プロフィール

フォトアルバム

健康サポートプロジェクト (junko sakata)

トレーナー・フィットネスコーチ・ ウォーキングアドバイザーのエストロゲン子(中の人)です。今よりもHappyになる歩き方を貴女に!〝60分〟で一生ものの歩き方が身につくウォーキングレッスン/ウォーキングやランニング、エアロビックダンスなど、有酸素運動指導30年♡ 健康セミナー・体操監修、雑誌コラム連載中。

エストロゲン子の美活ウォーキング

カテゴリ

スタジオBodyLux

  • スタジオBodyLux

ウェブページ

検索BOX
Powered by Six Apart

« ■人生ゲーム | メイン | ■嫌われる勇気 »

2021年9月27日 (月)

■自分でやってみる

秋晴れの日は、夏に来た浴衣を洗ってアイロンをかける…。
この作業を繰り返す日々。

Photo

とうとう買った「エリモト」(脂溶性)

Photo_3
なんと!持っていた本にもベンジンの使い方が書かれてあった。
灯台下暗し。

Photo_2


去年までは浴衣をクリーニングに出していたけれど、
着付けの先生が「浴衣は自分で洗えるよ。」と、お手入れ方法を教えてくれてからというもの、和服とも向き合い方がずいぶん変わって身近なものに。

何事も、自分から近づいてみないと見えないことや気付かないことが多い。

便利な分業化社会は「自分でするよりも、人に任せた方が効率が良い。」という言葉もよく聞く。

しかし、何度も繰り返して、やり方を教わり、もしくは経験し、自分でできるようになることの延長上に、気軽に日常生活で和服を着ることができ、生活の質が上がるという対価があるのだろうと思う。

これは運動も同じで、何度も繰り返し教わり、もしくは経験し、自分でできるようになることの延長上に、運動が生活の一部になることとも似ていると感じる。

3fbba67b84374b00be1b5a6dbd1515d0

クリーニングはもっと綺麗かもしれないけれど、自力でなんとか…

20ba911d4aad4becaac336aa4a1d43a4

なんとか…できた。

Da06ae8946da45d0b13ea429dc6bd9a7

今、陰干し中の最後の浴衣。

出しっぱなしだった浴衣がようやく片付きそうで。
次は、ウールの着物を出してこよう。たのしいなnote