プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

■大阪・健康ウォーキング教室/ウォーキングコンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●整体を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

Twitter

  • エストロゲン子の美活ウォーキング

エストロゲン子の美活ウォーキング

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
検索BOX
Powered by Six Apart

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて Feed

2023年1月12日 (木)

■[コラム]歩くスピード次第ではジョギングよりウォーキングの方がエネルギー消費量が高くなる

昨日の術後一ヵ月検診で色んなことにOKが出たこともあり、
これまでより少し強度を上げて、半分はエクササイズウォーキングで。
(筋肉を使いスピードを上げて歩く運動効果の高い歩き方)
あと半分はジョギングを。
合計10㎞の運動をしてきました。

24828423_s_2
ウォーキングもジョギングも、
衝撃はお腹の傷跡に少し響くものの、
気持ち良く運動が出来たように感じます。

人にもよると思いますが、
開腹手術後、日常に戻るにはおおよそ1ヵ月はかかるんだな…という事が解りました。

この1ヵ月は、生活でよくありがちなスピードや歩幅でしたので、
ここから先は歩くことをエクササイズに変えてしまう
運動効果のある歩き方を積極的にしてきたいです。

実は、ジョグの方が楽で、
エクササイズウォーキングの方がきついということをご存じでしょうか?



あるスピードから、ウォーキングでも
ジョギングよりもエネルギー消費が大きくなる速さがあるのです。
それは、時速8㎞(7分30秒/1㎞)を超える速さ。

時速8㎞(7分30秒/1㎞)で歩くと、
ジョグングよりもウォーキングの方が
エネルギー消費量が多くなるということが解っているのです。

エネルギーを消費し、しっかり筋肉を使いたい方は、
歩くスピードを工夫してみると良いですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講座のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*コンディショニングスタジオBodyLux(お問い合わせはこちらから)

*ウォーキング教室 〜 初めての方は、まずパーソナル60分レッスンから

もっとキレイに自信を持って歩けるためのクラス


━━━━━━━━━━━━━━━━━━
情報を発信しています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*歩くことが楽しくなるチャンネル(YouTube動画)
→文章だけではお伝えしきれない情報をお届けしています(チャンネル登録はこちらへ)

Bodyluxエクササイズ動画

*コラム
健康についてコラムを綴っています

*LINE公式のメルマガ
不定期にメルマガを配信しています

2023年1月11日 (水)

■術後1ヵ月検診

術後1ヵ月検診

924c481f9c4446da986e4ef38a8ae004


今日は術後1ヶ月検診でした。


今日まで、お酒も湯船も激しい運動や重い荷物を持つのも禁止でした。
特にお酒が飲めない寂しい年末年始を過ごしていましたから、この日がなんと待ち遠しかったことか…。


お腹や体の中の傷跡も良好で、日常生活に戻して良いとOKをいただきました。
久しぶりのお酒と、楽しみにしていた湯船に浸かれる幸せを感じております。

アクティブなレッスンも2月から復帰していいと言うことで、体も軽くなったことだし、レッスン指導が待ち遠しくてたまりません。





検診時、主治医のK先生から「術後の調子はどうですか?」と聞かれたので、

〝筋腫がある時からお通じが良かったんですが、筋腫を出してからお通じ二倍で…流すのがもったいないくらい…〟

と答えたら、先生は心から喜んでくださっている様子で、私も嬉しかったです。

食欲も旺盛で…筋腫で圧迫されていた胃腸が解放されている喜びを感じる毎日。

ちなみに疑問だった「残った卵巣はどうなっているのか?」質問したところ、
骨盤からの靭帯や血管が固定してくれているので、ジョグやジャンプで衝撃を加えてもあちこち行くことは無いとのことでした。

また内診をしたところ、残った卵巣もしっかり機能していて、排卵した様子を確認できましたとK先生からお聞きしました。

数年前に、巨大子宮筋腫を見逃したかかりつけ病院で
「もう排卵してないですよ。40歳くらいで排卵は無くなります。」
と言われたのはあれは一体何だったんだろう???(関連記事→★★★


セカンドオピニオンしなかった自分のせいなので仕方ないですが、
医師との出会いはその後の人生を左右すると思うので、

セカンドオピニオン、なんならサードオピニオンという手段を選択することは大切かな。
しかし…何はともあれ、術後良好の検診結果はかなりホッとしました。



私が言うのもなんですが…。
運動しているから大丈夫。
これを食べれば病気にならない、または治る。
自分は健康だ…なんてことは、断言できないんですよね。

体の声を聴きながら、小さな変化や違和感をスルーしないこと。
自分の心身にいつもアンテナを張りながら暮らしていきます。

心配ごとが軽くなることはありがたいです。
皆様も健やかな毎日が過ごせますよう。
応援してくださった全ての方に感謝。

395d797ee57246babcbe67462e03324e

Ab1c81ac137844c7806049575b105713

そんなことで…
帰り道は、久しぶりのお酒!心待ちにしていたワインやフレンチ。
大好きな「人類皆みな麺類」をいただいて帰りました。
今日は自分にとって祭りみたいな日で、
やりすぎなくらい食べてしまいましたが、明日からピシッと締めます。
体が資本!

