プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« ■バターナッツ南瓜スープ。現代人に不足の栄養素を摂取できます。 | メイン | ■チャリティー運動教室のフォトギャラリー更新しました »

2012年9月26日 (水)

■ONとOFF

IMG_20120925_163704運動指導者の坂田純子ですpaper

オリンピックが終わって、選手へのインタビューの中に必ずあるのが、「家に帰っても練習とかしてるんですか?」という質問。

で、ほとんどの選手が「家には持ち込まない」「練習時以外はやならい」そう答えます。

先週の情熱大陸に出演していた一流アスリート・クライマーの野口啓代さんも、家は落ち着く場所なので、クライマーのことを持ち込まないといってました。

わたしも、ここ最近、ONとOFFをしっかり意識し、自宅に仕事を持ち込まないようにしてます。(→★★★

しかし、ここ何週間かは、フリーランサー私個人として委託していただいた初チャレンジのお仕事があって(ありがたいのです)、自宅に持ち込まなくても、そのことが頭の半分を占めている感じ。

今、正直に言うと、ONとOFFが切り替わらない状態にあります。

おかげで、自分がやりたいことや得意なこと、大切にしたいことも改めて見えてきました。

新しい知識や技術を身に着け、できることを広げていかなくても、

今、ずっと続けさせていただいているお仕事と、そして健康サポートプロジェクトのお仕事と顧客のみなさんをもっと大切にしたい。学びもその軸があったうえで必要な学びをしていきたい。広がりは、そこからしかない。

そんなことがさらに色濃く見えてきました。

でも、初チャレンジのお仕事が嫌なわけでもないし、自分を成長させてくれるものなので、がんばるしかないです。自分にできない任務は来ない。

結構走っている2012年、任務が終わったら、健康サポートプロジェクトが影響を受けている人物にも会いにいける!

そして、自分たちの目で見て心で感じる旅も待っている。

おっし、もう一息。

そして、本当にやらなければならないことに意識を傾けよう。


日々感謝★

運動指導者 坂田純子

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。