プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

最近の記事

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« ■秋の味覚・びっくり!栗の栄養価 | メイン | ■予定変更の週末 »

2018年9月23日 (日)

■第28回秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン。今年も完走しました。

第28回になる秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン。

Dsc_5489


この大会は、東北で一番しんどい100㎞ウルトラマラソン(らしい)と言われ、制限時間も13時間と厳しめですが、
エイドの数や食べ物の数、応援がとっても多く、
大好きな大会です。


いつもウルトラマラソンとなれば、補給のジェルや水をいっぱい持って走るものですが
何も持たずに丸腰で走れるくらい。


28回とあって、参加者の年齢層が高く、
大先輩たちが100㎞走ってると思うと、まだまだ頑張れるって元気を戴いて帰れる大会なのです。

Dsc_5440

今年は、去年27回大会のゴールシーンをポスターにしていただいた事や
大会の応援に感動し、
沿道やエイドの方に「ありがとう」を伝えるために参戦…


しかしながら、
やっぱりの圧倒的な力で沿道やエイドの応援に負け、
今年もいっぱい元気をいただいてしまいました。

Dsc_5465

野辺山ウルトラマラソンで再会した黄門様、
去年出会った助さん格さんとの約束で、

由美かおる風のかげろうお銀スタイルで水戸黄門ご一行とスタート。
100㎞を仮装ですよ(笑)

Dsc_5469

Received_2125736997677529


 
熱い応援や
どこまでも続く大きな山々
田園の金色の世界にワクワクし、

すれ違うランナーさんや応援の方々に『忍者!』『お銀!』と呼ばれ、
話しながら走る。

テレビ局の追跡取材をされているランナーさんと喋りながら走っているうちに
ご一行からはぐれてしまい。。。
私がトイレに行ってる間に、みなさんが追いついて先に行ってしまったかもしれないし…と、
仕事上ケガや無理出来ない時期なので、1人ゆったりラン決行。

Dsc_5478

エイドでいっぱい食べて、

Dsc_5490

沿道の子供やおじいちゃんおばあちゃん、
エイドの方に手裏剣を配り、今年も来たよ!といっぱいお話して。
(しかしながら、方言がほとんどわからず…)


Dsc_5470

巫女エイド。ここは毎回きれいどころに会えるので楽しみなポイント。
43㎞地点の大覚野峠を登って、力つきそうだけど
みんなの笑顔で
あと67㎞頑張れちゃうもんね。



20あるエイドのうち19エイドでおもてなしを受け、
はぐれたご一行を待ったりしてのんびりの道程。

Dsc_5479

Dsc_5481

Dsc_5475


 
楽しみだったババヘラアイスを3つも食べました。


ゆっくり走ったので
足も残っていたため、最後の20番のエイドはあえて立ち寄らず、
ラスト5kmは歌いながら(歌いたかった!オワリはじまり)ペースアップできる元気もありマイペースで11時間台で完走。

今回は、秋田でお会いしたみなさんのおかげで
楽しく楽しくたのしーく100㎞の旅ができました。
この100㎞を通し、たくさんの方とのふれあいが一番楽しかったです。


始めて走ったウルトラマラソンで次々上位入賞してしまい、
これまで100㎞に出るたびに、それなりの記録を…と
自分自身にプレッシャーをかけていました…

表彰台に乗れば、それなりにゴールした後の爽快感ありましたが、
走ることを心から楽しめているか?というと、即返事ができず、
どちらかと言えば走ることと戦っている感が多かったのは確か。
エイドでもゆっくりできなかったし、
100㎞最後まで笑顔が続いたのは、この大会!!!!良い経験ができました。


年齢も50歳前。
身体や体質の変化も色々出てくる年齢です。
これからどうやって走ろうかな?と、
走ることに向き合ってきた2年間でしたが、
ようやく深い霧の中が晴れつつあるのかな。

それもこれも、
秋田の100㎞を楽しんで走る先輩たちを見て、
色々感じるものや気づきがあったから。

・仮装で地元の方と触れ合う先輩たち
・毎回みなさんが会えるのを楽しみにしている存在の先輩たち
・還暦でマラソン人生がピークになり、10時間半で完走してしまう先輩
・10時間で完走できる先輩たちが、実力は置いておいて後輩をサポートする姿
・お互いにエール交換&たたえ合うランナーたち…その他いろいろ。


色んな気づきで、こう走りたい!と方向性も見え
初めて走ることと仲良くなれた感じがします。


楽しい100kmの旅ができたのも、大会を支える方や、
私設エイドを出してくれてる方々、
沿道の応援、丸1日がかりで交通整理された方、
走らさせてくれる家族あってです。

色んなランナーさんが声をかけてくれ新しい出会いや再会も嬉しかった。
走れるのは沢山の人に支えられてるからだと感じました。

大会や走ると言う事を改めて眺め、
ランナーとしてだけでなく
色んな角度からまだ経験の無い関わり方をしてみたいな…とも感じました。

たぶんもっと走ることが楽しいと感じ、好きになる予感。

秋田で出会った皆さん、
支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

またお互い元気で再会できます様に。

_20180927_212757

(大会テーマ朋~なかま~という字が、参加人数分集まってできた朋の大会Tシャツ。素敵なデザインです。参加ランナー、事務局の方やボランティアさん、応援のみなさん、みんな朋ですね。)

Dsc_5494_2

(話題の金農パンケーキをゲットしました。)