次は術後3ヵ月検診です。


日々感謝★

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされてアーカイブ→★★★

2023年1月10日 (火)

■あるライターさんの記事を読んで…そして十日戎

*フリーライター野原広子さんの記事
境界悪性腫瘍で卵巣を摘出 :
「手術前の説明がきつかった」

https://news.yahoo.co.jp/articles/df21000b26bf4dcbc4edfc1247fb60a601496536

☝こちらの記事を読んで…。

野原広子さんが書いていた記事は、病気や手術内容は違っても、「そうそう、わたしも同じ体験したよ」と共感する部分が多く、手術前から退院までのことを走馬灯のように思い出し、涙が出ました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●手術の日は手術室まで歩いて行き、自らよっこらしょと手術台に乗るという経験:

→これは私も「えええ?!マジで?」と驚き、ナースさんに「自分で歩いていくんですか?」と質問しました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●麻酔明けのうわごと:「大間のマグロが食べたい」

→私も麻酔明けに「お腹が空いた」とペラペラしゃべっていたそうです。
食べることは基本的な営みであり、人は食べないと生きていけませんから、麻酔明けに食べる事を望むことは恥ずかしいことでは無く自然なんだな…と思いました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●手術のリスクの告知:

→私の主治医は親身になってとても気を使いながら優しく伝えてくださいましたが、それでも要らない妄想をして不安な日々を過ごしました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

●記事の最後に書かれている言葉:
【病気をしてつくづく「自分では自分の体のことがわからない」と気づきました。普段、体はこの1体でワンセットと思っているけれど、じつは部位ごとに個性があって、自分では決してコントロールできない得体の知れないものが入っているんですよね。】

→…健康について監修や執筆をしている私が言うのもなんですが、
「運動をすれば、これを食べれば、病気にならない。または治る。」
「自分は健康だ」
なんてことは、断言できないんですよね。

体の声を聴きながらコミュニケーションをとっても、宇宙がまだ解明されてないように、体のこともわからないんだと思います。
それを心に留めながら生きたいと思います。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この記事を読んで、過去のことを振り返っておりますが…、

私にとって「手術と入院」は、健康の事のみならず、社会保障やコロナ禍の医療現場の状況など、深く考えさせられ、多くの気付きを得ることができた貴重な経験でした。
これは、神様が見せてくださったとしか思えません。


気付きを活かしながら少しずつ、自分の人生(道)に反映させていきます。

22213523_s

さて、今日は関西人にとって初詣より大事なのかもしれない十日戎に行って参りました。
体がとても軽くなったので、今年は今まで以上に仕事ができるんじゃないかな。

健康に気を配り、また引き続き皆様の健康もサポートさせていただきますので、
「戎様、令和五年も商売繁盛をお見守りくださいませ。」

90d8f7a7c73648919c10bd86b0056a92
福笹は奮発!!!!
お賽銭は紙幣ガサッと。
縁起物は全部付ける。
商売繁盛にケチってはいけないぜ。

Fc1cbc51dc3b415b9a46a6d14a021e9e

何気にナイキのタウンシューズです。
ジャージでなくても歩きやすいシューズがあればいつでもどこでもサクサク歩けるのがウォーキングの良い所。
今日も10㎞歩いて帰ってきました。

術後1ヵ月検診で、動き過ぎだと言われないか心配です(笑)

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされてアーカイブ→★★★

2023年1月 9日 (月)

■[術後31日目]今日よりも明日、明日よりも明後日

大安、一粒万倍日、天恩日。
とても縁起の良い日。
朝一で「石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)」へ。


関西では「がん封じ」のご利益で有名な神社なのです。
成人の日でお休みとあって、朝から沢山の人が祈りに訪れていました。

E415b3d83e1846bc8d472a7d74c8a219

75cbe6b671ce4e238de0753f465a74b1

5a04997833424da68df86416914f9661
剣で悪い縁を断ち切って。

A0e455c926e843b6a8208ff104ffa437

祈願することは、明日行われるお友達の乳がん手術成功と「がん封じ」祈願です。
ただひたすらシンプルに祈らさせていただきました。

できることと言えば、今は祈る事しかできませんが、
今日は最強の日だし、お友達の祈願もきっと天まで届きますよね。
その上、お天気も良く朝一番で行けて有難かったです。

457bfd2363964f1fa7a2ac8ace71e513

このご夫婦の後姿が素敵で、こっそり写真を撮らせていただきました。

Ed6d885d7e4042daaa793fb77bf51a3b

 
石切神社にある安岡正篤先生の書。

神明如日升 (神明は日の升[のぼる]が如く)
身體如鼎鎮 (身體[しんたい]は鼎[かなえ]の鎮[ちん]するが如し)
 
