プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« ■【運動指導者様へ】東北地方太平洋沖地震チャリティーバザー × エモーション様からの出品紹介③ | メイン | ■【運動指導者様へ】東北地方太平洋沖地震チャリティーバザー × エモーション様からの出品紹介② »

2011年3月28日 (月)

■東北地方・太平洋沖地震チャリティーバザーができた経緯

20110328130902

日の関西は、日差しがあたたかく、ちょっぴり春めいたそんな日。

近所の桜のつぼみも膨らみかけていて、もうすぐそこまで桜前線が来ているようなそんな気配です。

さて、今日は、ここ数か月かけて企画していた「4月10日」のこと皆様にお伝えしようと思います。

 

今現在、4月10日は、運動指導者の方にお集まりいただき、
「東北地方・太平洋沖地震チャリティーバザー」を開催し、
その後、運動指導者として私たちが出来るコトをディスカッションする場になっております。

 

半年前は、運動指導者の懇親会として、お花見と大ハンカチおとし大会をする予定で、2月頭から告知をし始めていました。

----

そんな中、3月11日に発生した東日本巨大地震。

日ごとに明らかになってきた被害の大きさに、予定していたお花見を取りやめ、
チャリティーバザーとして、被災地になにかできないかをディスカッションするコトに切り替えさせていただきました。

----

その経緯を、いつもお世話になっている方が知り、

私たちの思いに賛同くださり、

皆でディスカッションして、何か行動を起こす時に必要な「場」を提供してくださるというありがたいお話を頂きました。

すごくありがたいお話で感謝でいっぱいです。

----

4月10日には、お集まりいただいた皆様と、どんな形をつくり、どんな支援ができるか一緒に考え、それを行動にしたいと思っております。

----

【今回の震災に対しできるコト】

1)4月10日にお集まりいただいた皆様の思いを形にする「場」づくりを提供します。

2)オリジナルTシャツの震災支援オリジナルカラーを制作中です。
長期的な支援になりますが、オリジナルTシャツを期間エンドレスで販売し売り上げの一部を義援金にするコトが決まっています。

----

【4月10日の流れの大枠:いい会を作るために、また進め方が変わるかもしれませんが、今の予定です

○14:00~15:30 バザーや情報交換懇親会

○15:30~17:00 ディスカッション 

≪ディスカッションの流れ≫

1)経緯

2)ディスカッションの流れとゴール

3)会場をお貸しいただくHさんからのお話

4)今、被災地、東京の現状を入手している方からの情報提供

5)これから私たち指導者が、何に為に形にするのか?

   〇被災地の生活再建のためのディスカッションなのか?

   〇関東・東北の指導者のために何か形にするディスカッションか?

   〇それとも両方なのか?

6)私たちにできるコト ディスカッション

7)プロジェクト名 公募制(時間があればディスカッション)

8)まとめ 

20100319172819

皆様のお時間が許す限り、お集まりいただければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。
 

       

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。