プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« めっちゃ!スゴイ!!落語って・・・ | メイン | 自己プロフィールづくり »

2006年11月23日 (木)

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日でしたね。

勤労を尊び、生産の豊かさを祝い、たがいに感謝しあい、今日は「いつもお仕事してくれてありがとう」「させてくれてありがとう」の日なんですよ。

勤労感謝の日にお仕事だった人も、お休みできた人も、いい1日を過ごせましたか?

私は、いつもお世話になっている某クラブの査定でした。

普段会わないインストラクターの方に、お会い出来るのが嬉しいし、みなさんのリードやプレゼンテーションを見てすごく刺激になり、とてもいい時間を過ごさせていただきました。

「働かせてくれてありがとう!」

そんな機会を与えてくれるって、有り難い・・・

査定を受けて、フィードバックがいただけるのも、本当に有り難いです。

さて、今日は査定に行く前に、梅田で絵本を3冊購入しました。

最近の絵本は素晴らしい!そんな3冊に出逢えました。

200611240003000 ●いのちのまつり「ヌチヌグスージ」サンマーク出版)

「ヌチヌグスージ」とは、沖縄の方言で「いのちのお祝い・いのちのお祭り」と言う意味です。

自分自身の存在が奇跡である事、与えられた命を光輝きながら生きぬく事が大切と、子供にもわかりやすく書かれてます。

命は大切。命のバトンは絶やしてはならない。(相田みつをさんも「命のバトン」と言う詩を書いてますね)

・・・読んでそう思いましたね。

社会では「いじめ」や「少子化」が問題とされてますが、この絵本に沢山、解決のヒントが隠されています。

全ての人に読んでもらい、何かを感じてもらいたいと思いましたし、私も深く考えさせられる1冊でした。

200611240004000 ●「教室はまちがうところだ」(子供達の未来社:出版)

間違うのが恥ずかしいと思わない。

間違ったって、笑ったり、馬鹿にしたり、怒ったり、そんな人はいないよ!

みんなで間違って共に成長しましょうと言う絵本。大人社会にも言えることですね。

200611240004001 ●「ともだち」(玉川大学出版部)

大好きな、谷川俊太郎さんが書いた絵本。

「人は1人では生きていけない」「友達って素晴らしい」「人類みな友達」って感じの絵本。

心がホッとするこんな3冊達に出逢えました。

本を買えるって事も、働いてお金を稼ぐ事が出来てるからなんですね。

そんなことを思い、色んな事に感謝した「勤労感謝の日」でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/601777/31209793

勤労感謝の日を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。