「石切大神のご神徳は日の昇るようである。
殊に大神は鎮魂の神として尊崇され、
此の神社に参詣すれば身体は鼎の鎮まるのにも似て、
心身共に清まり、自ら鎮まるのを覚える。」


石切神社には、お友達の祈願で訪れさせていただきましたが、
安岡先生の書に「心身ともに清まり、自ら鎮まるのを覚える」とある様に、
私も清まり、鎮まらせていただけた…。

なんだか、お友達のおすそ分けをいただいたように感じます。





帰りは、定番!!
「洋菓子店シェ・青谷」で〝石切もちどら〟と〝フィナンシェ〟を買い、

A6f6d9ef35a34f79a605cfecc84c51b5

7a7818be61314714b9f4ee83ceaa9be3

こちらも定番!!
私のパワースポットである干支の活学でお馴染みの安岡正篤先生旧宅を拝んで帰りました。

37cb3f32a18b46c3a88cca9ebaa580f1

B04968b3d4a441d6bfa519093bdc2e47

あちこち立ち寄って、往復約13㎞とわりといい感じの距離で、山裾はアップダウンもあり景色も変化に富んでいてとても楽しいウォーキングとなりました。

お友達よ、応援してる!ファイトでね。


D5624b006bb24ce7bf5657f17c8bedc5

話は転じますが、昨日は私の手術からちょうど31日目でした。

[左は子宮筋腫があった時]
●黄体期→52㎏

●卵胞期→47㎏

[右は手術後31日目]
手術したばかりの時は卵胞期で、筋腫を5㎏以上出したので、体重が43㎏まで落ち込みました。

しかし、術後は圧迫されていた胃腸も解放されたせいか?食欲が旺盛でリハビリも順調。

おそらく写真を撮った31日目は体温の高い日が続いていていることから、体重の増えやすい黄体期ではありますが、44.5㎏まで増やすことが出来ました。
夫には「舞の海みたいな脚になってきた」と言われるほどシッカリしてきました。


もう少し動けるようになったら筋トレも復活させたいです。

手術日よりも明日、明日より明後日…
1日1日回復していく…

これは人にもよりますが、個人的には間違いないと感じています。

お友達も、そうでありますように。

07d3433f8fda4026aebeec7e1b6c10dd

帰宅後はもちろん〝もちどら〟をいただきました。

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされてアーカイブ→★★★

2023年1月 7日 (土)

■[コラム]開腹手術をした方におススメしたいZOAトレーニング

朝一で仕事を済ませウォーキングへ。

今日は歩幅を大きくして歩いても傷跡の違和感がなく、歩くたびに腸腰筋(腿の付け根)がストレッチされるのがとても気持ち良かったです。
歩くスピードも上げられましたし、スロージョグも加えることが出来ました。

結局運動が出来なかったのは入院期間の7日間だけで、術後強度は低くなったものの運動が再開できていることはとてもありがたいことです。

手術の日が「一番つらい日」とすると、今日よりも明日、明日よりも明後日と…日に日に回復と体力が向上していくのを実感し、日々喜びを感じます。


(えっ?手術???となっている方は、こちらをご覧ください。→★★★



さて、術後から大切にしているのはウォーキングの他、ZOAトレーニングです。

ZOA(zone of apposition)とは、横隔膜の可動域のこと。

Photo

Photo_2

呼吸での横隔膜の動きは、息を吐いた時に肺は縮みますが横隔膜はアーチをかいたテントのように上に上がります。
今度は息を吸う際、肺は拡張し横隔膜は下に移動して平らな形になります。
この息を吸ったときから吐いた時までの横隔膜の動く範囲のことをZOAといいます。


これまでトレーニングの中心だったランニングは、呼吸回数を増加させ酸素負債を軽減させる様な呼吸になりやすく、その上、巨大な子宮筋腫でお腹の中が埋め尽くされ、内臓が押し上げられていたことを考えると、私のZOAの可動域はものすごく小さかったのではないかと考えられます。

またZOAトレーニングを行うことで腹圧に関係する呼吸に使う筋肉(※)も動くので、開腹手術をした者としては「まずは真っ先に行いたいトレーニング」でもあるのです。

※呼吸に関わる筋肉:主に横隔膜をはじめ、内肋間筋、外肋間筋、胸鎖乳突筋、前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋など

[ZOAトレーニングのやり方]

鼻から大きく5秒で息を吸う(個人的にはもう吸えないまで吸っています)
鼻から5秒で息を吐く(個人的にはもう吐けないまで吐きます)
③息を5秒止める(ゆっくり、1と2と3と4と5と心の中で数えながら息を止めています)

※鼻呼吸は基本舌が上顎についた状態になります。
※このサイクルを最低3回、または「自分がもういいわ」と思う回数行っています。
※肋骨の上に両手を当てて、肺の動きを手で感じながら行うのも良いですよ。


腹筋や体幹トレーニングも大切ですが、負荷をかけて大きく筋肉を伸び縮みさせなくても良いうえに、呼吸が改善されると緊張状態になりやすい交感神経過多になりにくく、精神状態も改善されます。

しかも横隔膜は収縮して息を止めることで腹圧を高めますので、排尿や排便の補助してくれる他、ポッコリお腹を改善する良い姿勢にも繋がります。ウォーキングフォームも変わりますよ!!

