

ご飯の量は変わらないのだけど、ちょっとお肉がつきマルマルしてきたということは・・・

生活活動や、積極的な運動量が年々減ったコトで(散歩の時間や距離)、愛犬の筋肉量も確実に減っているので、基礎代謝量(生きていくのに必要なエネルギー代謝量)が落ちているせいなのでしょうdogImg_1150

エネルギーの消費は、筋肉が半分を占め、あとは脳や心臓をはじめとする内臓、呼吸などだそうです。

そう!筋肉量が減れば、基礎代謝量も落ち、マルマルしやすくなる。

こりゃ、嫌がる愛犬を引きずって散歩させるとかbomb

星飛雄馬のようなローラーつけて散歩させるとかbomb

犬の迷惑知らん顔で「DOGA(犬とするヨガ)」するとか・・・bombちょっと、ヤツの筋肉量を増やすような運動に付き合おうと思います。

人も犬も同じだなぁ~

出張などで、お散歩できない日もあるので、かなり反省の私です。

コメント

我が家にも2年前まで(10歳で亡くなりました)30kgの犬を飼っており朝晩1時間ずつ毎日散歩に行っていましたが、晩年は食事の量や中身を調整してやらないとすぐ太ってしまいました。結構食事管理が大変でした。でも亡くなって散歩に行く必要がなくなったら私が1年で10kg太ってしまいました。オエ

☆じんじゃあさん☆
30kgとは、じんじゃあさんと同じで大物だなぁ(;^_^A
散歩量も半端じゃないし。
1時間の散歩は結構な運動量ですよ(^-^)
万歩計の歩数がどんどん増えそう。

家のはもうすぐ9歳、散歩は近所1周が限界で、すぐに「だっこ!」の素振りします。
甘い私は、だっこしちゃいます。いけない飼い主だ。
そーいえば、じんじゃあさん、かなりの動物好きでしたね。
さすがC&C!

可愛いワンちゃんですね。
ついつい猫かわいがりしちゃいそうですね。
僕も可愛いのを欲しいとずっと思っています。
なかなか家を出る事が多いので出来ずにおります。
ちなみに実家には23年以上の猫が去年末まで居ました。

☆ウィッシュさん☆
かわゆいでしょ~
ほんとに可愛くて、帰宅したら「うしゃしゃしゃしゃ」しています←ムツゴロウ風

にゃんこさん23年以上ですか。すごーいっ。
にゃんこもかわゆいですもんね。
何も言わなくても通じる心があって、にゃんこもワンコも好きです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。