プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

■大阪・健康ウォーキング教室/ウォーキングコンサルタントです。 [専門] ●ウォーキングやランニング、健康体操、生活習慣病予防・呼吸器系・循環器系に有用性のある有酸素運動指導など。 ●自体重やツールを使い、しなやかな身体づくりをするボディメイクを提供。 ●整体を活用したボディケア、脚の測定や診断・アドバイスなど ●健康コラム・エクササイズ監修

Twitter

  • エストロゲン子の美活ウォーキング

エストロゲン子の美活ウォーキング

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux
検索BOX
Powered by Six Apart

« ■エストロゲン子ならどうするか? | メイン | ■【減量希望の方】エストロゲン子・悪習慣を断ち切る »

2023年1月18日 (水)

■野うさぎの走り

北九州のお友達Y君から〝うさぎの走り〟というお酒が届きました。

お酒が好きな私への快気祝いだそうで、
踊ってしまいそうなほど嬉しいです。

Cebedaadeac34223a58960ea3fecfd35

Y君には、九州へ走りに行くたびお世話になっていて、
Y君が私のお世話をしたくなくても、
お世話する羽目になってしまうという…
なんとも不思議な存在のお方なのです。


例えばこんな思い出。


2018年の5月〝星の郷八ヶ岳野辺山高原100㎞ウルトラマラソン〟大会がありました。
100㎞という道のりの中で、私は20km過ぎの大きな曲がり角の斜度で足が砂利に挟まり、身動きが取れなくなって転倒し、膝を負傷しました。

ときかく〝切った!打った!捻った!折れた!〟などの時は
RICE(ライス:安静、冷却、圧迫、挙上)の早い処置が必要なのは
トレーナーの自分が一番知っているのにも関わらず、
私は「ゴールしたい(魂の声)」と言う気持ちが先行してしまい、
持っていた水で傷口を洗い流し、
ワセリンと生理用ナプキンとテーピングで止血して
あとの80㎞走ってしまいました。


切り傷にはゴールデンタイムがあり、
6時間以内であればすぐに消毒したり縫ったり出来るのですが、
その時間をこえると感染症(破傷風)
心配が出てくるので縫えなくなります。

現に私は怪我の後80㎞走ってしまったので、救護テントの方も大慌て。

・・・

そんなことで大会後は病院送りなのですが、
なんせ八ヶ岳あたりは病院がありません。

何故だか…救急車も来ないようで。
(たぶん佐久平からくることになるので時間がかかりすぎるから)

自分で車を準備して、野辺山高原から30~40分離れている
小海の診療所まで行かなければならなくなったのです。


ゴールしたY君を捕まえて、あつかましくも診療所にレンタカーで連れて行ってとお願いしました。ちなみにレンタカーはY君が自分の観光用に借りた車です。

Y君もレース後で、お風呂も入りたいし、ご飯も食べたいだろうし、早く休みたいはず。

(一応happy01「搬送、断ってくれていいからね」と言ったのに、
「断る理由が無い」と車を飛ばしてくれたことがありました…。crying→かっこいい

Dsc_3765

診療待ちの様子

感情の付いた思い出と言うのは、脳は特に忘れないようで…。
この思い出は、一生忘れられないものとなりました。

そして経験からの学びは、山歩きの指導員の資格取得の時、小論文で取り上げましたし、
イベント開催では、参加者の方に必ずお伝えするようになりました。





あの時の思い出を共有したお友達から届いたお酒は、
兎年とランニングにかけた〝野うさぎの走り〟shine

ありがたくてありがたくて…

週末、感謝しながら味わいます。

とても嬉しいので、
今日はジョギングからランニングにステップアップしてきました。

おそらく、アクティブなレッスンの復帰も
もう大丈夫なんじゃないかな…なんて思いますが。

Y君から頂いた〝野うさぎの走り〟ができる様に、
日々体の声を聴き、
回復と体力づくりにつとめたいと思います。


本当にありがとう。