今すぐ、その場所で行えるトレーニングですので、ぜひやってみてくださいね。

横隔膜の可動域が改善されてくると、ウォーキングの時の呼吸もとっても気持ちいいです。
新鮮な空気が体の細胞に1つ1つに沁み込んでいくようです。


ぜひお試しあそばせ。

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされてアーカイブ→★★★

2023年1月 5日 (木)

■[術後28日・4週間]日々漸進

朝一番で連載原稿を納品し、〝大きな石(1日の中で優先度の高いこと)〟から取り掛かる日。

健康体力づくりの時間は私にとって大きな石(※)の1つです。


※大きな石とは:
スティーブン・R・コヴィーは、バケツに石を入れる例えを使ってスケジューリングを説明します。 バケツに、出来事や行動・予定を石に例え、石の大きさはその予定の重要度を表します。小さな石や砂から入れると大きな石が入るスペースがなくなり、大きな石からスケジューリングする大切さを提唱しています。




今日で手術から28日。4週間がたちました。
痛み止めなどの薬は今のところ使った日はありません。

2886c7819bff47c2b5cd545c972c3a93

シングルトラックトレイル。

94c58456432545ad99be60a67c110898

ウォーキングを通して、1日1日状態が良くなってきているのを感じますが、先週あたりからウォーキング時に感じていたお腹の違和感が無くなりました。
そして、今日はスロージョギングが出来ました。

発見したことは、
歩くと体幹の回旋が大きくなるので手術痕が引っ張られるのを感じますが、チョコチョコと走るスロージョグはウォーキングより楽に運動できることが驚きでした。

体幹をシェイプアップ・強化したい方はウォーキングをする方が筋肉を刺激できるのかもしれません。


体が軽くて全力で走りたくなりますが、そこはグッと我慢で漸進性の原則(※)を大切にしますよ。


※漸進性の原則:トレーニングの負荷や難易度は少しずつ高めていくこと。




さて何度も書いている通り、12月8日に子宮と卵管を摘出したので、令和4年12月の生理を持って強制終了となったわけですが…。
人間の体はとっても不思議。

体内では排卵が毎月行われていてエストロゲンの分泌は続いている様です。

手術を行っていなければ、おそらく今生理中なのですが、生理前の黄体期には体幹を中心に熱くなり、胸も痛くなり、寝汗が出て、食欲も旺盛。
きっちり今まで通りです。

黄体ホルモンが減少してくると、今度は排出したくなるのでお通じがとってもいい。
大きな子宮筋腫があった時もお通じは良い方だったのですが、無くなった今は最高にエブリディ快調です。

貧血も改善されたのか?肌艶も顔色も良くなって…

気が付いたのは「今まで何年も体調が悪かったんだ。」ってことです。
今までの体調が何年も続いていたので、それが自分の体の調子なんだと思い込んでいました。

しかし…体調が良くなったとはいえ、卵巣機能が低下しホルモンバランスの乱高下が起きる年代であることには間違いが無い。
自己免疫疾患や甲状腺疾患、女性特有の癌に加え、体内に変化が起こりやすくなるので、負荷をかけ過ぎず、体の声に耳を傾け自分にとって健康第一で日々過ごしたいものです。


もうすぐ術後検診ですが、色々OKがもらえたら、

heart01①我慢していたお酒を嗜む
heart01②禁止だった湯船に浸かる
heart01③2月からアクティブなレッスン指導に復帰する

これがもうすぐ味わえるかもしれないHappyです。

エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされてアーカイブ→★★★

2022年12月15日 (木)

■エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて㊴ 2022.12.15~17[最終回]

*2022.12.15 術後7日目
夫に「動き過ぎじゃないか?」と心配されながら…
退院した昨日からぼちぼち家事を
再開しました。

昨夜は少しぐったりとしましたが、今日は昼間1時間だけ横になってお昼寝をした以外は起き上がっています。

もともと痛みに強いせいもありますが(鈍感だということです。自慢できません。)、12月11日以降鎮痛剤のお世話にならず、お腹の痛みも気になりません。

昨日までかすれていた声も、少し出るようになってきました。
大腿四頭筋や膝裏が伸び、背中を丸めて歩かなくなり、夫は「動きが早くなっている。」と驚いていました。

ほんの少しだけ速く歩けるようになったので、夕食の買い物にも行けました。

腹筋を切って開腹しているので、背面で体を起立させるので背中や腰が凝ります。背筋弱いみたいです。
腹筋って大切ですね。腹筋が復活するのはいつになるやらですが、使える様になったら背筋も鍛えよう。

069728459db54f44a1f9b5758fdc6883

66569a14d7c94a5b831bb44b63ced456

昼ごはんもたっぷり。
コーヒータイムはまったりできました。

※ミートボールは石井の無添加。まだミートボールまでは作れないけれど、少しずつお料理もしていきたい。

Adfa375d7afd45e09c7cfbb84d5b0891

夜は義母さんがおかずをいくつか持ってきてくれ、私も「すき焼き」を一品作りました。
よし!また少し前進だ。

*2022.12.16 術後8日目
コロナ禍で始めた毎日の床拭き。
入院中は夫がしてくれていました。

今日から私の床拭きが復活。
重力の負担をかけない四つ這いのフォームは腹圧を鍛えていくスタートには良い感じです。

階段の上り下りもOKで、今日は愛犬の散歩や買い物にも行けました。

まだ腕振りをすると腹部の筋肉が動くので大胆な腕振りはできませんが、術後8日目だとは思えないくらい動きやすくなりました。

もう子宮筋腫には悩まされていないし、少ない距離でもウォーキングを再開したら、そろそろ「エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて」の連載はやめようかと思います。

20606531e2454601a02cffab836fc116

そうそう!買い物で「5㎏の米袋を持ってみよう!」と試みたところ、ちょっとお腹がピキッとしたのでやめました。
要は5㎏の米袋はとても重いですね。

こんなものを…よくぞ医師の先生方、お腹から出してくださったものだなぁ。
重かっただろうに。

私のお腹は5㎏減って軽快で、愛犬の散歩では、体がスイスイ前に進んでしまい時々スピードを押さえました。
体が軽いと嬉しくなって動き過ぎてしまいますが無理は禁物です。

さて栄養面ですが、病院では採血が終わり点滴が取れた瞬間から、こっそりビタミンC のサプリを摂取。

退院後は、
●朝/ビタミンC・B・E
●昼/ビタミンC・青梅エキス・プロテイン
●夜/ビタミンC・鉄

…これらは欠かさずに摂取するようにしています。


B02acb2953644052995c8e9d4be04207今日のおうちランチ

食事もしっかりと摂取し、友人から頂いた回復セットの甘酒、モリンガ、ムクナ豆を合間にいただいています。
回復セットを摂取し始めてから目の疲れが減ったように実感しています。


なんせまだ体重は43㎏ですので、しっかり食べて45㎏にはしたいなぁ。
早くモリモリ筋トレがしたいょ…。

*2022.12.17 術後9日目[thank you 最終回]
布団の中で伸びもでき、ひさしぶりに良く寝たな…と、スッキリとした寝起きでした。

病院で1週間、22時消灯・6時起床生活をしていたら、退院後も22時には眠くなり、朝6時前には目ざまし時計を使わなくても起きれる様になりました。

規則正しい生活リズムを作るには3週間から1ヵ月と言いますが、1週間程度で体内時計にインプットされるのかもしれません。

743c18ef5daa4dad8f5f222913ee578c

今日は動いてないので、あまりお腹が空きません。
朝はコーヒーだけで、ランチはちょっこり。


ランチの1時間後、時間差で白米だけいただきました。

510c27a2a7954b33939fc4da289c7d89
夕食は夫がパスタを作ってくれました。

46b6afd2cafc47c79e903b4f2df825e9

今日は炭水化物摂取が多めの日となりましたが、炭水化物はやっぱり美味しいなぁと思います。



K先生によると、術後の傷テープは剥がれたらもう貼らなくてよいとのことでしたが、愛犬がお腹にダイブしてくるのが怖いのでもう少し貼っておくことにしました。

肌は強いと思っておりましたが、ドレーンを固定していたテープで肌がかぶれていました。
〝肌が弱い〟というフレーズは、か弱い乙女の様でちょっぴり嬉しいですね。

Ee77dec03ed74fe9b1cd1adceb91b4c7

夫が「アトレスケア」というテープを買ってきてくれました。




夕方ウォーキングに出かけてみました。
今日は4㎞歩けました。

日々、立つこと、歩くことを意識して実践時間が長くなってきたので、足裏や足の形がしっかりしてきました。

また驚いたのは、今まで右足の外旋がひどかったのですが(ガニ股)、筋腫を取ってから前よりも足が今までよりも真っ直ぐ前に出ること。

ガニ股は右の内転筋が弱い!大殿筋が硬いせだ!…とばかり思っていましたが、筋腫の存在がそうさせていた様です。

まだ毎日歩いたり走ったりしていた距離の3分の1にも満たないし、スピードや歩幅も3分の1ですが、昨日との違いは腕を振って歩けるようになったこと骨盤の回旋があっても腹部が痛くなかったこと。
日々前進していますね。

開腹手術は、1~3日で表面はくっつきますが、中はまだ。
糸がとけるまで負荷をかけすぎると炎症状態になってしまいます。

そんなことで日常に戻るには少し時間がかかると思いますが、次への新しい自分を構築していくのだと捉え、丁寧に過ごしていきます。

4bb6cfa4d63441259ffa62ba28269913

すっかり満開のさざんか。1週間ウォーキングをサボったら、えらい季節が前に進んでしまった。

体を動かすと発見があります。

運動をすることの1番の目的は「自分の体を知ること」。

毎日何かしら体を動かすことで
「今日は調子が悪いな、今日は調子が良いな。」
「ここが硬いな、可動域が小さいな。」
など、自分の体のちょっとした変化にも気付くことが出来ます。

〝退院後に活動量が多くならないように…〟禁止事項が色々あるのですが、
「いつまで活動量を減らしたらいいの?」
「腹圧をかけずに生活するのはいつまでしたらいいの?」
など自分で決めきれない方
が多いのではないでしょうか。

人によって日々の活動量が違うし、体力も回復力も違います。
資料やマニュアル通りに過ごすことが必ずと言って体に良い事なのかと言えばそうではないと思います。

しかし、日々何かしら体を動かすことを継続していると「どこまで動いて大丈夫なのか?」と術後の体と相談しながら自分に合った生活することができるのです。


運動は、自分の体のことを教えてくれる一番のトレーナーです。


日々、体を動かしてみませんか?




みなさんを驚かせ心配させてしまい申し訳ございません。
回復状況も日々前進し、だいぶん日常に戻りつつあります。
早く元気な姿をお見せできるよう、日々リハビリにつとめています。

痛くて苦い経験によって、1人でも多くの女性に運動の大切さや、女性の体のことをお伝えしていくことがこれからの私の使命となりました。
女性のみなさんの笑顔とHappyの輪が広がるように活動していきます。

それから、大切な事を3つ、最後にも申し上げさせてください。

①毎年子宮周りの検診をしておくこと(子宮筋腫がある場合は経過観察) 
②子宮筋腫がある場合はどんなタイプの子宮筋腫か知り、勉強すること
③納得いかない場合セカンドオピニオンをすること

この大切な3つは、必ず貴女の、または大切な人の体やの命を守ること。
連載を読んでくださり、少しでも心に引っかかった方は、行動に移してみてくださると嬉しいです。



さてさて…

この連載を書き始めた頃は200ページくらい書いて本にして、周囲の方に配布しようかと思ったんですが、闘病の事ばかりでは読まれる方も疲れてしまわないかと連載は簡潔に。きりのよい㊵という数字で終わろうと思っていました。

しかし、回復も順調で「ありがとう」だけに少し早く㊴でフィナーレを。
…エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされては、これにて最終回です。
この後の記録は、日々のログやリハビリの様子は「ウォーキングライフ」をご覧いただき引き続き応援くださると嬉しいです。

最後まで読んでくださった皆さま、
医療従事者の皆様、
そして家族や友人、お取引先の皆様に、お客様…
ほんとうにありがとうございました。

健康第一です。
皆様の健康とご多幸を心よりお祈り申し上げ、終りにいたします。

2022.12.17 エストロゲン子(坂田 純子)

Img_2734愛犬5㎏


「エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて」目次へ戻る→ ★★★

■エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて㊳[子宮や卵管がなくなったらどうなるの?]

920223


子宮と卵管を失ったことで、これから自分の体がどうなってくのかを知りたくて勉強中です。
色々学んだことをまとめておきます。

謎:子宮や卵管が無くなるとどうなるの?

子宮や卵管がないことで、生理は2022.12.08を持って強制終了しました。

しかし、子宮が無くなってしまった瞬間から閉経ではないようです。

私の場合はまだ卵巣が2つ残っていますから、普通に子宮がある方と同じようなスピードで女性ホルモンの分泌の低下に伴うように閉経を迎えていくようです。


卵巣の働きは、脳から指令が来たら女性ホルモンを分泌すること。
女性らしい体を作ったり、
肌や髪の潤いを保ったり、
骨や血管、脳、自律神経の健康を保ったり、
悪玉コレステロールを減らしたり、
肥満を予防したりと役割が盛りだくさん。

子宮や卵管を取ってしまったからすぐに女性ホルモンの恩恵が受けられなくなる…という事は無いのです。

私のキャラ名のエストロゲン子と言う名前も、まだ引退しなくて済みそうですね。
ゆるやかに老化していけるように生活習慣に気を付けます。

謎:排卵は起こる!内臓は移動する…


不思議なのは、子宮が無くなっても排卵は起こり、卵子は排卵されると卵巣の表面に付着し2~3日で自然消滅するとか…。

また、5㎏という大きな筋腫や子宮があった場所はどうなるのか謎です。

前にK先生に質問したところ、もともとあった内臓が元の位置に戻るだけで、お腹の中でぐちゃぐちゃになることは無いとの回答がありました。

私の腹部には5㎏の筋腫があったものですから、内臓はかなり上に押し上げられていました。
今はと言うと…急激に広くなった部屋で胃や腸が動き回り、正常な位置に戻ろうとしているのを日々感じています。

なんて人体は不思議なのでしょうか。

謎:子宮全摘のメリット

子宮を全摘してしまい、もう妊娠する可能性はありません。

子宮を失う事で気分的な喪失感が残る人もいるそうですが、私の場合、妊娠したいという気持ちは既にありませんし、子宮筋腫による圧迫や再発の心配がないことや、子宮頸がん・子宮体がん・卵管がん・卵巣がんの心配がなくなることの方がメリットが大きく感じております。

なので喪失感はありません。→いまのところ…


とはいえ、両親からいただいた体なので、何一つ欠けるのも本当は悲しいですが。

また今後どのように自分の体と向き合っていけばよいのか?
卵巣はお腹の中でどうなっているのか?
腸の周りをウロウロする説と、血管や靭帯で繋がっている説など色々なので、
来月の術後経過診断の時K先生に聞こうと思います。→K先生にお伺いした結果(2023.1.11:術後1ヵ月検診)

つづきはこちら㊴へ


「エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて」目次へ戻る→ ★★★

2022年12月14日 (水)

■エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて㊲ 2022.12.14 術後6日目[退院]

2022.12.14 術後5日目[退院]

退院日の朝。
窓辺に移動しての食事は今日で最後。

毎日誰かが作ってくれた食事が運ばれてくるなんて機会はほとんどありませんから、嬉しいような寂しいような…複雑な気持ちでいただきました。

64b8a809c797456ea3062491462f7c29


「病院食は美味しくない!」と聞くけれど、出汁や味噌・醤油を使って割としっかり味がついているので、とっても美味しくいただくことが出来ました。
この1週間の食事メニューの豊富さは料理の勉強にもなり、自宅でも作ってみたいです。


10時になり、いよいよ退院です。
病院には夫と義父が迎えに来てくれました。

コロナ禍で面会禁止でしたし、病棟内は思ったより声が響くので1週間電話無し。ほぼメッセージアプリで文字での会話でした。
久しぶりに合うと、ホッとして目頭が熱くなりました。

夫は「ちょっと過激なダイエットをしたな…。おつかれさん。5kgって…筋腫に食費返して欲しいと言いたいわ。
」と優しく言いました。

D73946046e54428e9ea1b2f62f351325

外に1歩踏み出す。
もうもう、それは初めて見た景色の様に、見るもの全てが新鮮でキラキラして感動です。


よくドラマや映画で、刑務所から出てきた人が「シャバの空気はうまいな」と言うシーンがありますが、まさにその言葉がシックリくるような瞬間。


まだ完全治癒はしていないので、骨盤回りに負担がかかるようなことをしてはいけないのですが、部屋に閉じ込められた子犬が外の世界に憧れ、窓の外を毎日見つめる様に眺めていた公園をソロリソロリと2㎞程度歩いてみました。


お腹を切っているから背中は亀のように丸いし、大腿四頭筋や膝裏も伸びなくて、後ろからおじいちゃん、おばあちゃんにドンドン抜かされましたが、自分の足で歩けることがとても嬉しかったです。


入院する日は紅葉していた落葉樹も、昨日からの強風ですっかり上着を脱いで、冬の装いとなりました。
季節は前に進んでいます。
私も少しずつ前に進みましょう。

467d5d8881214b5589a193d00df92713

義父にカフェに連れて行っていただき、1週間我慢した大好きなコーヒーをやっと解禁。
豆の香りや口の中で変化する風味をたっぷり時間を掛けながら楽しみ味わいました。


自宅に戻り、溜まりにたまった洗濯や買い物は夫がしてくれ、すぐに落ち着きました。

お取引先に「戻りました」という報告を入れ、少しだけ社会に復帰したような気がしました。

お友達から回復セットが送られてきました。
本当に嬉しく、しっかり治癒につとめます。

936d907a938c4ff3a24f20bc251242f9

ビタミン・ミネラルが豊富なモリンガ。
ドーパミン分泌に期待が持てる元気の源ムクナ豆。

飲む点滴の甘酒。
術後の体に嬉しいです。


待つ長さ
過ぎ去る速さ
生きる今

この言葉は、手術前に某お寺の前で見つけたもの。

未来を待ち遠しく思っていたけれども、目の前に来ればあっという間に過ぎ去って行く…。
そんなことを教えてくれるような言葉です。
1歩1歩、今を大切に生きていきましょう!

9c75b0fe046c4440a851904a980338db

これからはこれまで以上に体を労り、健康第一を意識して過ごしていきます。

助けてくださった担当医や手術に関わった医師、ナースのみなさん、ありがとうございました。

お取引先の方やお客様ありがとうございました。
家族やお友達、元気づけてくれてありがとう。


昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日。
回復に前進していきましょう。

日々是好歩

良い日も悪い日もどんな日も愛おしい日。
1歩1歩楽しんでいきましょう。

つづきはこちら㊳へ

「エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて」目次へ戻る→ ★★★

2022年12月13日 (火)

■エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて㊱ 2022.12.13 術後5日目[衝撃的]

2022.12.13 術後5日目[衝撃的]


2時間おきに目が覚めてしまいます。

今まで筋腫に押さえつけられていた膀胱が解放されてポ~ッと気が抜けているのか…トイレが近くなっています。

午前2時にお通じあり。
前日に飲んだマグミットが効いている様です。
腹圧や腹筋を取り戻して、薬を使わなくてもスッキリ出る様になるには、どれくらい時間がかかるのかな。

そういえば、夫に術後から便が出ていないと報告すると
「ずっぽーん🎵ずっぽーん🎵」(作詞作曲・夫)と謎の便秘解消の歌がメッセージアプリで送られてきていました。

この日の午前2時のお通じを皮切りに、マグミット無しで半日ごとに出るようになりました。
これは、夫の「ずっぽーん」の歌の効果があったということでしょうか。

18e91e944f8a4d318e58017ff3784e9f

ほぼ大半の時間を窓辺に椅子を置いて過ごす様になり、ベッドの上で過ごす時間はグンと減りました。


今朝は点滴の針も抜け、少しずつ動きやすくなってきました。
術後開けられ無かった目も今朝はわりとパッチリ開いています。
シャワーも自分で浴びることが出来ました。

確実に回復への道へと進んでいることを実感しています。




予定では14日~19日のうちにするはずの術後検診が夕方にありました。


手術前日まで毎日10㎞程度は歩いたり走ったりしていて、起き上がり・立ち上がり・歩くの足腰がわりとシッカリしていたこと。
入院期間中の食事はほぼ完食していたこと。
点滴や鉄剤投与も早い段階で無くなったこと。
鎮痛剤を使っていないこと。
回復が早いとのこと。

そんなことで、なんと‼ 予定より数日早く明日退院できることになりました。

内診が終わった後、K先生にどんな流れで手術をしたのかを写真付きで説明を受け、自分の子宮や筋腫・卵管の写真を見せていただきました。

複数枚ありましたが、1枚目は自分の頭くらいの大きさの真っ白いホルモンのような筋腫をお腹から取り出している様子。
35cmとあまにりも大きくて、いったん子宮と切り離さないと外に出せないので、まずは筋腫を取り除いたそうです。

それから2枚目は子宮と卵管の写真。
子宮は毎月の生理で血流があり、栄養も溜め込むせいなのか真っ赤でした。

ちなみに子宮の写真には、7年前からあった野球ボール大の筋腫がコロンと1つくっついていました。
その筋腫の顔も子宮と同じで真っ赤で
まるで「私の方が先輩なのに、あとから来た後輩筋腫の態度が大きい」と怒っている様に見えました。


筋腫と取り出した臓器含め5kg以上。
うちの愛犬の重さがちょうど5㎏なので、愛犬1匹を帝王切開した感じです。

そんな大きなものがずっとお腹に入っていたと思うと…なんて恐ろしや…。

K先生に、この状態で日頃の運動指導やフルマラソンやウルトラマラソンを走ってたと言ったら

「ええええ!これで???」
びっくりされて
「いやータイム上がるよ」と言われました。


しかし、軽くなったからタイムをあげるという欲は無い。
これからは体をもっともっと労って生きていきたい方の優先順位が高くなりました。
健康と楽しさ前提で体を動かしていきたいと思います。


写真はかなり衝撃的だったけど、見ておいて良かったと思います。
しっかりと記憶に焼き付きました。


「家族に見せるのに写真をプリントアウトする?」
とおっしゃってくださいましたが、全て置いて帰りたく、喜びも悲しみ怒りも共にしてきた子宮たちに感謝と、溜め込んだ筋腫にサヨナラを告げました。


筋腫の病理検査もOK!良性!
血液検査も良好!

そんなことで、早く家に帰れるんですよ~。




ぺったんこのお腹に慣れなくて、術後は枕を乗せて寝ないと眠れませんでした。
しかし、ようやく
仰向けで眠れるようになり、万歳しなくても呼吸が楽になりました。
とても幸せです。

そういえば、手術前にもう着れないと思って捨てちゃったスーツやドレス。
捨てなければ良かったかな…。
今なら10代の頃の服も入りそう(笑)

がんばったご褒美に1着あつらえます。

つづきはこちら㊲へ
 

「エストロゲン子・子宮筋腫に悩まされて」目次へ戻る→ ★★★